柴咲コウはハーフだった?父親もしくは母親がロシア人の噂が!

この記事は約2分で読めます。

 

2017年度の直虎の主演を務めている柴咲コウさんは、若い頃から非常に美人と言われていました。

しかし、反対に現在はかなり劣化が進んでいるという意見もあります。

もしかして、それは柴咲コウさんのバックボーンに関係があるかもしれません。

スポンサーリンク

柴咲コウのルーツ

柴咲コウさんって本当に美人ですよね。日本の女優さんは美人な人は多いですが、柴咲コウさんはその中でも美人という言葉が非常に似合う方だと思います。

くっきりとした目が特徴で、目を細めてしまうと睨んでいると誤解されるくらい目力のある方です。

柴咲コウ

出典:http://www.oricon.co.jp/

整った顔、はっきりとした目やすらっとした鼻は、柴咲コウさんの最大の武器でもあり、女優、歌手として人気を博した要因の一つでもあります。

一見、ハーフなのか?とも、思わせる言葉が出来るくらい、柴咲コウさんは日本人離れした顔立ちをしています。

調べてみると、とある国の血が混じっているそうです。

柴咲コウさんは美人大国のロシアの血が少し混じっています。父親は純粋な日本人なのですが、母親がロシアの血が入っているそうです。

柴咲コウさんの母親はロシアの血が4分の1入っているそうなので、柴咲コウさんは8分の1の割合でロシアの血が流れている事になります。

ほぼ日本人の血なのですが、少しロシアの血が流れているので、あそこまで端正な顔立ちをしているのかもしれません。

実際、ロシアの女性はネット上で画像がまとめられるほど美人が多いと言われていて、北国という事もあり、すきとおるくらい肌が白い女性が多いそうです。

ロシア人

出典:http://blog.bakattan.com/

アメリカ人とかも白人が多いですが、ロシアに比べて赤道に近いので、日に焼ける人も多いのですが、ロシア人女性は日本人でいう色白美肌女性がスタンダードな国として有名です。

日本でも、柴咲コウさんのように色白な肌を持つ女性が美しいと言われる傾向があり、ロシア人女性は日本人男性にとってはどストライクとも言えるかもしれません。

ただ、一つ懸念点があります。

ロシア人は若い頃は誰からもちやほやされるくらい美人が多いのですが、我々黄色人種の日本人に比べて、劣化が早いと言われています。

何故かというと、ロシア人は透き通るくらいの色白な肌が特徴なのですが、日本人の肌に比べてメラニン色素が薄いので、紫外線などのダメージをより受けてしまうのです。

そうすると、肌色が黒い人に比べて、劣化が激しく見えてしまうのです。

柴咲コウさんが劣化したと言われる理由に、もちろん加齢もあります。年を取れば肌が劣化していくのは自然の摂理です。

ただ、彼女の場合は、ロシアの血が8分の1入っていますので、他の日本人に比べて、肌が劣化しやすいと言えるかもしれません。

しかし、35歳を過ぎた今でも、ハーフと間違われるくらい綺麗な顔をされているので、柴咲コウさんの美を維持する影の努力こそ、一番美しい所だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す