博多大吉の尿管結石のような病気・奇病の名前は?仰天ニュース動画!

この記事は約1分で読めます。

 

お笑い芸人の博多大吉さんが、仰天ニュースで国内で4例しか確認されていない奇妙な病気にかかっていた事を告白しました。

番組内では病気の名前を公開はしていたなかったので、調べてみました。

博多大吉の病気

博多大吉さんは仰天ニュース内で、尿管結石だと思っていたが、精密検査をすると生まれつき尿管がねじれていたという事を話していました。

博多大吉

出典:http://papipu2ch.blomaga.jp/

尿管結石は、腎臓で作られた結石かま尿管内に入ってしまい、うまく尿が流れにくい状態の病気です。

尿管結石の痛みが尋常じゃないほどの痛みで、膀胱付近だけではなく、背中や腰などの、腎臓付近にも激しい痛みを伴うのが特徴です。

博多大吉さんも、排尿をするたびに激痛が走っていたので、てっきり尿管結石だと思っていました。

しかし、国内で4例しかなく、かつ尿管がねじれている病気と言えば「下大静脈後尿管」しかありません。

下大静脈後尿管というのは、生まれつき尿管が下大静脈の後ろから中、そして前の方に回って膀胱に到達する、極めて稀な病気になります。

下大静脈後尿管

出典:http://www.geocities.jp/

尿管が強く曲がる事で、静脈側で尿管が圧迫されてしまい、おしっこの流れが悪くなってしまうのです。

すると、尿管結石のような症状が出てしまう事もあります。人によっては、症状が出ない人もいるので、下大静脈後尿管を患っていても、気が付かない人もいます。

博多大吉さんの生まれつきの病気については手術をするしか方法はなく、尿管を切断して正しい位置に戻すか、下大静脈を切断して、尿管を正しい位置に戻すかの二通りになります。

博多大吉さんのように手術をすれば、ほぼ完治する病気です。

最後に下に昨日放送された仰天ニュースの動画を紹介しておきます。

人間にとって排尿というのは避けて通れない行動の一つなので、排尿するたびに激痛が走るって気分も憂鬱になりますよね。

そんな話を、笑って話せる博多大吉さんって凄いなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す