4号警備のキャスト一覧を脇役含めて紹介!1話のあらすじも!

この記事は約8分で読めます。

 

2017年4月スタートのNHKの土曜ドラマが、新ドラマ「4号警備」です。

以前は21時からだったのですが20時台にリニューアルしたそうです。

その第一弾となる「4号警備」は、身辺警護を主とした民間警備会社のボディーガードを描いたものです。聞きなれない4号警備というのは、「第四号警備業務」と言って日本の警備業法できちんと認められているものだそうですよ。

そんな何かすごそうなボディーガードという仕事をどういう風に描いているのでしょうね。それでは、4号警備のあらすじやキャストなどについてご紹介しますね。

スポンサーリンク

4号警備とは

原作は、宇田学さんで「ボーダーライン」や「99.9-刑事専門弁護士-」が有名ですよね。主演は、窪田正孝さんで窪田さんの相棒として北村一輝さんが出演しています。そして脇をしっかりと固めているのが、片岡鶴太郎さんと木村多江さんですよ。

放送開始日は、4月8日の土曜日で放送時間は20時15分からで放送回数としては全7話となっています。

4号警備

ちなみに「4号警備」というドラマのタイトルにもなっているものは、どんな警備を言うのでしょうね。警備の内容としては、次のように第1号から第4号までの4種類の業務があるようですよ。

1号警備というのは、公共の場での放火や盗難などの事件を未然に防ぐという仕事で、万引きGメンなどがそうです。

また2号警備というのは、交通整理などのような未然に道路上での事故を防ぐ仕事となっています。

3号警備は、強盗などの事件を高価な品物や現金などを輸送する時に未然に防ぐ仕事となっています。

4号警備というのは最も4種類ある警備業務のうちでも危険な任務を担当することになります。それは、一般的にボディーガードといわれている命の危険にさらされているような対象者を守る仕事なのです。当然のことですが、

命懸けでしなければいけない仕事となります。

このような4号警備は、現在では重要性が警察や民間の警備会社でも年々増しているそうです。

というのも著名人は、様々な形で警備を受けているのですがSNS上でも脅迫を受けたり、実際上の脅迫がエスカレートして危害を加えられるというケースが多くなっているからです。



スポンサーリンク


あらすじとは

主人公の若者である朝比奈は、警察官を辞めたのですが抜群の運動神経や警察官時代に培った経験を活かしたいと考えていました。そこで「ガードキーパーズ」という民間警備会社に警備員として再就職します。

4号警備

その会社での朝比奈に与えられた仕事は、4号警備というは命の危険を伴なうものでした。そして依頼対象の警備を石丸という中年男性と一緒に担当するという事になりました。

石丸は、元経営者という経歴を持っていますが見た目はイマイチという感じです。

警備員という仕事ですが、石丸は小心者なので朝比奈も愛想が尽きています。そこで、朝比奈は頼れる先輩である池山という男性に石丸とのコンビの解消をお願いしますが、却下されます。

その後も事あるごとに朝比奈と石丸は衝突し水と油という感じです。そのような状態なので、2代目「ガードキーパーズ」の社長である本田からコンビを2人が組む事に問題があるのではないかと疑問が投げかけられるという始末です。

このような二人も今後の展開では、ブラック企業で世間から非難されている社長や市長選に出馬する予定の女性、また視力を突然失ってしまった男性などを担当します。

このような様々な依頼者の行き方に触れることでボディーガードという仕事を通して朝比奈と石丸コンビが今後の社会の未来像をみせてくれます。

第1話あらすじ

上司の池山には朝比奈と石丸のコンビ継続に何かしらの思惑を持っているようです。朝比奈と石丸コンビがいつまでも意見が合わない状態の中1件の依頼が舞い込むのです。

依頼者したのは、上野という女性です。彼女は、ストーカー被害に遭っていることで今後も危害をストーカーから加えられるのではないかと不安に思っているのです。そこで民間警備会社の「ガードキーパーズ」に相談へやってきたというわけです。

この上野の依頼である仕事を朝比奈と石丸コンビが、受ける事になりました。上野のボディーガードをしながら警備中に上野の生き様が垣間見えるようになります。

そして彼女を知るにつれ、朝比奈は自分が背負っている過去と上野の生き様などを重ね合わせて考えるようになるのです。

4号警備登場人物とキャスト

朝比奈隼人役の窪田正孝

窪田正孝

出典:http://top.tsite.jp/

朝比奈は、命の危険が伴う4号警備を担当している民間警備会社「ガードキーパーズ」の社員です。元警察官なのですが、警察をある事情で辞めたために警備会社に再就職しました。

身体能力に優れ若者らしいノリの良さを持っていて性格は明るいのですが、石丸という気が合わない相手とコンビを組む事には違和感を覚えています。

演じる窪田正孝は、1988年生まれで「De☆View」のオーディションを母の勧めで受けスターダスト・プロモーションへ入りました。

2006年にいきなり初ドラマである「チェケラッチョ!! in TOKYO」、フジテレビ系ドラマで主演としてデビューしました。

2014年の「花子とアン」というNHKの朝の連続ドラマで知名度が上がります。「デスノート」など多数の作品にそれ以降も出演し、その外見とは違って筋肉質の体格です。

2015年には、「Yahoo!検索大賞」やオリコンスタイルの「2015ブレイク俳優」も受賞しています。

石丸賢吾役の北村一輝

北村一輝

石丸は、その慎重過ぎる態度から臆病者と言われている元社長で会社経営をしていた冴えない中年男性です。

演じる北村一輝は、1969年生まれです。俳優を目指して19歳の時に上京したのですが挫折し、海外を4年間放浪していたという経歴の持ち主です。

しかし再度俳優を目指して活動していたところ、ドラマ「キモチいい恋したい!」で1990年にデビューすることができました。

「あなたの隣に誰かいる」で2003年に知られるようになると役作りなどに対しての意気込みが凄く、前歯を抜いて役を演じきったということもありました。

池山幸雄役の片岡鶴太郎

片岡鶴太郎

出典:http://girlschannel.net/

池山は、「ガードキーパーズ」での朝比奈と石丸の上司です。なかなかしっくりとこないコンビの朝比奈と石丸ですが狙いがあって二人を組ませています。

片岡鶴太郎は、1954年生まれでお笑い芸人、俳優、歌手、画家、プロボクサーと多才な能力を発揮しています。俳優としてのデビューは、1987年にNHK連続テレビ小説「チョッちゃん」に出演した頃です。

しかし1993年のフジテレビ系列の「お笑い大集合」が実質的なデビューとも言われています。その後も「オールナイトフジ」や「オレたちひょうきん族」などで大人気となりました。

俳優としては、「終着駅シリーズ」の牛丸刑事役や「季節はずれの海岸物語」「太平記」など数知れない作品に出演しています。

NHKでも「とと姉ちゃん」や「軍師官兵衛」、「篤姫」などの人気作に出演しています。

本田薫役の木村多江

木村多江

本田は、警備会社ガードキーパーズの先代から経営権を引き継いだ2代目となる女社長です。彼女は、朝比奈と石丸がコンビを組んでいる事に対して疑問を持っておりコンビとしての仕事を危ぶみ信頼していないという設定です。

木村多江は、1971年生まれで日本舞踊の松本流の名取の資格をもっています。1995年に「美少女戦士セーラームーン」の舞台でデビューしました。1996年にテレビ朝日系の「炎の消防隊」がテレビドラマでは最初となります。

その後は、「らせん」、「リング」の山本貞子役や「大奥」、「救命病棟24時」そして「白い巨塔」などの多くの作品に出演しています。

「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」というCNNから評価された一人です。

NHKでは、ヒロインの母親役の小橋君子を「とと姉ちゃん」で好演しました。

上野由宇役の阿部純子

阿部純子

上野は、「ガードキーパーズ」にストーカー被害に悩まされているために警備を依頼してきた女性です。そして朝比奈と石丸コンビが警護にあたることになります。

阿部純子は、1993年5月7日生まれで、大阪府の出身で「2つ目の窓」という河瀨直美監督が手掛けた映画で、サハリン国際映画祭・主演女優賞を受賞しました。映画「リアル鬼ごっこ2」にも出演した実力派女優で国際的にも有名です。

ドラマでは、「理想の息子」や「とと姉ちゃん」では池山役で登場し、片岡鶴太郎さんや木村多江さんとも共演を果たしています。

金沢茜の濱田マリ

濱田マリ

独特な存在感を放っている「スカッとジャパン」に登場するお金に汚いという設定のオバさん役です。今のところ警備の依頼者として出演するという事が予想されているのですが、どのようなキャラクターを演じるのか分かりません。ただ「4号警備」でも印象に残るキャラクターを演じることだと思います。

濱田マリは、 1968年12月27日生まれで兵庫県神戸市の出身です。代表作には、ドラマで「菊次郎とさき」や「マッサン」、「アンフェア」、「重版出来!」などに出演しています。

遠藤恵輔役の高木渉

高木渉

出典:http://storage.mantan-web.jp/

高木渉は、1966年7月25日生まれで千葉県君津市の出身です。ベテラン声優として、「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男役や「名探偵コナン」の高木刑事役などを演じて人気アニメには欠かせない存在です。

ドラマデビューを大河ドラマの「真田丸」で小山田茂誠役として果たし、今回の「4号警備」への出演となっています。

山田剛志役の神戸浩

神戸浩

出典:http://mizuki2004.exblog.jp/

神戸浩は、1963年5月28日生まれで、愛知県名古屋市の出身です。映画作品では、山田洋次監督のものに数多く出演し「男はつらいよ」や「たそがれ清兵衛」、「学校2」では日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞しました。

また「テルマエ・ロマエ」や「ALWAYS 三丁目の夕日」などの大ヒット映画にも名脇役として出演しています。

松下楓役の久保田紗友

久保田紗友

出典:http://kubotasayu.com/

久保田紗は、 2000年1月18日生まれで、北海道の札幌市の出身です。

映画では、「アゲイン 28年目の甲子園」や「疾風ロンド」、ドラマでは「運命に、似た恋」や「神様のイタズラ」、「三人のクボタサユ」などに出演しています。

朝ドラの「べっぴんさん」では、五月役としてヒロインの娘の坂東さくらが家出した時に知り合う少女役として出演しました。

江本六郎役の麿赤兒

麿赤兒

出典:http://camelarts.dairakudakan.com/

麿赤兒は、1943年2月23日生まれで石川県金沢市の出身です。

ベテラン俳優で、威圧感十分な演技がおなじみで代表作には、ドラマの「太平記」や「篤姫」、「軍師官兵衛」、「武蔵」などがあります。

「4号警備」の見どころとは

宇田学さん作のオリジナルストーリーということもあり、かなり期待ができるドラマですよ。認知度が世間的には低い用語ですから、この機会に4号警備という仕事がどのようなものなのかを知る機会にもなりますね。

またキャスティングが見事な組み合わせで豪華ですので、短時間のドラマ設定で勿体ないという感じです。でも見所満載ですから、楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す