WBC2017優勝候補予想!日本・イスラエル?

この記事は約4分で読めます。

 

2017年のWBC
当サイト管理人は、2009年ぶりにWBCを楽しんでいます。

2013年のWBCは気づかぬうちに終わったような気もしましたが、今年は違います。

忙しくて試合の生中継を見れない事もありますが、今年の日本代表には非常に期待しています。

そこで、個人的に優勝候補を予想して、各国の戦力や注目選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

プロ野球のデータ分析大好き人間による、2017年度のWBC優勝候補予想をご覧ください!

戦力は

  • 攻撃力
  • 守備力
  • 機動力

の3つの項目を、五つ星で評価します。

優勝候補①日本

wbc日本

日本は2006年、2009年のWBCで優勝し、2013年は惜しくも優勝を逃しましたが、ベスト4に入る実績を残しています。

WBCの実績だけに限定するの、参加国の中ではダントツ一番の実績を誇ります。

また、今回はラウンド1とラウンド2を日本で行います。多額のお金かけて優勝を狙いにいっていますので、ラウンド2までは母国での試合となり、特に観客を味方に出来るアドバンテージがあるのが特徴です。

野球というスポーツはホームゲーム、アウェイゲームに分かれていて、ホームゲームの方が勝率が高いのです。

WBCであれば、ラウンド2までの観客の大多数は日本人なので、かなり他の国に比べて優位に試合を進める事が出来るのが最大の強みです。

攻撃力→★★★★☆

ラウンド1でのスタメン選手の昨シーズンの成績を元に、打線の平均打率と本塁打率を出してみます。

wbc日本戦力

キューバ戦のスタメンメンバーの昨年の打撃成績の平均ですが、打率は.291と3割まであと一歩の所でした。

青木宣親選手はメジャーリーグに所属しているので、日本でプレーしたと考えると.305~.320の成績に値します。

打率の足を引っ張っているのが、中田翔選手と松田宣浩選手と小林誠司選手です。

ただ、中田翔選手と松田宣浩選手は長打力があり、得点圏打率も高いので、多少打率が低くても問題ありません。

小林誠司選手は、捕手という負担の大きいポジションを考えても、打撃面での期待はほぼ出来ないのが現状です。

ただ、9人中20本塁打以上を記録しているのが6人いるので、長打力はある打線になります。

山田哲人

出典:http://pep1122.com/

前回に比べで打線面での攻撃力は上がっていますが、1つ課題があります。

それは出塁率です。

昨年の成績で判断すると、選球眼が良いと思えるのは、山田哲人、筒香嘉智、坂本勇人選手くらいです。

後は平均レベルです。

WBCのような短期決戦の試合は、とりあえず塁に出て得点圏を迎えるチャンスを増やす事が大事なので、出塁率の高い坂本勇人選手や鈴木誠也選手を、上位打線に変えるのも戦略してはアリだと思います。

守備力→★★★☆☆

この打線でゴールデングラブ賞の獲得経験が無いのは、山田哲人選手と筒香嘉智選手と小林誠司選手の3人です。

今回、守備力で期待されるのは菊池涼介選手と松田宣浩選手、中田翔選手です。

菊池涼介選手は四年連続ゴールデングラブ賞を受賞する実力者で、歴代の二塁手の中でも五本の指に入る名手とも言われています。

菊池涼介

出典:http://number.bunshun.jp/

世界トップクラスの守備範囲が最大の武器で、普通の人であれば取れない球も、天性の判断でキャッチし、様々な打者をアウトにしてきました。

山田哲人選手も二塁手ですが、菊池涼介選手の方が圧倒的に守備能力が高いので、今回のWBCは最後まで指名打者で出ると思われます。

松田宣浩選手は過去にゴールデングラブ賞を5回獲得する実績があります。

倒れ込んでから起きあがって送球しても、アウトに出来るほどの肩の強さを持っています。

中田翔選手の一塁守備は、2015年に守備率リーグ1を記録する安定感が売りです。

機動力→★★★☆☆

機動力に関して期待されるのは、山田哲人選手、菊池涼介選手、青木宣親選手、鈴木誠也選手の4人です。

山田哲人選手は2年連続盗塁王を獲得していて、50メートル走のタイムが5秒67という驚異的なスピードを誇ります。

三年連続で得点王の記録も持っていて、最もホームに生還する選手になります。

菊池涼介選手は、4年間で72の盗塁を記録しています。

小柄な体格なので、相手のタッチを交わす事も多々あります。

青木宣親選手は、日本にいた時から俊足として名を馳せていて、盗塁王の獲得もあります。

青木宣親

出典:http://baseballking.jp/

ただ、近年は盗塁成功率がメジャーリーグの中でもワースト3に入るほど不安定な部分もあり、ベースランニングは積極的に行うと思われますが、WBCで盗塁する事は無いかもしれません。

今回の日本の野球はスモークベースボールというよりかは、打者の打撃能力をフルに発揮出来るような采配になっているので、機動力は多少捨ててでも、長打を狙ってくると思います。

*他の国は後日追記します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す