鈴木京香の若い頃は?内面美人の性格だが劣化は避けれない?

この記事は約2分で読めます。

 

女優の鈴木京香さんの若い頃が気になったので、何をしていたのか調べてみました。

また、内面美人とも言われる性格ですが、やはり年々劣化は避ける事は難しいみたいです。

スポンサーリンク

鈴木京香の若い頃

鈴木京香さんは宮城県仙台市に生まれました。

鈴木京香

名前の由来は、京都いるような古風の美人さんに育ってほしいという両親の願いから、「京香」という名前が付けられたそうです。

鈴木京香さんの若い頃ですが、鈴木京香さんは中学生時代に陸上競技をしていました。

その中でも、100m、走り高跳び、砲丸投げを種目としていたそうで、若い頃は学校の中でもかなり足の速い女の子だったそうです。

鈴木京香さんが陸上をしていたなんて想像外で、ましてやパワー系種目のイメージの強い砲丸投げをしていたことには驚きです。

鈴木京香さんは若い頃から他の女性に比べてると、肩幅が広い方だったので、砲丸投げの経験により肩の筋肉が発達しているのかもしれません。

若い頃、ずっとスポーツ三昧だったわけではなく、高校に進学すると、鈴木京香さんは美術部に入ります。

当時、鈴木京香さんの脚が速い事は結構有名だったそうで、高校に上がった時に陸上部からスカウトを受けたそうですが、丁重に断ったそうです。

その後、高校の時にモデルとしてスカウトされ、芸能界デビューを果たしたのです。

性格と劣化

鈴木京香さんは京都の美人のようになって欲しいと願いを込められて名付けられたわけですが、実際の鈴木京香さんは、本当に内面美人と言われるほどの性格だと思います。

ドラマや映画の撮影時には、必ず協力しているスタッフさん全員に挨拶をし、撮影が過密になりがちな時は、スタッフさんや共演者の方たちに、差し入れなどを持ってくるそうです。

鈴木京香さんはNHKの朝ドラのヒロインを務めた事もあるのですが、朝ドラヒロインを演じた女優の中で、撮影中に一度も倒れなかったのは、鈴木京香さんだけみたいです。

朝ドラの撮影はかなり過酷な事で有名で、ヒロイン役の人は心身ともに疲弊するそうですが、どうやら鈴木京香さんはかなり忍耐強い性格みたいですね。

また、プロ意識が高い性格としても有名で、演技において妥協する事はほぼないそうです。

人間として尊敬に値する性格の持ち主である鈴木京香さんだからこそ、ここまでの実績を重ねてきたのでしょう。

ただ、やはり年齢も50歳まじかとなり、年々劣化してきているとも言われています。

鈴木京香1

当然、肌も年々劣化していきますので、外見が進化する事なんて稀なんですが、むしろ47歳という年齢で、ここまでの美貌を保っている事の方が、凄いと思います。

人間である以上、自然劣化は避けられないものですが、鈴木京香さんは年を重ねると、色気もまして行っていたので、劣化していたというよりは、間違いなく進化していたと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す