チーターの性格!赤ちゃんの時にかかりやすい病気と好きな食べ物は?

この記事は約3分で読めます。

 

チーターの走る速度は世界最速!その速さの秘密と性格、食べ物、病気をご紹介します。

スポンサーリンク

チーターの生態、分布

9d2c5f5da2e1d2551b8f7deb7c2d69be_s

チーターとは、ネコ科チーター属に属する肉食動物です。特徴はなんといっても足の速さです。

その体は、速く走ることに特化した“流線形”の作りになっており、小さい頭に細長い肢、引き締まった胴体、柔軟で強い背骨が特徴的です。

加速スピードも素晴らしく、スポーツカーよりも早くトップスピードにたどり着く能力があるとも言われています。

50~85センチもある長い尻尾は、速いスピードの中でも獲物の動きに合わせて方向転換ができるようなバランス能力のカギとなっています。

体型は肉食獣の中では小柄な方で、体長は110~140センチ、体重は40~65キロ程です。その分走ることに特化した体をした抜群の才能を持ったチーターは、他の肉食獣よりも獲物を仕留める確率が高いのです。

アフリカのサハラ近辺の平原地帯や丘陵地帯に生息します。昔はインドやトルクメニスタン、イラク、パキスタンなどのアジアにも生息し、全体で1万2千~1万5千頭ほどいたとされていますが、現在はアジア内で生息しているのはイランのみになってしまいました。

2016年のイギリス・ロンドン動物学会では、調査の結果、野生のチーターは7100頭にまで減少したと発表されました。

農地拡大で生息地が減少し、密猟による個体数減少で親近交配が進み、チーターたちを取り巻く状況は年々悪くなっています。



スポンサーリンク


チーターの性格、人との関わり、食べ物

78f60f0755f7d3cecacb4739b1f21b24_s

チーターは、肉食動物でありながらとても穏やかで臆病な性格をしています。

なぜなら、チーター自身の体が闘う事に適した体型ではないため、無謀な闘いを自ら行う性格よりも戦いを避ける臆病な性格になっていったからです。

そのために、狩りの成功率は高くても、獲物を仕留めた後に他の肉食獣に横取りされることもあるようです。

また、その穏やかさと賢さから、少数ながらもペットとして飼われることがあります。

そしてその歴史は古く、3700年前の古代エジプト絵にチーターを生け捕りにして王に献上している様子が描かれており、そこからイラン人やアラブ人など多くの民族や王族が飼い馴らすようになりました。

時には狩りのお供に連れていくこともあったようです。チーターが人に慣れるには、できるだけ若い頃から人間と過ごす時間を増やし、人への恐怖心を取り除くことが必要です。

なかには、猫のようにのどをゴロゴロ鳴らして甘えたり、リードを付けてサバンナを散歩したり、犬と仲良くたわむれたりすることもあるようです。

飼育の際は馬肉や鶏肉をあげるようですが、野生ではガゼルやインパラ、イボイノシシ、野ウサギ、鳥などの小型の草食獣を捕まえて食べます。

チーターの生活、繁殖、かかりやすい病気

d7ce308245b3b779524e8566172df112_s

野生のチーターの生活は、基本的に単独での行動になります。繁殖期にオスとメスが出会った後、3か月の妊娠期間を経て4頭前後の子どもを産みます。

産まれたての子どもはたいへん未熟で、ハイエナやライオンに目を付けられて襲われてしまう事もあります。

産まれてから15~17か月で性成熟し、同時期に狩りも覚え、2歳ころに大人になるのですが、栄養状態の悪さや外敵からの攻撃によって、産まれた子供全員が大人になれるわけではありません。

上記でご紹介した通り闘う事に適した体型ではないこともあり、ある説では10頭のうち3頭、つまり3割弱の子どもしか大人になれないともいわれています。

なかにはケガした傷口からの細菌感染などが原因とみられる場合もあります。

一般的にチーターの寿命は12~14年と言われていますが、野生化では多くの天敵と厳しい自然環境の中で生きているため、一概には言えません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す