スポンサーリンク

あなそれのキャスト一覧を脇役含めて紹介!1話のあらすじも!

この記事は約9分で読めます。

 

「あなたのことはそれほど(あなそれ)」というドラマが4月から放送予定となっていますよね。どのようなドラマなんでしょうね。

いくえみ綾さんという人気漫画家の作品が、初の連続ドラマ化となるということです。

それでは、興味の高まるキャストやドラマのあらすじなどをご紹介しますね。

スポンサーリンク

あなそれのドラマとは

あなたのことはそれほど

出典:http://www.tbs.co.jp/

主人公の美都(波瑠)は、眼科クリニックで医療事務として働いています。そのクリニックに来ていた涼太(東出昌大)という患者に交際を申し込まれます。交際を申し込んだ涼太は、優しく穏やかな人物です。二人は、食事の趣味なども合い、何より涼太は美都を一番に考えてくれるという人物です。

スナックを実家で経営している母が美都にはいますが、その母のことも涼太は大切にしてくれます。彼は、仕事もまじめで結婚相手として今後の伴侶となる相手としては申し分ない人なのです。美都も当然彼のことが好きになっていきます。

でも美都にとって忘れられない一番好きな人物がいるのです。それは、有島光軌(鈴木伸之)という中学生の頃に好きだった人です。有島は、美都に別れを告げることなく引っ越してしまったのですが、美都は彼に似た人を見つけると今でも目で追ってしまうほどなのです。

美都は、有島と似た男とばかり中学生以来付き合ってきました。また占い師に中学の時に「結婚するのであれば、二番目に好きな人とするほうが良い。」と言われていて有島とは結婚できないと自分自身にも言い聞かせていました。

涼太との出会いがあり、まだ有島への思いを断ち切れなかった美都は再び占いに行きました。そして中学生の時と同様のことを言われた彼女は、二番目に好きになった涼太との結婚を決意したのです。

そして美都と涼太は、多くの人たちからの祝福を受け結婚をしました。美都は、女はどこか妥協して結婚するものだと自分に言い聞かせ幸せな結婚生活を過ごしていました。

しかしある日飲み会の帰り道に美都は、偶然に初めての運命の人だと信じていた有島に再会してしまいます。そしてその後の展開は、複雑になっていきます。

キャストと役回りは

ファンが男女を問わず幅広い層におりの多数のヒット作を手掛けている人気漫画家であるいくえみ綾さんの同名のコミックからの連続ドラマ化です。

いくえみ作品にとっては、初の連続ドラマ化で4月18日、火曜日の夜10時からTBSで「あなたのことはそれほど」という題名でスタートしますよ。

渡辺美都役には波瑠さん、渡辺涼太役に東出昌大さん、有島光軌役に鈴木伸之さんが出演します。また脇を固めるのは、美都の実母で物語のキーパーソンとなる三好悦子を麻生祐未さんが演じます。

有島の妻の高校時代のクラスメイトでもある麗華を仲里依紗さん、小学校時代から美都の親友である何でも相談できる姉的存在の飯田香子役には、大政絢さんです。

また有島のマンションに引っ越してきた距離ナシ主婦的な存在の横山皆美を中川翔子さん、美都の勤務先の眼科クリニックの同僚である森瑠美役を黒川智花さん、有島の通っているバーのイケメンバーテンダーである榎本祐樹を成田偉心さんが演じます。

さらに涼太が勤務しているインテリア会社の同期でデザイナーの小田原真吾を

山崎育三郎さん、美都の上司でバツ3の達観した眼科医の花山司は橋本じゅんさんです。

キャストの経歴と役に関連して

渡辺美都役の波瑠

波瑠

出典:http://www.asahi.com/

波瑠は、1991年生まれでプロモーションビデオのオーディションに中学1年生の時に応募し芸能界には、その時にスカウトされ入りました。2006年に「14才の母」で連続ドラマに初出演しています。

2015年にNHKの連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインの白岡あさ役に選ばれました。

ドラマのモデルである広岡浅子が創業した大同生命保険のCMにイメージキャラクターとして出演していますし、第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の主演女優賞を受賞しました。

ドラマの渡辺美都は、旧姓が三好で眼科クリニックで医療事務として働いています。思い込みが激しいタイプで、有島という小学校の頃に転校してきた男の子に一目惚れし、結婚後もずっと好きという設定です。

そして偶然、有島と再会しW不倫が始まるのです。

以下、あなそれ出演者の波瑠さんのコメントです。

今回演じさせていただくのは、自分の憧れのようなものに正しくはないとわかっていても突き進まずにはいられないような女性です。とても素直で愚かな彼女に共感したり、馬鹿だなぁなんて思いながら観ていただけるように頑張りたいと思います。

出典:TBS公式サイト

渡辺涼太役の東出昌大

東出昌大

出典:http://news.walkerplus.com/

東出昌大は、1988年生まれで第19回メンズノンノ専属モデルのオーディションに高校時代に出場しグランプリを獲得してデビューしました。2012年映画の「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビューをしました。

そしてファッションモデルとしての活動をこの作品をきっかけにして辞めて、俳優へと転身しました。

また第67回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞をこの時に演じた菊池宏樹役で取り、同時に第36回日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞しています。

渡辺涼太は、受付だった美都に眼科を受診した際に一目ぼれして結婚しました。

美都の夫で料理好き、またいつもは優しい性格ですが一途すぎる愛から、美都の携帯電話を盗み見たりする癖が付いてしまうなど少し歪んでいる役です。

有島光軌役の鈴木伸之

出典:http://ticket.st/

鈴木伸之は、1992年生まれで劇団EXILEのメンバーです。第3回劇団EXILEオーディションに2010年に合格して俳優としても活動を始めました。

映画の「桐島、部活やめるってよ」やドラマ「花燃ゆ」や「GTO」またその他にも舞台などでも活躍しています。

有島光軌は、小中学校時代の美都の同級生です。美都の初恋相手であり麗華の夫です。

一度美都と中学時代に肉体関係を持ったことがあり、冷めた性格なのですが人の好さも併せ持っているという人物です。

三好悦子役の麻生祐未

麻生祐未

出典:http://blog.livedoor.jp/

麻生祐未は、1963年生まれで映画の「あいつとララバイ」に樹由美子という芸名で1983年にデビューしました。

その後、芸名を麻生祐未に1984年に改名しました。「オールナイトフジ」の司会を務めるなど注目を集め、2017年には「お母さん、娘をやめていいですか?」で、母親の友達である顕子訳を演じました。

三好悦子は、美都の実母で物語のキーパーソンとなるシングルマザーです。

有島麗華役の仲里依紗

仲里依紗

出典:https://mdpr.jp/

仲里依紗は、1989年生まれで映画の「純喫茶磯辺」で2008年に第30回「ヨコハマ映画祭」の最優秀新人賞に選ばれました。また第63回「毎日映画コンクール」でスポニチグランプリ新人賞も受賞しています。

また映画「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」に2010年ヒロインのゼブラクイーン役で出演しました、ゼブラクイーンとしての歌手デビューもこの時に果たしています。

さらに第34回日本アカデミー賞など数々の映画賞をこの作品と「時をかける少女」などの演技が評価されて受賞しています。

有島麗華は、光軌の妻で旧姓は戸川で高校時代のクラスメイトです。洞察力に優れているという役で、鮮烈な行動で光軌に気持ちを伝えて高校卒業後に付き合い始めて結婚しました。

昔から家庭環境が複雑だったため、しっかり者で冷静な人物です。

飯田香子役の大政絢

大政絢

大政絢は、1991年生まれでショートドラマ「TOKYOかしましガールズ」で、2006年に初じめてドラマに主演デビューしました。

「ヤマトナデシコ七変化♥」に2010年にヒロインの中原スナコ役で抜擢されました。

助演女優賞を第13回2009年度日刊スポーツ・ドラマグランプリで受賞し、主演も多数の作品で演じています。

飯田香子は、小学校時代からの美都の親友で姉的存在で何でも相談できるという人物です。

横山皆美役の中川翔子

中川翔子

出典:http://hamusoku.com/

中川翔子は、1985年生まれでポポロガールオーディションでグランプリを2001年に受賞しました。1stシングル「Brilliant Dream」で2006年にCDデビューも果たしています。

初主演映画である「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」を2010年に劇場公開しました。

ディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」で2011年に主人公であるラプンツェルの日本語吹き替え役を担当したりとマルチに活躍しています。

横山皆美は、有島夫婦が暮らすマンションに引っ越してきた、いわゆる「距離ナシ」的な主婦です。

森瑠美役の黒川智花

黒川智花

出典:http://pinky-media.jp/

黒川智花は、1989年生まれで「りぼん」のモデルグランプリに2001年に選出されて読者モデルとして活動を始めました。

「愛なんていらねえよ、夏」で2002年にテレビドラマに初出演しました。

「雨と夢のあとに」で2005年に、連続テレビドラマで初主演をし「8.1」で映画の初主演を果たしました。ドラマや映画、また舞台などでも幅広く活躍しています。

森瑠美は、勤務先の眼科クリニックの美都の同僚で明るいしっかり者という役です。

榎本祐樹役の成田偉心

成田偉心

出典:http://www.horiagency.co.jp/

成田偉心は、1996年生まれで現役の大学生です。注目作品やCMなどに早くから数多く出演しており今後が期待される大型新人です。

榎本祐樹は、イケメンバーテンダーで有島の行きつけのバーを若くして任されているというものです。

小田原真吾役の山崎育三郎

山崎育三郎

出典:http://www.tvguide.or.jp/

山崎育三郎は、1986年生まれで日本上演20周年となる「レ・ミゼラブル」で2007年にマリウス役として正式にデビューしました。

カバーアルバム「1936〜your songs〜」で2016年に第58回日本レコード大賞の企画賞を受賞しています。

また数多くの舞台で経験を積んで、「突然ですが、明日結婚します」などで現在も出演中です。

小田原真吾は、涼太が勤めているインテリア会社の同期でデザイナーです。

花山司役の橋本じゅん

橋本じゅん

出典:http://www.oricon.co.jp/

橋本じゅんは、1964年生まれでNHK連続テレビ小説「ひらり」で1992年に熱狂的な阪神タイガースファンの医師を演じました。

この時にお茶の間での知名度も上がり、その後玄田竜助役を「図書館戦争シリーズ」で演じました。

花山司は、眼科医の美都の上司でバツ3の達観した人物です。

1話のあらすじとは

初回は、拡大版となっていますが、美都と有島の二組の夫婦のマリッジライフや恋愛模様を四者四様に揺れる様子を予測不能な展開として繰り広げています。

まず本作は、「2番目に好きな人」と結婚した主人公である渡辺美都が、初恋相手でずっと想い続けている有島と偶然再会したというところからすべてが始まります。

自分にとって大切なものをそれぞれの役回りで演じ、それを守ろうとする姿に人間の弱さ狡さだけでなく、切なく可愛いらしいものも感じられます。大人のラブストーリーでドキドキ感もかなり散りばめられていますよ。

運命に翻弄され恋に走り続ける主人公や妻を一途に愛し続ける夫、さらにもう一組の夫婦など、いびつな既婚者同士の恋愛がもたらす四角関係とも言えるものが展開されていきます。

ザワザワしつつ既婚者の恋愛や大人同士の関係に引き込まれながらもキュンキュンしてしまう場面も数多くあります。ザワキュンとも言える現象が起こるドラマになりそうな予感です。 ぜひご注目くださいね!

スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

スポンサーリンク

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す