元少年A手記「絶歌」あらすじ全文内容要約完全版【第2部】

この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

絶歌第22話:流転

会社に入って2年が過ぎた頃、2009年6月に元少年Aは解雇通知を受けます。

1ヶ月後に自主退社という形で、退職しました。

兆しはあったそうで、高齢者や仕事が出来ないものは、どんどん首を切られてしまったそうです。

この時、貯金は百万円を超えていたため、生活苦になることは無かったそうです。

しかし、建設会社を辞めてからは日雇いの仕事を転々とする日が続き、ストレスから一種の健忘症を患い、今でも転々とした日の記憶は、断片的にしか残っていないと語っています。

この時期は、様々な壁にぶち当たります。

仕事で4人同部屋で生活している時、同じ部屋の先輩が薬物に手を出していて、元少年Aにも一緒に吸わないか?と誘ってきたり、ガタイの良い外国人上司の体罰に近い教育を受けたりなど、元少年Aが少年院を退院してから、かなりストレスの溜まっていた時期だったと語っています。



スポンサーリンク


絶歌第23話:居場所

元少年Aは、自分自身が危険な負のスパイラルに入っていると危惧し、唯一持っていた資格である溶接工の仕事の求人を探します。

溶接工の資格は、元少年Aが少年院時代に会得した資格で、社会復帰をする時に、溶接関係の仕事だけはしないと心に決めていました。

自分の力だけで、ゼロから居場所を作りたかった元少年Aにとって、他人の力を借りて得た溶接工の資格を利用するのは、プライドが許さなかったそうです。

ただ、貯金を底をつきかけていて、悠長な事もいっていられなかったので、元少年Aは溶接工の仕事を探します。

就職活動を行った結果、3社目で採用されました。

仕事に一心不乱に取り組み始めた元少年Aは、根っからの凝り性の性格もあいまって、溶接工としての腕をめきめきとあげていき、社内でも評判の溶接工として見られるようになります。

また、この頃は自発的に旅行にもいったといい、金閣寺や蓮華法院・三十三間堂の千住観音や、長崎市を訪れたりしました。

溶接工の会社に入社し2年が過ぎた頃、元少年Aにも後輩は出来ます。

カタコトの日本語を操る中国人で、彼はどこかしら弟に似ていたと語ります。

元少年Aの父親と母親による手記

元少年Aの父親と母親は、2001年に手記を出版しています。
元少年Aとの生活の日々が記されています。

元少年Aの父親と母親による手記の楽天市場ぺージはこちら

【関連記事】
絶歌の感想を述べてみた。
元少年Aの本名などの噂について

ページ: 1 2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

41 Responses to “元少年A手記「絶歌」あらすじ全文内容要約完全版【第2部】”

  1. 匿名 より:

    追記 楽しみにしています
    私も、絶歌 購入して読みました、周囲には言える雰囲気ではありません(;´・ω・)

    • ようつべトレンド管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      確かに世間を意識すると周りに言いにくい部分もあるかと思いますが、色々考えさせられる本でもあるので、読まずに批判してる方は、まず購入して読んで欲しい所ですよね。

    • おいおい より:

      酒鬼薔薇推しですか?
      楽しみにしています
      という表現は辞めて頂きたいですね。首を切り血を飲む食人の本を買う事はどういう事か分かっておられますか?
      相変わらず、被害者家族に雀の涙程度しか、お金すら渡さない恐ろしい一家です。

  2. はぁ? より:

    だから何⁈

  3. 東慎一郎?だったかな より:

    ぼくが僕でなくなった日
    と・・いうことは
    そっちが本人であり
    今の自分は仮の自分

  4. ふわりもこ より:

    読んでみたいとは思いますが、正直この文を読んだだけでも吐き気がしました。自分の中で整理をして落ち着いたら読んでみようと思います。

    • ようつべトレンド管理人 より:

      いろいろ考えさせられる本だったので、購入するのも良いとおもいますよ。

  5. たに より:

    買わない人は、元少年が遺族の許可なく、名前や顔を明かさず書いていることに抵抗があり、印税が入って欲しくないので、買わないんです。
    作品としてのレベルがどうこういう話しなら読まないで語るのは・・・ですが、それ以前に出版自体に疑問がある訳です。
    猟奇的な文章があるなら、せめて成人指定をして、未成年には販売貸出しなどしないでほしい。

    • ようつべトレンド管理人 より:

      ベストセラーになっているのも事実ですけどね。

    • 匿名 より:

      そのとおりだと思います。
      全額被害者遺族に渡すなり、寄付するならまだしも。ただ自分のエゴの為に書いているだけで、結局は自分中心でたいして本質的には何も変わっていないんじゃないかなぁ。

  6. 中年b より:

    絶歌というタイトルの意味は何か、歌を絶つ、か絶望の歌かまさか絶唱の歌ではあるまい。好奇心と怖いものみたさで異色のベストセラーでa氏は高額所得、たかわらいか、これで社会的異議が高まるということ、悪い奴ほどよく眠り、よく儲けるということか。この世には神も仏もなく、あるものは、魑魅魍魎の類ばかりか、オーマイゴッド。

  7. ただの高3 より:

    読書感想文のために読みました。
    お父さんに謝るシーンで泣きました。
    読んでいて自分のやってきたことを、さも美しく表現していてとても気分が悪かったのに、お父さんに誤るシーンあたりから夢中になって読んでいておよそ4時間ほどで読了したときにはすでに読んで良かったと思えていました。
    僕はまだ子をもつ親ではないから本当の意味での子を失う悲しみは理解できないけれど、人を殺めることで、なにがどうなるのかを知りました。この本は犯罪を誘発するようなものではなく、抑止するものだと思います。高校生以上の人には、一読の価値があると思います。
    ただの感想です、誰かに言いたかったけれど内容が内容なので家族にも友達にも言えないのでここで書かさせていただきました、すいません。

  8. 一読者より より:

    懺悔と贖罪の書だと思って読んだら、なんと自己救済のために書いたという。あの事件からもう18年も経ったのに、彼はまだ32歳なのか。日本中を震撼させた、快感を忘れられず、再びゲームを開始したわけか、自己中心と自己顕示欲を満たすことができて、満足であろう。自分が主役の大劇場の第二幕か。社会の片隅で息を殺して、ひっそりと生きることなど、彼には不可能なのであろう。世の中には、この様な怪人もいるということか。

  9. おうと より:

    A氏の事を語っている本を片っ端から読んできましたが、たぶんこの本は一生読まないなと思います。あらすじ程度を読んでも恐怖と嘔吐感が凄まじいです。文章を読んでいるだけなのにストレスを感じるなんてなかなかないと思います。
    これは未成年者が読んで大丈夫なのか?と疑問が絶えないです。

  10. 無名氏 より:

    元少年a氏は今や、時の人である。絶歌を表し多くの人に事件後いかに自分が苦難の道を歩んでいるか、訴えている。自分も苦しみ家族も苦しみ、何の罪もない被害者とその家族はなお苦しむ。いい人は誰もいないのである。この本の出版によって絶禍になるようみんなでがんばろう。

  11. 一奇人から より:

    絶歌はベストセラーになったが、それにより社会の風あたりはは、なお一層激しくなろう、雉も鳴かズバウタレヌモノヲ。自ら選んだ苦難の道をゆく、さきはながいぞ。

  12. 未購入者 より:

    本は未購入でこちらのサイト内容だけ読ませていただきました。
    私は絶歌を作品とは思いません。売れ行きでベストセラーなのは仕方ありませんが。私が本を購入しなかったのは印税を入れない為と自己救済本だと分かったからです。
    事件当時、私はまだ幼い年でしたが事件の事はのちに聞いて知っていました。
    本の内容をこちらで読ませていただいて疑問に思ったのは、自身の苦労話と言い訳しかないこと。被害者の名前は出すのに成人した自身の名前はいつまでもAである事。被害者への言葉があまりに少なく遺族にたいしての誠意が見られない事。彼は本を出版する事で世間に許しを乞うているように感じました。彼に与えられた刑も軽く感じます。彼が新しい自身になっても被害者の遺族は一生彼から与えられた傷を背負っていくという事をあとがきに書いているし理解しているのに、あえて出版社に持ち込むあたり非常に利己的と思います。言い換えるならいい度胸してる。本当に遺族を思うなら彼は一生沈黙すべきなのです。
    ただ私は未購入者なので本を読まれた方と印象が違うところもあると思います。あしからずお願いします。

  13. 変なの より:

    犯罪者が何を言おうと犯罪を犯した事実は変わらないよ。
    犯罪者が何か言ったら被害者の悲しみは大きくなるよ。
    犯罪者が何を考えてるかなんて言わなくてもわかるよ。
    行動にするか否かで犯罪者か一般人かに分かれるんだよ。
    謝って済むなら警察と弁護士いらないよ。
    考えるべきはまず、被害者の気持ちだと思う。
    人の嫌がることはしない。
    それだけでも意識しといた方がいいと思う。

  14. 匿名 より:

    本当にAが更生したなら
    自分の犯した罪の異常さ
    に押しつぶされて
    自殺でもしてるやろ

    生きてるし、遺族の
    感情も無視して本まで
    出版してる、、

    お前は、
    出版したことで、もう一度被害者を殺してる

    その猟奇的犯罪者に
    加担してるのは、
    出版者と本を買うバカやろ

    今頃、どっかで
    美味しいご飯たべて
    いい服着て暮らしてる

    許してしまう日本社会が
    一番恐いね

    • もふもふ より:

      そう思う。
      あの事件から、世の中の母親たちは
      自分の子供を外で遊ばせなくなった
      誘拐される、殺される、危ない危ない、と

      何をするにも危ない、と親が神経質になりすぎて
      今の時代の子供たちは
      何が危なくて何がいけないことなのか?の
      判断もできない。
      親の言いなりでしか動けない
      そんな人間を生み出すような影響力のある人物が
      書いた本を面白半分怖さ半分で読むなんて
      あー恐ろしい世の中だ。
      Aのような人やそれを育てた親、
      厳しい意見ではあると思うが
      生きててはいけない。
      世の中なんかに出てきてはいけない、と思う

  15. 匿名 より:

    人の心理はかなり複雑で、誰とも似通わないものだと思っています。
    だから私は少年Aのこともこの本のことも完全に拒絶することは出来ません。
    まとめて下さってありがとうございます。

  16. 母として より:

    男児を育てる母として、Aの事件は本当に忘れられず関連書物を読み漁りましたが、この本だけは絶対に購入してはいけない、と、未読でしたので、ここで抜粋が読めて大変有り難かったです。

    私の息子にも共通する点があると、胸がしめつけられ、どう育てていけばいいのだろう、と焦燥感にかられます。

    まとめは2で終わりなのでしょうか?3は公開予定なしですか?

  17. お見通し より:

    元少年Aが出した本だけは買ってはいけないと思う。
    未成年に限らず。
    本なんて、ウソだっていくらでも書ける。

    〉元少年Aは、その手記を読んでから、著しく体調を崩し、また睡眠薬や向精神薬を飲まないと、平常を保てないほど精神的に追い込まれたのでした。

    それでも自殺しないで生きていられる図太さ。
    精神的に追い込まれたと言いつつ、自分も本を出しているというのはオカシイよね?
    精神的に病む程の繊細さなんて無いだろ?
    精神鑑定の医師(私は仕事でお会いする機会が多々あった)にあだ名をつけたり‥‥殺人後に楽しんでいる余裕だってある

    元少年A=私欲の塊
    性欲のための殺人
    金欲しさによる出版
    反省などなく、今頃、ケケケ、ウヒヒと笑っているだけだろう
    本当は自力でなんて生活していなくて親から仕送りして貰っていたかもしれないし、何が本当かなんて分からない。

    元少年Aがやがて名前を隠したまま結婚し、子供を持つ事になっても
    子供は元少年A二世だと世間に必ずバレる時が来る
    そしたら元少年Aの子供は何をしでかすか‥‥
    元々遺伝子が遺伝子だけに怖い事になりそうだ
    まあ、性的に異常なのだから動物殺すか殺人しなきゃ、子供も生まれないか‥‥

  18. 匿名 より:

    私も絶歌を読みたいけど、Aと出版社に金が入ると思ったら腹が立つので買いません。

  19. 東真太郎 より:

    さかきばらせいとの本絶歌の売れ行きが伸びることは、まずい、彼を増長させるだけだ。彼に凱歌をあげさせるな、彼が歌うのは哀歌でいいのだ。

  20. より:

    世も終わりかな。

  21. 有から より:

    彼の存在自体が耐えられない危険さ。

  22. おわたー より:

    8/13の匿名さんとおなじおもいです

    節操ない日本国民
    世も末

    終わってる

    どうでもいい

    もう自分だけでも死ぬまでてきとうになるべく楽しく生きてこ

    政治も警察も他の日本国民たちも好きにしてください笑

    …っていう人があふれてる世の中なんですよ

    日本おわたー

  23. 母より。 より:

    絶対、買ってはいけないと思います。本質は全く変わっていないし自己満足。マスターベーション。
    あの頃より、よりパワーを感じる。

  24. ぷー より:

    元少年a、今中年ナメクジおじさん、ホームページ開設まるでタレント気取りだ。自分の犯した犯罪の重大さなどまるで気にしてはいないようだ。これがサイコパスということなのかな。

  25. にゃんにゃん より:

    当時口が開いたままふさがらなかった記憶がある
    鬼畜の本を買った人は同罪ね 生活たすけてんだもの 思惑にかかっちゃたね
    同情する余地なーしだね

  26. わんわん より:

    ナメクジおじさん、反省してもうサイコパス犯罪はやめましょうね。じっと我慢のナメクジ人生それがたった一つの生きる道なのさ!

  27. ぶうぶう より:

    ついに世に出たナメクジおじさん、待ちくたびれたぞ!これからどんな事になるのか、心配だ、週間文春あまりはりきるな!

  28. ハナコ より:

    金が無くなれば必ず同じ犯罪をすると思います。
    出所後『絶歌2』で10年豪遊生活

    これでいいのか日本国

  29. より:

    絶歌を買いたくないから、ここであらすじを把握するというのは悪いことではないと思う。

  30. まりも より:

    英語でのコメントが鼻につく。
    何人もいるように装っているけど、書き手は全員同じでしょ。
    文体が同じ。
    というか文章どころか文字にすらなってないけど何がしたいの。

  31. リン より:

    ニュースで被害者遺族が回収要求の話がでてて、初めてこの本の存在を知った。
    知ったら読みたくなった。
    逆効果の実例。

    私は命がそこまで重く尊いものという意識がない。
    歴史では戦争で何十万人死んだとか勉強するし、震災で何万人死んだとかニュースで流れるし
    私自身、仕事に疲れはてて、車突っ込んで来ないかなとか隕石降ってこないかなとか考えるし。
    そもそも人はいつか死ぬし。

    そういう歪んだ(自覚してます)考えの人間は普通にその辺にいて、普通に生活してる。
    そういう人にとっては、遺族の嘆きより、本人の手記の方が抑止力になったりする。

    たとえ内容が[自分のために殺人はしない方がいいよ]であって、彼が反省してなくても、それで殺人を思いとどまる人がいたら、それは彼の一人反省より価値はないだろうか。
    彼のやり直しを認めないなら、死刑になっている。ならば彼のやり直しは国が認めている。
    やり直す方法として本を書くことも認められている。
    それが気に入らない人は、ニューヨークにでも住めば良いのでは?

    殺人遺族は加害者をいつまでも恨むのに、津波被害者はいつまでも海を憎まないのはなぜだろう。
    犯人を恨むのはわかるが、何故その親まで責められるんだろう。
    人の感情はわからんね。

    長々書いたが、私は一人の人間の物語として、この本を読みたいと思った。

    • ようつべトレンド管理人 より:

      貴重なコメントありがとうございます。

      確かに津波を恨む人はいないですよね。
      結果的に人が死んだことには変わりないのに。

      差は「人的」かどうかと、死という結果に対し「感情」が含まれているかだと思います。

      津波に感情なんてないので、責めても意味がないのは誰もが理解していると思います。

      しかし、人である以上「感情」が存在するわけで、人間は感情をコントロールできる存在だからこそ、
      人を責めるという理由が出来るのかもしれません。

コメントを残す