芳根京子が難病を患ったのは何歳?病気で脇や足・足指が動かない?

この記事は約2分で読めます。

 

芸能界に入ってまだ四年くらいしか立たないのですが、芳根京子さんの勢いは凄まじいものがあります。

芸歴2年目でNHKの連続テレビ小説「花子とアン」に出演を果たし、さらに2016年放送の同じくNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」では、ヒロインの役所を演じました。

スポンサーリンク

芳根京子さんはまだ19歳です。人生は順調に来ているかと思いきや、若い頃にめったにかからない難病を患っていました。

芳根京子が患った難病

芳根京子さんが患った難病というのは、ギランバレー症候群という病気です。

この難病は国の特定疾患というのに認定された指定難病です。特定疾患とは、主に原因不明でかつ治療方法も確定した方法が確立しておらず、さらに後遺症が残る可能性がある病気の事を言います。

日本に確認された病気の中で、わすが約200種類の病気が、難病指定されています。

その中にあるギランバレー症候群という病気に、芳根京子さんはかかりました。

芳根京子さんが何歳の頃に難病指定されているギランバレー症候群を発症したかというも、中学2年生の頃なので13〜14歳の頃です。

芳根京子

出典:http://www.sankei.com/

ギランバレー症候群の症状として、手足などの四肢が麻痺した状態になり、動かなくなる症状が出たりする事があり、芳根京子さんも、脇をあげる事が出来なかったり、足を動かしたり、自分の意思で足指を動かすことが出来なかったりなと、我々の想像を遥かに超える病気を経験されています。

中学2年生の頃といえば部活を頑張る時期でもあり、特に運動部であれば手足を動かさずに行う事は無理ですよね。

芳根京子さんの特技はピアノとフルートになるのですが、中学時代は運動部ではなく吹奏楽部に所属していたそうです。

芳根京子趣味

出典:http://pinky-media.jp/

ギランバレー症候群を発症している時も部活に所属していたわけですが、吹奏楽部は運動部ほど手足の動きは要求されないので、何とか部活活動は継続していたみたいです。

しかし、中学2年生という子供の年齢で、国の特定疾患で難病指定される病気にかかる事は、彼女にとってどんな経験を与えたのでしょうか?

足は脇が動かないなんて、恐怖でしかないと思います。当サイト管理人はギランバレー症候群にかかった事はないので憶測でしかないですが、先の見えない未来に恐怖を覚えると思います。

この難病は果たして治るのか?何せ、難病指定の定義が治療方法が確立されていないという事なので、芳根京子さん自身、相当精神的に追い詰められたと思います。

中学2年生という若い時期に、地獄を味わった事は、今の彼女に人生観に大きく影響していると思います。

嬉しい事にギランバレー症候群は完治し、今はスクリーンの向こう側で足や手は普通に動いているわけですが、芳根京子さんが19歳という年齢で、女優としての立場を確立しているのは、もしかして、過去の辛い経験があるからこそ、女優業に力を注ぐ事が出来るからなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す