祇園祭2017屋台のおすすめグルメ7選!時間と場所も完全紹介!

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

 

日本で一番有名な祭りである祇園祭
2017年も数多くの来場者が訪れます。

そこで、祇園祭で出店しているオススメの屋台グルメを紹介します。

祇園祭に行く人は、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

祇園祭の概要

祇園祭屋台

日程:2017年7月1日~7月31日
場所:八坂神社

祭り行事は八坂神社が主催するものと、山鉾町が主催するものに分けられ、一般的に祇園祭として認識されているものは、山鉾町が主催するものになります。

さらに、前祭、後祭に分けられています。

祇園祭は京都三大祭、日本三大祭、日本三大曳山祭、日本三大車祭など様々な三大祭の一つに挙げられ、おそらく日本で一番の知名度を誇る歴史ある祭りとなっています。

【祇園祭の動画】

では、祇園祭に出店している屋台を見ていきましょう。



スポンサーリンク


祇園祭の屋台について

まず、注意事項ですが、祇園祭での屋台の出店は日程が限られています。

いつまで屋台やっているの?と疑問に思う方も多いので、祇園祭の屋台出店はいつからいつまでやっているのか知っておきましょう。

【2017年祇園祭屋台出店日程】

2017年7月15日、16日(前祭宵々山と前祭宵山の2日間のみ)
後祭での屋台の出店はなし。

【2017年祇園祭屋台出店時間】
15日、16日共に午前9時~午後11時(14時間)
ただし、烏丸通りは午後6時~午後11時

【2017年祇園祭屋台出店場所】

室町通り、新町通りの山鉾が建っている区域
烏丸通り(三条通りから蛸薬師通り)
四条通りには出ません。

では、祇園祭でのおすすめ屋台グルメを紹介していきます。

ちなみに紹介するものは、お祭での屋台というよりかは、地元の飲食店が祭りの時間に合わせて、出店を出すメニューが多いです。

お店の前で販売されている希少なB級グルメなどもあります。

カプチーノかき氷&ミルクティーかき氷

カプチーノかき氷&ミルクティーかき氷

「前田珈琲」さんのカプチーノかき氷&ミルクティーかき氷です。

夏の厚い日のかき氷は格別です。
もちろん、祇園祭限定メニューです。

値段:540円
時間:7:00~19:00
場所:京都府京都市中京区蛸薬師町烏丸西入橋弁慶236

しみだれ豚まん

しみだれ豚まん

こちらは北京料理「膳處漢ぽっちり」さんのしみだれ豚まんになります。

祇園祭限定メニューで、2日間で約1万個売れる超人気メニューで、手軽に食べれて男女問わず購入者が後を立ちません。

肉汁がジワーと流れでる豚まんを一回食べると、リピーター間違いなしです!

【ネット上の意見・感想】
・あっ祇園祭…今年こそ膳處漢のしみだれ豚まん食べたい
・祇園祭の屋台出るの15 16だけだもんなーーー。しみだれ豚まん食べたい…

値段:400円
時間:ランチ(11:30~15:00)ディナー(17:00~23:00)
場所:京都府京都市中京区天神山町天神山町283

角煮コロッケ

角煮コロッケ

創作和食のお店「まんざら亭 NISHIKI」さんの角煮コロッケも超人気メニューの一つです。

名前のとおり、コロッケの中に角煮が入っているのですが、これがなかなかのボリュームなのです。

値段:250円
時間:17:00~24:00
場所:京都府京都市中京区錦小路通室町東入占出山町317

おたべ氷

おたべ氷

京都銘菓「おたべ」さんの祇園祭屋台限定メニューのおたべ氷は、白玉とつぶあんと抹茶シロップがトッピングされた京都の和を感じさせるような和風なかき氷となっています。

夏の熱い時期にはぴったりの逸品です。

値段:400円
時間:9:00~18:00
場所:京都府京都市中京区百足屋町(新町通)388−1

カルビサムギョプサル

カルビサムギョプサル

「ベジテジや」さんの本格サムギョプサルのカルビサムギョプサルは、あまり京都らしくないメニューかもしれませんが、祭りの屋台メニューとしてはかなりの人気のある逸品です。

値段:500円
時間:17:00~23:00
場所:京都府京都市下京区綾小路通室町西入善長寺133

フォアグラオムレツ

フォアグラオムレツ

イタリアン系の料理屋「ベジバル」さんのファアグラオムレツには、オムレツの中に世界三大珍味の一つであるファアグラが入っている希少なオムレツになります。

値段もかなり手頃で、オムレツ好きにはたまりません。

屋台メニューとは少し違いますが、ぜひ食べて欲しい一品です。

値段:500円
場所:京都府京都市下京区新町通四条下ル四条町365-1

ふかひれ豚まん

ふかひれ豚まん

チャイニーズレストラン「老香港酒家京都」さんのふかひれ豚まんは、さきほど紹介したしみだけ豚まんと並び、祇園祭2大豚まんといっても過言ではない人気屋台メニューです。

中華料理専門店が手がけるふかひれ入りの豚まんは絶妙な味を醸し出します。

豚まんの中ではやや高価な部類ですが、祇園祭にいったら一度は食べて欲しいメニューです。

値段:400円
時間:ランチ(11:30~15:30)ディナー(17:00~22:00)
場所:京都府京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す