小早川智明のwiki風プロフィール!経歴や学歴!末裔の噂とは?

この記事は約2分で読めます。

 

東京電力の新社長に小早川智明さんが就任する事になりました。

彼の経歴や学歴、末裔の噂について述べていきます。

スポンサーリンク

小早川智明の経歴

彼の出身高校は分かりませんが、大学は難関大として有名な東工大こと東京工業大学です。

東京工業大学

偏差値は65と全国トップクラスの難易度です。

小早川智明さんは東京工業大学を卒業後、昭和63年に東京電力に入社します。

東京電力という大企業ですが、小早川智明さんは新卒で入った会社で、最終的には社長の座についた珍しい方です。

小早川智明

平成23年には東京電力の神奈川支店の営業部長に、47歳という若さで就任しました。

そして、様々の部署の部長職を経験し、昨年四月に東京電力エナジーパートナー株式会社の社長に就任し、さらに6月には東京電力の取締役に就任したばかりの方です。

電力会社の中では頂点に位置する東京電力ですが、53歳という年齢は業界の中でも異例だそうです。

さらに、取締役に就任してから一年も経っていないので、かなりのスピード出世となります。



スポンサーリンク


末裔の噂とは?

世間では小早川智明さんの末裔ば誰なのか?という疑問があるようです。

過去の有名人と言えば、安土桃山時代に大名として名を馳せた小早川秀秋がいます。

小早川秀秋

小早川秀秋は豊臣秀吉の親族にあたりますが、関ヶ原の戦いで徳川家康の方に寝返ります。

豊臣一族を裏切ったとも言われています。

結局、寝返った事で徳川家康率いる東軍は勝利し、後に豊臣一族が衰退するきっかけを作った人物として、歴史のに教科書には記載されています。

ただ、小早川智明さんは小早川秀秋の末裔ではないでしょう。

小早川智明さんは北海道出身ですが、小早川秀秋さんは近江出身です(今の滋賀県)

小早川という苗字は珍しいので、「末裔では?」と疑問に思われる方もいますが、出身から紐解くと可能性としてはほぼゼロになります。

今後の東京電力

東日本大震災から経営不振に陥っている東京電力は、ここ近年ではブラック企業大賞に選ばれてしまうほど、評判が低下してしまった企業となりました。

今回、小早川智明さんの社長就任に伴い経営陣を一新するという事で、様々な施策が出てくるかと思います。

昨年の電力自由化により、電力提供出来る会社も数が増えたので、東京電力はどのように業績を立て直すか気になりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す