夏休みイベントで子供や喜ぶ2016!関西近畿(大阪・神戸)5選!

この記事は約3分で読めます。

 

2016年今年も夏休みがやってきました。
夏休みには子供たちが楽しめて喜ぶイベントがたくさんあります。

普段はないようなイベントは、7月、8月には特別に実施されているイベントがたくさんありますので、今のうちにチェックしておきましょう。

ここでは、関西・近畿地方を中心に大阪や神戸市で開催されている人気のイベントを5つ厳選してご紹介します。

夏休みの子供向けのイベント①:THE 世界一展示

技術、製品、プロジェクトなど、日本が世界に誇る知の数々を175超、全国各地から集めて展示しているイベントです。

毎日「世界一の技を持つ人」や「ユニークな技を持つ人」が登場し、多彩なライフプログラムを実施するなど大人から子供が楽しむことが出来る夏休み限定のイベントになっています。

さらに、製品の技術が高いものを見るだけでなく、世界一の技を持っている人が実際にこの「THE 世界一展示」に来場します。

こちらは、4月に行われた世界一のBMXの技を持つ内野洋平さんが、そのテクニックを披露してくれました。

ほんとうに、まるで魔法使いのように自転車を扱うのです。

このように、特に夏休みは毎日のように世界一の技を見る事が出来ますので、特に夏休みは毎日いても飽きないと思います。

子供から大人まで楽しむ事ができます。

【実施期間】
2016年4月26日~2016年9月1日

【住所】大阪市北区
【時間】11:00~19:00
【入場料】大人1300円、大学生1000円、中高生700円、小学生300(小学生未満は無料)
【駐車場】953台
【最寄駅】JR大阪駅

夏休みの子供向けのイベント②:六甲カンツリーハウス

六甲カンツリーハウス1

夏休み時、広大なレジャー施設で、夏に雪遊びが出来るイベントが開催されます。
木と緑に囲まれた圏内に約20m四方の雪の広場が出現します。

雪の中でおもちゃやドリンクなどの宝探しも出ます。
芝すべりは子供に人気で人工芝でするすると滑って楽しむことができますよ。

真夏の雪まつり

真夏の暑い中に雪に触れるのはほんとうに気持ちがいいです。
この冷たい雪の中に、宝が隠されているのです。

夏なので、雪が冷たくで気持ちいいですよ!

【住所】兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
【時間】11:00~16:30
【期間】7/18~8/31、9/5~9/13
【料金】大人600円、4歳~小学生300円、4歳以下は無料
【駐車場】800台
【交通】名神高速道路西宮ICから約20キロ

夏休みの子供向けのイベント③:キッザニア甲子園

キッザニア

こどもたちが仕事や習い事を体験できる、子供が主役のイベントです。

現実社会の約3分の2のサイズの街に電車、寿司屋、消防署など様々なパビリオンなどが並んでいます。
体験を通して社会の仕組みを学べる体験型施設です。

夏休みの課題研究などにも使うことができます。

【住所】兵庫県西宮市甲子園8番町1-100 ららぽーと甲子園
【時間】9:00~15:00 16:00~21:00
【休業】不定休
【入場料】公式サイト参照(http://www.kidzania.jp/koshien/
【駐車場】ららぽーと甲子園A駐車場
【交通】阪神高速神戸線武庫川出口から車で約2キロ

夏休みの子供向けのイベント④:和歌山マリーナシティ ボルトヨーロッパ

ボルトヨーロッパ

2016年も「ドルフィンパーク」では、ボルトヨーロッパ内の運河を泳ぐイルカたちと触れ合うことができます。

人懐っこいイルカは子供たちにも優しいはずです。

また、家族で楽しめるホラーアトラクション「ショッカーの秘密基地」も夏休み限定で登場します。

【住所】和歌山県和歌山市毛見1527
【時間】施設により異なる
【休業】不定休(夏期は7/1~7/5)
【入場料】施設により異なる(入場のみは1500円)
【駐車場】3500台
【交通】阪和自動車道海南ICから車で約5キロ

夏休みの子供向けのイベント⑤:神戸市立須磨海浜水族園

神戸市立須磨海浜水族園

須磨海岸でイルカが泳ぐ「須磨ドルフィンコースプロジェクト」で、イルカの生態や環境について学ぶことが出来ます。

7/1~7/31の間は、須磨海岸で環境学習も毎日開催されます。

【住所】兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3-5
【時間】9:00~16:00
【休業】無休
【入場料】大人1300円、15~17歳800円、小、中学生500円
【駐車場】1090台
【交通】阪神高速神戸線若宮出口から車で約1キロ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す