女囚セブンのロケ地の刑務所はどこ?撮影場所は茨城?メインキャストも!

この記事は約3分で読めます。

 

剛力彩芽さんがまさかの囚人役?。そのほか、山口沙也加さん・トリンドル玲奈さんなど人気清純派女優が囚人役で登場!清純派もいいけど、やさぐれた剛力彩芽さんを見てみたいという人は必見!

スポンサーリンク

女囚セブンは過去を秘めたそれぞれのキャラクターを有名人気女優が演じる刑務所”コメディー”ドラマ。ドロドロ愛憎ドラマではなくコメディーと銘打ったこのドラマはどこへ向かっていくのか、楽しみです。
 
2017年4月21日より、金曜ナイトドラマ枠で放送開始。
 
ドラマ『特命係長 只野仁』も放送されていた深夜枠で、豪華主演女優達7人による”囚人”達によるプリズンドラマ。

女囚セブンは刑務所を舞台としたドラマでは数少ないであろう女性囚人が主人公のドラマ。その囚人役を演じるのは人気女優7名と脇を固める俳優陣も豪華で、週刊ドラマではな2時間ドラマのような豪華なメンバーとなっている。

神渡琴音役:剛力彩芽

剛力彩芽

出典:http://girlschannel.net/

グ・ラ・メ!~総理の料理番~(同局)やドクターカー(読売テレビ)でおなじみの剛力彩芽さんが、2017年2本目のドラマはなんと囚人役ということで、今年も話題をさらっていきそうな予感をさせます。

剛力彩芽さんが演じる神渡 琴音は、謎多き京都の舞妓で無実の罪で収監されることになってしまう。

そして、送り込まれた刑務所では女囚のトップの座を狙い壮絶なバトルを繰り広げていた。

無実の罪とはいえ収監されてしまった琴音は、このバトルの中でトップへと上り詰めれるのであろうか。

楠瀬司役:山口沙也加

山口 沙也加

福岡県出身の山口 沙也加さんは大河ドラマ 女城主 直虎(なつ役)やのだめカンタービレ 最終楽章前編の並木ゆうこ役など、ドラマには欠かせない女優さんのひとりです。

山口沙也加さんが演じる楠瀬 司は、極度の潔癖症で宝塚の男役のような仕草やそのスタイルの良さで男装の麗人と呼ばれている。

政治資金規正法違反と詐欺罪で服役し、多くを語らないためか謎が多い政治秘書である。

”ヅカ”というあだ名もあり一目置かれる存在で、政界にコネが欲しいのであれば彼女をおいて他にはいないというほどである。

市川沙羅役:トリンドル玲奈

トリンドル玲奈

出典:http://matomeyomi.blog.so-net.ne.jp/

オーストラリア出身でドイツ系の父親と日本人の母のハーフである玲奈さんは、国際基督教大学・慶応義塾大学を卒業とハーフと高学歴を併せ持ったハイスペック女優でもあり、

ドイツ語・英語・日本語のマルチリンガルなことがより彼女を魅力を高めている。

そんな彼女が演じる市川 沙羅は元ヤンでシングルマザーという、似ても似つかない役となっている。

今作では、雑居房で最年少でDV夫から子供をかばい夫を殺めてしまったという、正当防衛に妥当ともいえるのだが、なぜか雑居房に入れられているという複雑な役柄である。

このほかにも、有名な人気女優がまさかの囚人役を演じています。ここで紹介していない女優さんは、本作をご覧いただき驚きとともにドラマを楽しんでいただければと思います。

この作品の登場人物のほとんどが、裏で何かを画策しています。脚本は『民王』の脚本でおなじみの西萩弓絵さん。ということで、否応なしに期待してしまうのもうなずけます。

女囚セブンのロケ地

水戸刑務所
出典:http://hitachinaka.seesaa.net/ 

公式には発表されていないものの、エキストラ募集などを見るに茨木県利根町HPのロケ情報が公開されていることやFacebookの目撃情報から、利根町近郊の刑務所といえば必然的あの場所となります。

水戸刑務所です。

多数のドラマのロケ地となっている茨木県。特に利根町は昭和の時代から撮影といえば茨城県というイメージが私の中ではあります。首都圏からも近くアクセスも良く上質な環境があることも撮影場所に選ばれるひとつなのかもしれません。

でも、会いたいからとロケ地に行き邪魔になってしまってもいけないので、行っても遠くから優しく見てあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す