ブルボンヌのすっぴん素顔が凄い!新宿2丁目に店がありマツコとの関係は?

この記事は約2分で読めます。

 

女装パフォーマーのブルボンヌさんが、2月16日の「Rの法則」に出演されます。

かなり濃い化粧をしているのですが、ブロボンヌさんのすっぴん素顔が気になります。

スポンサーリンク

ブルボンヌのすっぴん素顔

ブルボンヌさんは女装パフォーマーとして活躍していて、彼自身も女装するだけありゲイであります。

そんな彼のすっぴん素顔の画像を見てみましょう。

以下が、ブルボンヌさんのすっぴん素顔の画像です。

ブロボンヌ素顔

出典:http://tubuyaki-burogu.com/

言い方は悪いかもしれませんが、ただのおじさんですよね(笑)年齢は45歳くらいなので、素顔を公開したところでおじさんと言われるのは当たり前なのですが、何度見ても会社の課長職にしかみえません。

坊主でヒゲという、いかにもゲイの方々が好きそうな風貌をしています。これは狙っているのかたまたまなのか分かりませんが、マツコデラックスさんなど、ゲイを公言する方で、女装をしている人たちの素顔は、かなり男臭い風貌をしている方が多いですよね。

ちなまに坊主やスキンヘッドの髪型をする人は、強く見せたいという願望もありますが、実は強面と思わせて甘えん坊という特徴もあります。

さらにあごひげを生やす人と同じように強く見せたいという気持ちがあり、さらに上昇志向が強い特徴があるとも言われています。

ブルボンヌさんの素顔は女装をしている時と比較するとかなりギャップがありますが、やっぱり上昇志向が強いという事は、根っこの部分は男なのでしょう。

ちなみに、ゲイと性同一性障害は少し違います。

マツコデラックスとの関係

ブルボンヌさんとマツコデラックスさんは女装家という共通点がありますが、実は他にも共通点があります。

1994年に創刊された「Badi」という男性の同性愛者向けの雑誌があります。そのゲイ向けの雑誌の出版社に、ブルボンヌさんのマツコデラックスさんは、編集者として働いていたのです。

image

出典:http://solife-a.com/

年も近い二人は同僚として働いていて、10年以上経過した後に、互いに女装家として芸能界でブレイクを果たします。

なかなか編集者を経験した後に、芸能人としてブレイクする人は珍しく、さらに二人は映画の批評などもやっていて、かなり仕事のジャンルは被ってるんですよね。

同じくゲイのおすぎとピーコさんも、確か映画の批評の仕事をしています。なぜ、ゲイの芸能人の方々は、映画の批評を行う人が多いのでしょうか?笑

もしかして、一般人とは少し違う視点で物事を見る事に慣れているので、批評をしてもらう側も、そういった人たちの批評に価値を感じているのかもしれません。

ブルボンヌの店

ちなみに、ブルボンヌさんはゲイの聖地である新宿2丁目にとある店のプロデュースを行なっています。

ミックスバーと呼ばれる、女装家やゲイ、そしてニューハーフが混在しているバーに関わっています。

ブルボンヌさんのプロデュースしている店の名前はCampy!Barと言います。

必ずとは言えませんが、ほぼ毎週の金曜日のイベントを企画し出演しているそうなので、もしブルボンヌさんに会いたい人は、金曜日にCampy!Barに行ってみるのもいいでしょう。

Campy!Bar

出典:http://campy.jp/

ただし、ミックスバーは過去に自身の恋愛観や性別の境界線などで、過去に心にもない事を言われたような人もいるので、冷やかし目的で行くのはさけるべきでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す