長塚京三が現在までうつ病の病気で休養!死亡説について!

この記事は約3分で読めます。

スポンサーリンク

 

俳優の長塚京三さんは現在まで軽いうつ病で休養していて、さらに死亡説も流れました。

なぜ、うつ病にかかってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

長塚京三がうつ病に!

現在は長塚京三さんは多方面で活躍していますが、実は2014年のドラマ出演は「ペテロの葬列」だけだったのです。

長塚京三

出典:http://www.zakzak.co.jp/

毎年、3~5つほどのドラマに出演していたので、2014年の活動を少なさはかなり目立っています。

ベテラン俳優なので、この年だけ仕事が無かったというのも考えにくいので、もしかして病気にかかってしまったのでは?と噂になったのです。

2014年にドラマ「ナースの仕事2014」が放送されました。

ナースの仕事2014はシリーズ4作目だったのですが、長塚京三さんは過去シリーズ3作に全て出ていたのに、4作目だけ出演していないのです。

もちろん出演のオファーはあったとおもいますが、うつ病を発症していて、まともに仕事が出来る状況ではなかったと思えば、2014年の仕事の激減ぶりの理由が説明できてしまうのです。

長塚京三さん本人から病気にかかっていたとかうつ病とかの報告はないですが、何か病気にかかっていたのであれば、事前なり事後なり報告するとは思います。

ただ、うつ病は少し特殊で、うつ病にかかっていると他人に公表したくない方がほとんどらしいので、長塚京三さんは休養理由を公表しなかった可能性はありますね。

何にせよ、2015年は元気で活動されているので、今後の長塚京三さんの演技に注目していきたいですね。



スポンサーリンク


現在の長塚京三さんについてと死亡説について

ここ近年はうつ病を患ったために療養していた長塚京三さんですが、2016年の下半期くらいから、再び役者の仕事を再開されましだ。

長塚京三

出典:http://www.oricon.co.jp/

2014年から一気にメディア出演が無くなったので、一時期は「死んだのでは?」なんて噂も出てきましたが、昨年末からオペラに出演したり、2017年現在は、映画「ミッドナイト・バス」、そして松嶋菜々子さんと映画「恋と花火と観覧車」20年ぶりとなる恋人役をドラマ「女の勲章」で演じました。

さらに2017年4月にスタートする「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に、警備局長の鍛治大輝役で出演されます。

再び、テレビで元気な長塚京三さんを見る事が出来るので楽しみですね。

~追記~

当メディア調べによると、長塚京三さんがうつ病になったきっかけが、1982年に前の奥さんと離婚してのが、間接的な原因のようです。

精神科で看護師の知人に聞くと、恋人と別れたり、離婚したりなどの大きな失恋で無気力になり、場合によってはうつ病になる事もあるようです。

うつ病についは原因を断定するのが難しいそうですが、長塚京三は前の奥さんが本当に好きだったのかもしれませんね。

~追記2~

厚生労働省の情報によると、うつ病の患者数は年々増えています。

うつ病

出典:厚生労働省

平成8年の時と比較して、現在(今は120万人以上)は2倍以上の患者数が増えています。

さらに、長塚京三さんに死亡説が流れた原因はうつ病による自殺ですが、こちらも昔と比較すると、自殺者数は増えています。

自殺「

出典:自殺対策支援センター ライフリンク

自殺者の約6割が長塚京三さんの属する60歳以上に当てはまっていて、

statistics_age

出典:自殺対策支援センター ライフリンク

自殺の原因の役4割が健康上の問題のようです。

statistics_cause

出典:自殺対策支援センター ライフリンク

このようにデータでみると、長塚京三に死亡説が流れてしまったのも、現在の日本ならではかもしれません。

日本の自殺率はアメリカの2倍ありますからね。
アメリカではスラムとか、日本以上に過酷な状況が生きている人がいるにもかかわらずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す