スローロリスの性格!赤ちゃんの時にかかりやすい病気と好きな食べ物は?

この記事は約3分で読めます。

 

芸能人のペットとしても有名なエキゾチックアニマル“スローロリス”。

謎に包まれたその生態と魅力とは?

スポンサーリンク

スローロリスの生態、特徴

スローロリス

出典: http://i.huffpost.com/

スローロリス(学名:Nycticebus coucang)とは、霊長目ロリス科に属するサルの一種です。

名前にリスが付いているので大きめのリスかと思いきや、私たちと同じ霊長類だったのです!

英語ではSlow Lorisと表記し、Slowはのろま、動きや動作が遅いことを示し、Lorisはオランダ語で動化者、つまり面白いことをして人を笑わせる人やおどけもの、ピエロのような意味合いを持っています。

ちなみに日本では“ノロマザル”と呼ばれることもあります。いずれにしてもスローロリスの独特の動きや、特徴的な体の構造から名付けられたことが分かりますね。

体長は約30センチ、体重は1キロ前後で、インド、アッサム地方、インドシナ半島、マレー半島、インドネシア、フィリピンなど東南アジアの熱帯林に生息しています。

スローロリスの特徴は、そのスローな動きと大きな目です。

顔に対して目が占める割合がとても大きく、アイラインのように目の周りの毛が濃くなっているため更に目が大きく見えます。そして後頭部から背中にかけて、黒い筋模様があるのも特徴です。

全体的な毛色としては灰褐色や赤褐色が多いですが、お腹側は白や灰色など薄めの色をしています。尾はほぼなく、体を支えるための四肢は太くて短く、とても頑丈です。

四肢にそれぞれある5本指の中でも、前肢の第2指が短く、後肢の第2指はかぎ爪になっています。そして意外と知られていませんが、スローロリスは毒を持っています。

外敵から身を守るための毒ですが、人間に直接害のある毒ではないようで、素手で触っても問題はありません。

その毒は脇の下から分泌されており、これを舐めとって体中に塗る習性があります。

スローロリスの生活、繁殖

スローロリス1

出典: http://www.city.sapporo.jp/

スローロリスは、夜行性の動物で1日を木の上で過ごします。

親子以外は基本的に単独で、樹液や花の蜜、果実、種子、虫などを食べて生活しています。

寿命は野生で8~10年、飼育下で適切な栄養と環境が整っていれば20~25年ほど生きるとも言われています。

スローロリスには決まった繁殖期がなく、1年を通して繁殖、子育てを行います。一夫一妻制で、1回の出産につき1匹の子どもを産みますが、人間と同じように稀に双子が産まれることもあるそうです。

妊娠期間は190日前後で、産まれたばかりの子どもは体重が約50グラム、産まれてから5~7か月の授乳期間を経たあと1年半~2年ほどで性成熟し、一人前のスローロリスになるのです。

野生のスローロリス

スローロリス2

出典:http://www.alpacapacas.com/

スローロリスはその愛らしい行動と見た目、おとなしくて静かな性格からペットとして人気が出ていますが、生息地での個体数は激減しており、ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されています。

個体数減少の原因は地球温暖化による気候変動なども少なからずありますが、大部分を占めるのは人間の身勝手による生息地の減少や捕獲です。

生息地では、伝統的な医療のために非合法で捕獲されて毛皮や肉が薬として使われたり、農作物の被害で獣害として駆除されたりしています。

また、ペットとして人気が出てしまったことが原因で商売のために密猟されることもあり、その際は人の安全や、スローロリス同士の喧嘩で傷をつけないようにするために牙を抜かれ、牙を抜かれたことが原因で感染症にかかることもあります。

そして一度牙を抜かれたスローロリスは2度と野生化で生きていくことはできません。

可愛くて珍しいゆえに飼いたい気持ちもわかりますが、きちんと背景も理解することで本当の意味で動物を守ることも重要かもしれませんね。

現在、日本で流通しているのは許可を受けた業者が繁殖させた個体のみで、飼育下ではコオロギ、虫、バナナ、リンゴなどを与えます。

スローロリスの飼育についてはまだわからないことも多いうえに、診察できる獣医が少なく、治療費はどうしても高額になります。

適切な管理を怠ると、糖尿病や毛球症、低体温症になりやすいので、スローロリスを飼う予定のある方はあらかじめスローロリスを診察できる動物病院を探しておくことを強くお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す