スポンサーリンク

みやぞんは免許取得で韓国人と発覚!刺青や障害の噂の理由は?

この記事は約3分で読めます。

 

ここ最近、ANZEN漫才のみやぞんさんが、かなりメディアに出演してきています。

1月29日放送の世界の果てまでイッテQで、イモトアヤコさんよりもテレビに映る時間が長くなるかもしれません。

最近、ブレイクしてきている芸人さんだけに、様々な噂があるのです。

スポンサーリンク

みやぞんは韓国人だった

自分が日本人なり外国人なりの認識は、かなり子供の頃からあると思います。

少なくとも、小学生の頃には自分が何人なのか知らない人を探す方が難しいでしょう。

しかし、みやぞんさんは極めて珍しく、18歳以降に自分が日本人でない事を知りました。

みやぞん

免許を取得する際は、基本的に教習所を経由して仮免を取得し、後に免許センターで本免許学科試験を受験した上で、合格者のみ免許が発行されます。

その際、身元を確認する書類として住民票が必要なのですが、外国国籍の方は、外国人登録証明書というのが必要だった時代があるのです。

外国人登録証明書というのは日本に住む外国人に対して交付される証明書で、自分は外国国籍の人間ですと、行政に証明するものですね。

おそらく、みやぞんさんは国籍が韓国である事を知らなかったのでしょう。

詳しい理由は分かりませんが、免許センターのスタッフがみやぞんさんの身元を確認している時に、みやぞんさんが韓国人であると分かったので、外国人登録証明書を出して下さいと要求したのかもしれません。

それにしても、約20年間自分が韓国人であった事を知らなかったなんて、嘘見たいな話ですよね。笑

日本で生まれて日本で育っていれば日本人だと思うのは当然ですが、、、どうやら、みやぞんさんの父親が韓国人みたいです。

みやぞんさんの家は複雑か家庭環境で、5人の兄弟がいるそうですが、全員父親が違うそうです。

凄い母親ですね(笑)

小さな頃からよく家に来ていたお兄さんがいたそうで、みやぞんさんはずっと「お兄ちゃん」と呼んでいたそうですが、後になってそのお兄ちゃんが、実の韓国人の父親である事が発覚したそうです。

嘘みたいな話ですが、本当みたいです。



スポンサーリンク


刺青や障害の噂

何故か、みやぞんさんがはネット上で、刺青をしているのか?という噂がながれています。

理由は様々ありまして、まずはボクシング、つまり格闘技を長年してきたからです。

格闘技の試合を見た事ある人なら分かると思いますが、格闘技は他のスポーツに比べて刺青をしている人の割合が高いと言われています。

外国人は日本に比べて刺青の抵抗ほ少ないので、格闘技問わずあらゆるスポーツで刺青をしている人を多くみかけますが、日本人で刺青をしている人は少ないです。

ただ、格闘技をしている人は、世間一般論でいうと、刺青が多いスポーツと言われています。

刺青

その理由として、日本では刺青を入れる人をヤンキー、もしくは反社会人など根拠のない決めつけが未だにあります。

ただ、実際にヤンキーと言われる人たちも、刺青はヤンキーがするものだと認識するので、自ら刺青を入れたりします。

格闘技をしてる人全員ではないですが、過去にヤンキーと言われた人が多いとも言われています。

喧嘩に強くなりたいから、格闘技を始める人も多いそうです。

そういった背景もあり、格闘技=刺青が多いというイメージが先行しているので、みやぞんさんが長年格闘技に携わっているので、刺青をしている可能性があるのでは?と噂になりました。

後は、とある番組に出た際に、みやぞんさんはロケで泥まみれになりました。

その際、泥の模様がまるで刺青の模様に見えて人がちらほらいたそうで、みやぞんさんは刺青をしているのでは?と、噂にもなったそうです。

みやぞん泥

ちなみに、みやぞんさんは障害を持っているのでは?という、謎の疑惑があります。

理由として、テレビに出た時に天然発言をしたり、的外れな返答をしたりする事が多い事から、もしかして脳に障害を持っているのでは?という噂になったそうです。

実際、なんでもない人が、実は障害を持っていたという話はよくあります。

最近では、ADHDという注意力に欠けた障害なども注目されていて、大人になって障害があった事が発覚する事例も、増えてきているそうです。

まさか自分が!!とショックを受ける人も多く、みやぞんさんが100%の確率で障害を持っていないと断言する事も出来ませんが、高確率で障害を持っているという話でもありません。

天然なのは元々の性格と、後は売れる為のブランディングだと思います。

芸人なので、変だと思われた方が得する事が多いので、的外れな返答についても、もしかして全ては計算でやっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す

スポンサーリンク