東京の放射能は2017年も危険なのか?真実と予想される健康被害は?

この記事は約3分で読めます。

 

東日本大震災の出来事から東京関東圏放射能が騒がれるようになりました。
東日本大震災から約6年の年月がたったとはいえ、放射能の影響はまだあり、関東圏は危険であると思っている人もいます。

そこで、2017年現在の状況をまとめてみました。

スポンサーリンク

東京関東圏で放射能が汚染されたと言われる理由

東京汚染

東日本大震災は2011年3月11日に発生しましたが、その時に地震動と津波の影響で、東京電力が保有する福島第一原子力発電所で、炉心溶融と呼ばれる現象が起き、放射能物質が大気中に放出されてしまったのです。

さらに、3基の原子炉で、原子炉建屋と呼ばれる場所で水素爆発が起きた事で損害を受け、大量の放射性物質が大気中に拡散されてしまいました。
その時の放出量は63~77万テラベクトルと推定されています。

単位はよくわからなくていいのですが、この放出量は国際原子力事象評価尺度の暫定評価によると、最も危険な状態であるレベル7の評価を受けてしまったのです。

所謂「福島原発事故」で放出された放射性物質は大気中をさまよい、東京関東圏まで放射能で汚染されてしまったと言われたのです。



スポンサーリンク


放射能汚染による健康被害

放射能汚染による健康被害

放射能汚染による健康被害。
まず放射能から出る放射線というものがあります。
そして、放射線を浴びる事を「被爆」といいます。

第二次世界大戦時、広島に原子力爆弾が投下され、数万人~数十万人から被爆し、そしておおよそ半年以内に亡くなりました。

広島市に住んでいた住民は、原子爆弾から放出された放射線を至近距離で浴びてしまったため、尋常ではない量の放射線を吸収してしまったので、半年という短い期間の間に亡くなってしまいました。

福島原発事故による放射能は、東京関東圏の人たちは広島の出来事ほど至近距離で放射能を浴びた人は少ないので、まず放射能で命を落とす心配はほぼありません。

ただ、関西圏に住む人に比べて、多少なりとも身体に影響が出てくる可能性はあります。

東京関東圏の人たちで、一番可能性として高い健康被害は「晩発性障害」です。

晩発性障害とは、長い時間を経過してからガンなどの影響が身体に現れることです。

2017年現在も、東京では放射性物質は浮遊しているので、長年住んでいると放射能を影響を受け、晩発性障害を発症する可能性は高くなります。

「確率的影響」とも言い、放射能を浴びれば浴びるほど、身体に影響を与えり可能性が高くなるということです。

ちなみに広島の原子爆弾の出来事は、「急性障害」「確定的影響」といい、さきほどの「晩発性障害」「確率的影響」の反対の意味になります。

放射能報道の真実

放射能報道の真実

では、2017年現在東京は放射能汚染による影響は安全なのでしょうか?

実は、マスコミの情報操作により、あまり語られることはありませんが、東京関東圏は、今でも放射能による汚染は進行しています。

さらに関東圏で取れた水産物や農作物なども、一定の放射性物質を検出していたりなど食品汚染も発覚しているので、安全かと言われると、絶対に安全ですという言えないのが現状です。

残念ながら、現時点で東京関東圏に住み続ける限りは、放射能汚染は避けられない状況にあります。

ただ、さきほどご説明したとおり、急性障害が起きる可能性はほぼゼロなので、晩発性障害に気を付けて生活していけば問題ないでしょう。

ベストな対策として、放射能を避けるために東京関東圏を脱出し、関西圏へ移住するのが一番と言えます。

ただ、仕事の関係でどうしても関東圏で行動する人も多いと思うので、マスコミがあまり報道しない被爆対策をお伝えします。

マスコミが報道しない被爆対策

2017年現在、誰にでも出来る被爆対策は、食事による放射能対策です。

抗酸化物質を出来るだけ摂取するのが一番です。
B-カロテンやゼアキサンチンなどの抗酸化物質の栄養が含んでいるものが被爆対策には有効を言われています。

そこで、被爆対策として有効とされているのがスピルリナです。

スピルリナ

スピルリナとは、最古の植物ともいわれる緑色の藻のことで、世界で一番古い植物と言われるだけあって、栄養が郡を抜いて高いのです

世界で一番有名な原子力発電所事故のチェルノブイリ原発事故で、なんと子供たちから検出される放射性物質が、スピルリナの摂取により低下していたことがわかっています。

1日5グラムのスピルリナを摂取していた子供たちは、セシウム137の量が約50%減った減ったという結果も出ているので、放射能による被爆対策としては有効と言えるでしょう。

以下に楽天市場で販売されている100%スピルリナのリンクを張っておきます。

>>楽天市場で100%スピルリナを購入する

クィーン・オブ・ポップを異名を持つマドンナも、健康・美容目的で毎日スピルリナをとっている安全安心の食べ物です。

特に東京関東圏に住んでいる人は、今すぐ放射能対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

スポンサーリンク

8 Responses to “東京の放射能は2017年も危険なのか?真実と予想される健康被害は?”

  1. 若宮大路 より:

    原子爆弾に関する謝った理解があるようですね、放射能で一生苦しみ続けた人は、広島で20万人のほぼ即死者の他に5万人とも10万人とも言われています。即死者は遺体のかけらでも残っている人は、までいい方で、爆心地付近の方は蒸発しています。なにせ、1万度以上の高熱ですから。また、放射能は、爆心地から半径2km以外にいた人には、耐えがたい苦しみ、吐き下し、卒倒、ガンなど、ありとあらゆる病気で結局死にました。これは、早い人で5年以内、遅い人で68年(15年後生まれた人が被爆)です。なぜそんなに詳しいかって、私は被爆者の3世だからです。祖父のその当時の手記があり、追体験と実際目の当たりにしたからです。

  2. フィクション作家へ より:

    単位が間違っている

  3. 荻谷竜 より:

    かなり危ない

  4. キャロム竹内平岡 より:

    諦めろ

  5. 匿名 より:

    スピルリナ怪しすぎね?

  6. 匿名 より:

    確かに 東日本を中心に汚染されています しかし 核兵器が使用され始め 地球上全て 汚染されています 西日本が安全とか 海外が安全だとか 一概には言えません 最大の問題は海洋汚染かと 

  7. L より:

    世にも奇妙な世界になってしまいましたね。
    今思えば1980年代頃は平和だなあと思っていました。
    30年40年でこうも変わるものなのですね。
    これも私たち一人一人が作り上げた一つの未来です。

    • ようつべトレンド管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      日本は台風も多く、地震も多いのですが、犯罪が少ないのはありがたいとおもいます。

コメントを残す