モアナと伝説の海の歌の歌手は誰?日本語版と英語版歌手と和訳も!

この記事は約2分で読めます。

 

今年もディズニー映画がやってきました。今年は冒険の映画です。

以前、アナと雪の女王が大ヒットしましたが、映画の主題歌や挿入歌についても人気になりました。

今回、モアナと伝説の海の日本語版、英語版の歌手についてと、英語版の和訳を紹介します。

スポンサーリンク

モアナと伝説の海の歌の歌手

まずは、日本版からです。

日本語版の歌手

モアナと伝説の海の日本版を歌うのは、吹き替えでモアナ役を演じる屋比久知奈さんです。

屋比久知奈

出典:http://www.city.okinawa.okinawa.jp/

屋比久という名前は変わった名前ですが、彼女は沖縄県出身です。

モアナと伝説の海は南国の島が舞台ですが、沖縄とイメージが合致していますね。

屋比久知奈さんについては、別記事で詳しく紹介していますので、良かったらご覧なって下さい。

>>屋比久知奈がモアナの歌に抜擢されたのはそっくりだから?下手なのか?

屋比久知奈さんは女優さんでも無ければ、本職の声優さんでもありません。

モアナと伝説の海の日本版の主題歌を歌う屋比久知奈さんは、最近注目のアーティストです。

アナと雪の女王は日本版の主題歌を松たか子さんが歌いましたが、松たか子さんは女優でしたね。女優業の傍ら、たまに歌手活動をするくらいでした。

しかし、今回は歌の専門職であるアーティストが歌っているので、完成度は高いと思われます。

ちなみに、モアナと伝説の海で屋比久知奈という無名アーティストが、なぜ声優として選ばれたのでしょうか?

アナと雪の女王では松たか子さん。ズートピアでは上戸彩さんなど、ディズニー映画の吹き替え版の声優は、著名人ばかりです。

しかし、今回はお世辞にも著名人とは言い難い人です。

その理由としては、ディズニーの担当者曰く、日本でモアナのイメージに合致する人は屋比久知奈さんぐらいだったそうです。

 

 

南国の沖縄出身というのも大きな理由ですが、モアナは16歳で冒険心あふれる心の持ち主で、冒険を通じて成長しようとする若い女の子です。

屋比久知奈さんも22歳という年齢で、これから芸能界で歌手として成長していくんだと、将来を期待される1人でした。

2016年の6月、屋比久知奈さんは「集まれ!ミュージカルのど自慢」という歌番組で、見事最優秀賞を獲得しています。

あの森公美子さんも感動したと言うほど、人々の心に感動を与える事が出来る歌唱力を持っているのです。

英語版の歌手

英語版の歌を歌う歌手はアレッシア・カーラという方です。

アレッシア・カーラ

出典:http://yaview.net/

モアナと伝説の海の英語版「How Far I’ll Go」を歌うアレッシア・カーラはまだ19歳の女の子です。

日本版の屋比久知奈さんよりも3歳年下というのが驚きですね(笑)

アレッシア・カーラは、現在カナダの音楽界で最も勢いのあるアーティストの1人で、カナダの音楽賞の中でも最大規模であるJUNO AWARDSの最優秀賞新人賞を獲得していて、他にも様々な賞を受賞しています。、

すでに、アレッシア・カーラさんが歌うモアナと伝説の海の英語版主題歌は5000万以上の再生回数を記録するほどのヒットぶりです。

 

 

次ページに、アレッシア・カーラさんが歌う英語版の英訳を記載します。

ページ: 1 2

スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

スポンサーリンク

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す