新庄剛志の金銭トラブルの内容は叔父が原因!相手の名前は?

この記事は約3分で読めます。

 

新庄剛志さんが、2017年2月20日の「しくじり先生、俺みたいになるな!3時間スペシャル」に出演されます。

そこで、過去に起きた金銭トラブルを告白し、レギュラー出演者にお金は怖いぞと問いかけるのです。

スポンサーリンク

では、新庄剛志さんが過去に巻き込また金銭トラブルの内容と、起きた理由も紹介します。

金銭トラブルの内容

現在、新庄剛志さんは日本に住んでいる訳ではなく、バリ島に住んでいます。

野球選手としてかなりの人気があった新庄剛志さんは、何故バリ島に移住したのでしょうか?

新庄強

出典:http://b.hatena.ne.jp/

実は、バリ島に移住した理由に、今回の金銭トラブルが関係しているのです。

新庄剛志には、甲子園球場の近くにある建設会社の社長と、とある関係にあります。

その建設会社の社長は、新庄剛志の母親の姉の旦那です。つまり、伯父ですね。

1990年、新庄剛志さんは甲子園をホームとする阪神タイガースに入団しました。

甲子園球場の近くに会社を設けていた伯父は、まだ若い新庄剛志の世話役として、親族内で新庄剛志の面倒を見ることになったのです。

そして、抜群の身体能力と守備能力で、一躍スーパースターになった新庄剛志さんは、自身の個人事務所である「新庄ゴーエンタープライズ」を立ち上げます。

叔父の名前は「竹中萬治郎」と言います。2012年に倒産しましたが、兵庫県西宮市甲子園を拠点にする「竹中不動産株式会社」の代表取締役でした。

その事務所の役員と監査役に、伯父と妻である母親の姉が就いたのです。

伯父は、新庄剛志さんがメジャーに行きたいと言えば、快く賛同したりと、新庄剛志さんの良き理解者として、建設会社の社長をしながら、裏方で新庄剛志さんのマネジメントに携わっていました。

ここまで、有名人の親族であればよくある話ですが、新庄剛志さんの離婚を機に話は急展開を迎えます。

金銭トラブルの理由

詳しい話は割愛しますが、2007年に新庄剛志さんはタレントの大河内志保さんと離婚しました。

大河内志保

出典:http://photo.quus.net/

その際に慰謝料を払う事になるのですが、新庄剛志さんは預金通帳を見て愕然とします。

なんと、預金通帳の残高がほぼなかったのです。

実は、事務所の役員を務めた親族である伯父夫妻は資金管理も行なっていました。

あろうことか、新庄剛志さんの資産を横領していたのです!

離婚での慰謝料が3億円を請求されていたので、払う気まんまんだったのですが、蓋を開けてみると慰謝料を払うほどのお金がないと分かりました。

それ以外の資産を現金化しても、1億円くらいにしかならず、おかげそまで離婚調停もかなり長引いてしまったようです。

もちろん、伯父夫妻に対して、横領したであろう資金の返金を求めたそうですが、一切応じる事は無かったそうです。

最終的には、伯父が経営する会社に対して民事訴訟を行うまでになりました。

裁判の資料によると、伯父は漁海委託費名目で約2億3000万円、貸付金名目で1億6000万円など、合計3億9000万円を新庄剛志の事務所である「剛ゴー」から流したと言われています。

以上か、新庄剛志さんと親族であるはずの伯父との金銭トラブルです。

今回は、個人間での金銭トラブルではなく、法人間での金銭トラブルになっているので、善か悪かの見極めが難しい所ですね。

伯父の立場からすると、建設会社も剛ゴーも役員を務めているので、資金の流動は普通にある話です。

ただ、資金を移す際の名目がいい加減で、さらに新庄剛志さんの許可なく行なった事が、今回の金銭トラブルの論点になってると思われます。

スーパースターとして多額の金を稼いだ新庄剛志さんですが、身内に裏切られてしまった事で、日本にいるのが嫌になり、遠く離れたバリ島に移住したというのが本音みたいですね。

身内といえど、信じ過ぎると痛い目にあうかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す