関東地方のおすすめ観光スポット130選【穴場・日帰り・ デート・GW】

この記事は約11分で読めます。

 

関東地方の観光スポット。有名・穴場含めて紹介します。

日本一の情報量です。

スポンサーリンク

茨城県観光スポット18選

茨城県庁展望ロビー(水戸市)

茨城県庁

茨城県庁の25階、地上100メートルにある「茨城県庁展望ロビー」。
平日・休日共に、入場料無料で入ることができる、水戸市の穴場的スポットです。

ロビーからは水戸市街を一望することができます。
また、カフェも併設されており、景色を楽しみながら、茨城名物のけんちんそばなども食べられます。

展望ロビーは夜20時まで開放されているので、夜に訪れて、ロマンティックな夜景デートを楽しむのもおすすめです。

茨城県庁展望ロビー情報サイト

茨城県立歴史館(水戸市)

茨城県立歴史館

見事な銀杏並木が有名な「茨城県立歴史館」。茨城県指定文化財の旧水海道小学校本館を始めとし、旧茂木家、旧水戸農業高校など、歴史を感じさせる建物が敷地内に点在しています。

本館では、茨城の原始・古代から近代史までの歴史を紹介する常設展や、さまざまな特別展などが開催されており、郷土の歴史を深く学ぶことができます。

デートで訪れるのにおすすめなのは、やはり秋。
一面黄金色に色づいた銀杏並木はとても美しく、まるで映画のワンシーンに迷い込んだかのような気分を味わえます。

茨城県立歴史館公式サイト

茨城県近代美術館(水戸市)

茨城県近代美術館

flickr photo by Yuko Honda

「茨城県近代美術館」は、千波湖畔にある美術館です。

近代日本画壇の巨匠・横山大観の作品を始めとして、小川芋銭(おがわうせん)、中村彜(なかむらつね)など、茨城にゆかりのある作家たちの作品を多く収蔵しています

敷地内には中村彜のアトリエを忠実に再現した建物もあり、一歩足を踏み入れると、当時の雰囲気をリアルに感じることができます。

また、モネやルノワールなど海外の美術作品も、季節ごとに内容を変えて展示されており、いつ訪れても見応えたっぷりのエリアとなっています。

アートな気分にどっぷりと浸ることができる、おすすめのデートスポットです。

茨城県近代美術館公式サイト

保和苑(水戸市)

保和苑

flickr photo by wonderstory

水戸市であじさいと名所といえばこの「保和苑」です。
地元・水戸市民が選ぶ「新水戸八景」にも選ばれた、水戸市を代表する名勝の一つです。

水戸黄門の異名で知られる、かの徳川光圀公も愛した純日本庭園に、約100種6000株のあじさいが植えられています。

青や紫などのあじさいが辺り一面を彩る景色は圧巻のひと言です。

初夏には水戸のあじさいまつりも催され、多くの観光客が訪れます。

あじさい以外にも、桜やつつじ、もみじなど、苑内にはさまざまな植物が植えられており、いつ訪れても季節ごとの花々を楽しむことができる場所です。

保和苑公式サイト

茨城県フラワーパーク(石岡市)

45d4a5cb63b40fc9b65eacfce0908dd6_s

茨城県フラワーパークは、約30ヘクタールの敷地に、バラ園やボタン園、アジサイ園、ダリア園などがある花の楽園です。
フラワードームにはベゴニアやハイビスカスなど、熱帯地方に生育する花々も展示されています

おすすめの季節はバラが開花する5月下旬から6月下旬と9月下旬から11月上旬。
800品種3万株ものバラが咲き乱れる光景は、華麗な美しさにあふれています。

また、併設されている「ふれあいの森」では、スポーツスライドやフラワーサイクルといったアクティビティも楽しめます。

茨城県フラワーパーク公式サイト

こもれび森のイバライド(稲敷市)

こもれび森のイバライド

出典:http://iko-yo.net/

民間企業、ファームが経営するテーマパークで、「こもれび森のイバライド」は、江戸崎の特産物、かぼちゃを意味するフランス語です。

園内は、青空市場のある門、レストランやバーベキューハウス、輸入雑貨店のある街、ドッグランエリアもある広場の芝、ソーセージやミルクなどの工房のある村、遊具施設のある遊、羊小屋のある愛の、6つのエリアで構成されています。また、中央部にはボート池があります。

食の体験コーナーやクラフト体験コーナーがあります。食の体験ではピザ、アイスクリーム、クッキー、成形パンなどが体験できます。お子様と一緒に食べ物を作る楽しさを知るのにオススメです。

クラフト体験では、レザーアクセサリーや絵付け体験、キャンドル作りなども体験できます。牛の乳しぼり体験や小動物と触れ合う場所もあり、小さなお子様でも楽しめるのが嬉しいですね。

愛犬家のカップルなら、犬と一緒に楽しめる公園です。

JR常磐線牛久駅より車で20分のところにあります。鉄道とタクシーを利用して、東京都心から約80分、路線バスとタクシーを利用して、成田空港から約70分と、東京からでも日帰りできる距離です。入園料は大人1,000円です。

こもれび森のイバライド情報

国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)

国営ひたち海浜公園

出典:https://www.ibarakiguide.jp/

ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある国営公園です。

どのサイトを見ても、この公園の広さを「200ヘクタール」という日本人にはなじみの薄い単位で表記されています。ちなみに平方メートルに換算するとなんと200万平方メートルになります。

ここは水戸陸軍飛行学校、陸軍水戸飛行場の跡地で、第二次世界大戦後はアメリカ軍水戸射爆撃場]として利用されていました。現在、東京ディズニーランドの5倍の面積の広大な敷地のうち、約半分が公園として利用されています。

思わずため息が出る広さですが、もちろんレンタルサイクル、電動アシスト自転車やペットと一緒に乗れる自転車そして園内を回るシーサイドトレインと、充実しています。

茨城県内の花の名所のひとつで、4月頃はスイセン、チューリップ、5月頃はネモフィラ、10月頃はユキアが見ごろです。

園内は、フラワーガーデンのある西口エリア、アカマツとクロマツの里山である樹木エリア、みはらしの丘のあるみはらしエリア、草原エリア、グラスハウスから太平洋が見える砂丘エリア、噴水のある南口エリア、ゴルフガーデンのあるプレジャーガーデンエリアの、7つのエリアで構成されています。

最寄り駅は勝田駅で、ここから茨城交通のバスに乗り、約20分のところにあります。東京駅八重洲南口からの高速バスに乗ることもできます。入園料は大人410円。

「全部網羅したい!!」そんな方達には、この公園の10km圏内には宿泊施設も沢山あるので、是非利用して2日かけて園内を楽しむのも良いかもしれませんね。

ぜひ一度カップルで訪れて、広大な自然を楽しみましょう。

国営ひたち海浜公園HP

アクアワールド茨城県大洗水族館(東茨城郡大洗町)

アクアワールド茨城県大洗水族館

出典:http://blueactions.org/

アクアワールド大洗は、茨城県東茨城郡大洗町にある、太平洋に面した、全国でもトップクラスの大型水族館です。正式な名前は、アクアワールド茨城県大洗水族館です。従来の大洗水族館を大規模にニューアル、博物館や科学館的な展示手法を採り入れた、海の総合ミュージアムです。

延床面積は約19,800平方メートルで、鉄筋コンクリートの5階建です。7階建になっているところもあります。展示水槽水量は約4,100トンで、60の展示水槽には、大洗沖の身近な魚貝類から世界中の海の生物まで、約580種、6満8,000点が展示されています。

館内には、コンセプトの異なる7つのゾーンがあります。中でも一番の見どころは「出会いの海ゾーン」にある、茨城の海を再現した「出会いの海の大水槽」。水量1300トンの大水槽には、地元・大洗の魚たちが多数展示されています。

また、「暗黒の海ゾーン」で見られる神秘的なクラゲ水槽や、「世界の海ゾーン2」で出会えるラッコやアザラシなどの愛くるしい海獣たちも女子に人気です。

シンボルマークのサメに力を入れて飼育しているのが特徴です。そのほか、日本一大きいマンボウ専用水槽や世界最大級のマンボウ剥製などで有名です。

ここはまた、また日本で最初にペンギンショーを行った水族館としても知られています。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線大洗駅からバスで15分のところにあります。入場料は大人1,800円です。

ぜひカップルで訪れて、巨大マンボウの剥製に会ってみましょう!

アクアワールド大洗HP



スポンサーリンク


袋田の滝(久慈郡大子町)

袋田の滝

出典:https://www.ibarakiguide.jp/

高さ120m幅70mで岩壁は4段になって落ちるこの滝の迫力は圧巻です。

過去には、日本の滝百選の人気投票では1位を取った輝かしい功績は茨城県の自慢の観光スポットの一つです。

また、四季のよって別々の顔を見せることから、全ての季節に見ないと本当の良さが分からない・・・と西行法師がその昔言ったとされる説もあります。

春には雪解けの若々しく勢いのある様子。夏には太陽の光を浴びて水しぶきをあげる様子は見ている人に涼感を与え、秋は紅葉と滝の織りなす風景は息をのむようです。

そして、冬には運がよければ凍結の滝を見ることができます。

滝マニアの方はもちろん、滝に興味を持ち始めた方は是非おススメしたい場所です。

袋田の滝HP

霞ヶ浦(土浦市、鹿島市)

霞ヶ浦

出典:http://www.ibarakiguide.jp/

霞ヶ浦は県全体の面積のなんと1/3以上も占めており、時間、季節によって様々な風景が訪れる人達を魅了してくれます。

おススメは遊覧船に乗って、初日の出や天気の良い日は男体山や富士山を見ることもできます。また、夕方には湖面に沈む夕日を眺めセンチメンタルに浸るのも良いのではないでしょうか。

また、釣り場としても人気でワカサギやコイ、ハゼなどが連れ、冬には多くの渡り鳥が飛来する姿も見られます。

霞ヶ浦観光情報

竜神大吊橋(常陸太田市)

竜神大吊橋

出典:http://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/

鋭く切り立つV字形の渓谷に掛けられた竜神大吊橋は、眼下に流れる竜神川と左右見渡せる山々が絶景として、多くの観光客が訪れます。

全長は446mもあるため、様々な自然条件に耐えられるよう頑丈な造りになっており、一度に3500人が渡れるような設計になっています。

イチオシの季節は紅葉の時期で、橋から見渡す赤・黄・茶のコントラストは、目に焼き付くこと間違いなしです。

勇気のある方は、この橋からのバンジージャンプにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

竜神大吊橋HP

筑波宇宙センター(つくば市)

筑波宇宙センター

出典:http://www.kita-colle.com/

宇宙に関心を持つ人又はお子様連れにはここを体験してほしい!

日本が誇る「宇宙航空研究開発機構JAXA」はここ筑波に1972年に開設し、宇宙マニアなら知っている茨城を代表するスポットの一つでしょう。

予約は必要ですが、「施設見学ツアー」「宇宙飛行士コース」「ロケットコース」が全て無料です。

お子様の夏休み研究の題材としても人気で夏シーズンは混雑しているので、今の時期が狙い目でしょう。

筑波宇宙センター情報サイト

高崎自然の森(つくば市)

高崎自然の森

出典:http://s.webry.info/

自然に囲まれた場所でリフレッシュしたい女子におすすめなのが、高崎自然の森です。

高崎自然の森は「四季の森」「野鳥の森」「水辺の森」など6つの森から構成された広大な森林公園で、園内にいくつも設けられた散策路では、野鳥のさえずりや森林浴を楽しめます。

見どころはたくさんありますが、中でも4月になると一面に芝桜や八重桜が咲く「ほのぼの広場」はおすすめです。名前の通り、春の色に彩られた景色にほのぼの気分を味わえます。

6月中旬~8月中旬の期間は、毎週土曜日にブルーベリーの販売や摘み取り体験も開催され、甘酸っぱいブルーベリーを味わえます。

高崎自然の森情報サイト

那珂湊おさかな市場(ひたちなか市)

那珂湊おさかな市場

出典:https://www.ibarakiguide.jp/

那珂湊おさかな市場は、那珂湊漁港前に11店舗が軒を連ねる人気の市場です。

市場では那珂湊の海で穫れた新鮮な魚介を買うことができます。冬場にはアンコウなど、普段なかなか手に入らない魚も店頭に並びます。コラーゲンたっぷりのアンコウ鍋は女子に嬉しい一品ですよね♪

スーパーなどで買うよりもお得な値段で良質の魚介が手に入るとあり、週末には行列が出来るほどの盛況ぶりです。食事処も充実しており、海の幸をふんだんに使った海鮮丼や寿司などが食べられます。

那珂湊おさかな市場HP

偕楽園(水戸市)

偕楽園

出典:http://www.mitokoumon.com/

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と共に、日本三名園の一つに数えられる景勝地です。約100品種3000本の梅は、偕楽園のシンボルとして全国的にも有名です。

人気の梅まつりは、毎年2月20日から3月31日の期間に開催されます。期間中は、野点茶会や野外琴の会などが行われ、雅な雰囲気を味わえます。

また、桜やツツジ、萩などの花が咲く季節もそれぞれに美しく、季節を変えて何度でも訪れたくなる魅力にあふれています。

日本らしい風情を味わいたい女子にぴったりのスポットです。

偕楽園HP

筑波山(つくば市)

筑波山

出典:http://www.mt-tsukuba.com/

標高877メートルと日本百名山の中で最も標高の低い筑波山は、筑波山地の最高峰です。男体山と女体山の二峰からなり、気軽にハイキングが楽しめる山として人気を集めています。山腹からはロープウェイやケーブルカーが運行されており、景色を楽しみながら山頂を目指すこともできます。

もちろん登山道も整備されているので、足に自信のある人は登山コースに挑戦してみるのも良いですね。初心者には、つつじヶ丘から酒迎場分岐を結ぶ迎場コースや、つつじヶ丘から弁慶茶屋跡を結ぶおたつ石コースがおすすめです。

登山の前にはつつじヶ丘ガーデンハウスで腹ごしらえすることもできます。

筑波山HP

ミュージアムパーク茨城県自然博物館(坂東市)

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

出典:http://kagakusukimono.blog74.fc2.com/

恐竜大好きな子供達にオススメのパークです。小学生向けのイベントが盛りだくさんで親子で楽しめるイベントもあります。ミクロの生き物探検やふたご座流星群を探そうなど楽しいイベントが盛りだくさんです。

夏には理科の自由研究の手助けになるイベントがあったりと季節を問わずに楽しめるのがいいですね。

今住んでいる地球がどうやって私達が住めるようになったのかを展示を見ながら理解することができたり、現在のイベントでは、くらしの中の動物達ということで普段嫌われてる生き物達の真の姿を学ぶこともできます。

私達の知らない世界を話からいやすく学べる楽しい施設です。ガイドツアーなどもあるのでより楽しめるサービスが充実しています。

大人も子供も楽しめる施設ですよ。小学生向けの学習イベントが多くあるのが特色です。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館HP

ダチョウ王国(石岡市)

ダチョウ王国

出典:http://dacho.co.jp/

ダチョウが近く見られます。

ダチョウ以外の様々な動物と触れ合い体験もできます。モルモット、ポニー、ひよこ、ヤギなどの餌やり体験などもできますよ。その他BBQ体験ができたり、6月頃はブルベリーの摘み取り体験などもできます。

ダチョウがとても近い所で見られるのが面白い所です。軽食などを購入する事で牧場でピクニック気分で食べられるのもいいですね。大自然での食事も楽しいものです。

ダチョウ王国HP

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す