中川翔子の父の女性関係のスキャンダルとは?母の若い頃の仕事とは?

この記事は約3分で読めます。

 

中川翔子さんは、『しょこたん』という愛称で知られているタレントです。タレント業はもちろんのこと、アイドル、イラストレーター、歌手、声優とその活動は多岐にわたります。アニメ、漫画好きとしても知られており、そのあどけなさが残ったキャラクターで、アニメ界のみならずたくさんの人から支持を集めています。

今回は、そんなしょこたんの両親に焦点を当ててみます。しょこたんの父・中川勝彦さんは、しょこたんと同じマルチタレントとして活動していましたが、白血病が原因で1994年、32歳という若さで亡くなっています。

スポンサーリンク

また、母・中川桂子さんは、しょこたんに似たキャラクターで話題となりました。ここまで見ると至って普通の芸能一家のように見えますが、しょこたんの両親に関してはこれまで様々な報道がなされてきました。

父は女性関係のスキャンダルで、母は若い頃にやっていた仕事で、それぞれ注目を集めました。ここではその2点についてもう少し掘り下げて見ていきます。

衝撃的だった父のスキャンダル

1

出典:http://i1.wp.com/

ヴィジュアル系ミュージシャンとして活躍していた勝彦さん。そのイケメンさに、当時は多くの女性が虜になったことでしょう。しかし、イケメンであるが故に女性関係の噂は多くされてきました。

そんな中、勝彦さんが亡くなってから17年後の2011年、勝彦さんに関するあるスキャンダルが発覚したのですが、その内容が非常に過激なものでした。

ネット上に流出した勝彦さんの女性関係のスキャンダル写真はその数何と24枚。そこに写っていた女性は、もちろん母・桂子さんではない女性です。写真の中身はかなり生々しいものだったと言われています。誰がいつどういう意図を持ってネットに流出したのかは未だに謎のままです。

このスキャンダルを知ったしょこたんは、勝彦さんからもらった誕生日カードを衝動で捨ててしまったと話していました。自分の親の衝撃的なスキャンダルの発覚に、相当ショックを受けたのでしょう。

あまりの酷さに腹が立ったのかもしれませんね。どちらにしろ、しょこたんにとって非常に辛い報道となったことには違いありません。スキャンダルとは本当に恐ろしいものです。

若い頃ショーパブで稼いでいた母

2

出典:http://good39.info/wp-content/uploads/2014/03/20140319-2.jpg

一方母・桂子さんは、しょこたんのブログにたびたび登場するなど、今でもその活発さは健在です。女医や体操服、バニーガールなどしょこたんも思わず顔負けしてしまうほど大胆なコスプレを披露しています。

また、しょこたんのサイン会に全身猫柄の奇抜なファッションで乱入したこともあります。ここまで見ると、しょこたんにも劣らない強烈なキャラを持っているように見えるのも無理はありません。

そんな桂子さんですが、若い頃は非常に苦労した生活を送っていました。

父・勝彦さんを32歳という若さで失った桂子さん。しょこたんを自分の祖母に育ててもらい、自身は銀座でショーパブを始めました。そこはカラオケパブと言われていましたが、実際はコスプレパブだったと言われています。

当時は非常に斬新なショーパブだったそうです。「しょこたんのお母さんは娘を祖母に預けてそんなお店をやっていたの?」と思うかもしれませんが、来店した多くのお客さんがこのショーパブを絶賛していました。

かの有名な作家・村上春樹さんも「桂子さんのショーパブはすごい」と語っています。

桂子さんは若い頃から本当にすごい方で、娘のために頑張る努力家だったのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す