中部信州地方のおすすめ観光スポット【穴場・日帰り・ デート・GW】

この記事は約10分で読めます。

 

中部信州地方で、お勧めの観光スポットをF紹介します。

日本一の情報量を目指しています。

スポンサーリンク

愛知県観光スポット16選

蒲郡竹島(蒲郡市)

蒲郡竹島

出典:http://www.city.gamagori.lg.jp/

愛知県蒲郡市にある蒲郡竹島は、約300メートルの長い橋を渡って、陸から直接行くことのできる島です。

この橋は縁結びの橋と呼ばれています。カップルで歩くときは手をつなぎ、縁が切れないように気をつけてください。

この橋には、冬になるとシベリアからユリカモメなどの渡り鳥も飛んでくるそうです。

島の真ん中には、日本七弁財天のひとつ、八百富神社があります。この神社には、開運、安産、縁結びの神様が祭られています。蒲郡竹島は、小さい割には草や木が密生して常緑樹が多く、対岸にあるクロマツ林と対照的な景色です。

島はタブノキやモチノキなどの照葉広葉樹に覆われており、波打ち際の急な斜面にはマサキ、トベラなどの低木の群落があり、高木の下にはヤブソテツやツワブキなどの蔓植物が茂っています。

陸地に近いのに、植物区系が違う島は非常に珍しいそうで、国の天然記念物に指定されています。

最寄駅は蒲郡駅で、そこからバスで5分、徒歩では15分のところにあります。

縁結びの橋、手をつないで二人で渡ってみましょう。

蒲郡竹島HP

サツキとメイの家(長久手市)

サツキとメイの家

出典:http://guide.travel.co.jp/

サツキとメイの家は、アニメ映画『となりのトトロ』に出てくるサツキとメイという姉妹の家です。愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園にあります。2005年の愛知万博で人気のあったパビリオンです。

伝統的な日本の木造住宅に洋風二階建部分がくっついた家で、昭和10年ころの建築という設定で作られています。家の中も映画の中の状態が再現されているそうです。

内部には和室が3つ、洋室が1つ、屋根裏部屋に台所、風呂、便所があり、窓ガラスや風呂釜なども当時の雰囲気にするため、工夫が凝らされているそうです。

最寄駅は愛・地球博記念公園駅で、ここから徒歩15分のところにあります。

カップルで、隣のトトロの家を訪ねてみましょう!

サツキとメイの家HP

お菓子の城(犬山市)

お菓子の城

出典:https://inuyama.gr.jp/

お菓子の城は愛知県犬山市にあるお菓子のテーマパークです。運営しているのはお菓子メーカーの竹田製菓です。

お菓子の城では、クッキー作りやビスケットでアート作りを体験したりできます。体験するには別料金800円が必要ですが、自分が作ったものは持ち帰りできます。ドレスをレンタルして、お姫様気分を味わうこともできるそうです。

世界でひとつしかないドーナツを30分でデコレーションするサービスもあります。その場で食べても、持って帰ってもいいそうです。

最寄駅は名鉄犬山線江南駅。ここから車で約20分のところにあります。入城料金は大人1,200円です。お菓子の城で二人でお菓子を作り、レンタルドレスでお姫様になり、…。素敵なデートが楽しめそうですね。

お菓子の城HP

サンテパルクたはら(田原市)

サンテパルクたはら

出典:http://www.jalan.net/

渥美半島の田原市にある農業用のため池である芦ヶ池のほとりに農業公園が整備されていて、サンテパルクたはらという愛称がつけられています。サンテはフランス語で健康という意味の言葉であり、健康と農業をテーマにしたさまざまな体験ができる施設です。

ウサギやニワトリなどの動物にふれあえるコーナーや、ウインナーづくりやパンづくりが体験できる工房もあります。

特に地元産品を販売するコーナーでは格安の野菜などが売られていて多くの買い物客でにぎわっています。また、地元産の食材を活かしたレストランも人気です。

入園は無料です。園内には四季の花が植えられているので散歩がてら気軽に立ちよれそうです。

サンテパルクたはらHP

阿寺の七滝(新城市)

阿寺の七滝

出典:http://www.360navi.com/

阿寺の七滝(あてらのななたき)は、新城市を流れる阿寺川の上流部にある滝です。

その名のとおり階段状の流れが7段となっています。全体で7段になっている光景も見事ですが、滝壺の一部には甌穴(おうけつ)という水流が形成する穴があるなど、それぞれの滝にも面白みがあります。

天竜奥三河国定公園に指定された地域であり、周囲の森林は奥深い原生的な雰囲気が感じられ、夏でもひんやりとしています。愛知県内で唯一、日本の滝100選に選定された滝です。

このような自然美と地形的な特異性に加えて、文化的な側面も見逃せません。七滝では、陰陽師として有名な安倍晴明が修行したという伝説があります。

また、ここの岩を祀ると子宝に恵まれるという言い伝えもあります。いろいろ盛りだくさんの七段の滝です。

阿寺の七滝HP

おかざき世界子ども美術博物館(岡崎市)

おかざき世界子ども美術博物館

出典:http://kinokosha.exblog.jp/

岡崎市には子どものための参加体験をめざした美術館があります。「おかざき世界子ども美術博物館」では、国内外の絵本、おもちゃや、芸術家の幼少時の作品などが展示されています。こどもたちの感性を刺激し、こどもの豊かな想像力を引き出すのに好適です。

実費数百円でできる工作体験も人気です。缶バッジやレッスンバッグ、キーホルダーなどメニューは多彩です。さまざまな色のウレタンを加工して思い思いの作品をつくることも出来ます。オリジナルの作品をつくる作業は親子でも楽しめます。

屋外には広場や公園もあり、中でもさわって楽しめる芸術家の作品は興味深いです。館内の見学が終わったら外で楽しむのもよいかもしれないですね。入館料は大人300円、こどもは100円です。

おかざき世界子ども美術博物館HP

小堤西池のカキツバタ群落(刈谷市)

小堤西池のカキツバタ群落

出典:http://www.kariya-guide.com/

刈谷市の北部にある小堤西池(こづつみにしいけ)は、日本3大カキツバタ自生地の一つです(他の2つは、京都の大田ノ沢、鳥取県岩美町の唐川)。紫色の花を咲かせるカキツバタは古来、和歌など文学の素材にされてきましたが、開発などにより国内でも自生する場所は少なくなっているようです。

水田潅漑用につくられた池とその周辺、約2万ヘクタールの随所に花が見られ、5月頃、満開となります。他にも貴重な動植物が生息する場所であり、国指定天然記念物となっています。

天然記念物として法的に守られてはいるものの外来植物の侵入などから日本古来の在来種を守るため、地元のボランティア団体が駆除など保護活動を行っています。

春先の開花期カキツバタの開花時期には周辺道路の自家用車の乗り入れを規制し、遊歩道にはボランティアの誘導員が配置されます。

地元の献身的な活動で守られている美しいカキツバタの群落、一度見てみたいですね。

小堤西池のカキツバタ群落HP

小原の四季桜(豊田市)

小原の四季桜

出典:http://4travel.jp/

豊田市の中心部から外れた山間部の小原地区という地域では、年に2回開花するシキザクラが見られます。春と秋の年2回開花するこのシキザクラは全国的にも珍しいですが、特に秋、周囲の紅葉に混じって、桜が開花するのは不思議な光景です。

小原地区の中にはいたるところでシキザクラがみられますが、特に桜のビューポイントとして人気があるのが「小原ふれあい公園」と「川見(せんみ)四季桜の里」です。

「小原ふれあい公園」は普段は地域の人が集う公園で、約300本の桜の樹が植えられています。

また、「川見四季桜の里」には山の斜面を中心に約1,200本の桜が植えられており、開花期には絵に描いたような景色が広がります。一面ピンク色に染まる春先の山と、黄色やオレンジ色に染まった紅葉とのコントラスト、どちらも見応えがありそうです。

中部圏の中心的な存在である愛知県だけに、地元の多くの人が集まる観光スポットが結構あるのですが、全国的にはあまり知られていないかもしれません。

国内でも他ではなかなか見られない風景もありますが、交通アクセスのよい場所も多いので機会があれば是非寄ってみてください。

小原の四季桜HP

南知多ビーチランド(知多郡美浜町)

南知多ビーチランド

出典:http://tabisuke.arukikata.co.jp/

触れ合う事を中心に考えた水族館で、イルカのショーやお魚水槽に実際に手をいれてお魚に自分の手から餌をあげられる施設が充実しており、その他フンボルトペンギンのお散歩ショーなど、近くで動物を見る事が出来る珍しい水族館です。

そこにおもちゃ王国が併設されており600種類以上のおもちゃで遊ぶ事ができ、しかもその入場券はビーチランドと一緒なので、1日中行き来できます。

来年2月迄おもしろ鉄道博が開催されており、電車の運転体験や、駅長さんになりきって写真を撮ったりできたり、電車型のふわふわボールプールで遊ぶこともできます。

南知多ビーチランドHP

リニア鉄道館(名古屋市港区)

リニア鉄道館

出典:http://www.linear-tetsudokan.com/

歴代の新幹線や、リニア車両を含め全39両の実物台の電車が展示してあり、まじかで見学する事が出来でき、一部の車両では、電車の中を見学する事ができる面白い施設です。

日本最大級のジオラマがあり、それを見学するだけでも楽しいし、抽選になってしまいますが、それに当たれば、運転、車掌体験もでるアトラクションもあります。

ミュージアムショップでは、もらってうれしい鉄道グッズが盛りだくさん、電車が大好きなお子様には、たまらない場所になっていますよ。

リニア鉄道館HP

アメイジングワールド大口店(丹羽郡丹羽郡大口町)

アメイジングワールド

出典:http://amazingworldfunabash.blog39.fc2.com/

12歳以下のお子様が楽しめるパークで、思いっきりとびはねられるふわふわワールドや、抗菌砂場、コスプレ写真感、釣り堀、プラレールなど遊べる施設が沢山あり、小さなお子様でも安心して遊べます。

12歳以下のお子様限定なので、大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいないので、赤ちゃんや乳幼児でも安心して遊べるのでお母さん達も安心して遊ばせる事が出来る施設になっています。

室内型遊戯施設なので雨など関係無く遊べる楽しい施設、年齢制限があるので大きなお友達とのトラブルもなく安心できますし、その他カフェスペースもあるので大人もくつろげる場所になっています。

アメイジングワールドHP

名古屋城(名古屋市)

名古屋城

どれだけベタと言われても、名古屋を訪れたら一度は見ておきたいのが名古屋城です。慶弔17年に徳川家康が築城した名古屋城は、金の鯱でも有名な名古屋のシンボル的存在です。最上階は展望室になっており、殿様気分で名古屋の街並みを一望できます。

本丸東側の二ノ丸庭園では桜やアジサイ、キンモクセイなどの花々が季節ごとに景色を彩り、二の丸茶庭では抹茶も味わえます。

名古屋城HP

博物館 明治村(犬山市)

明治村

出典:http://sky.geocities.jp/

文明開化の時代の和洋折衷でハイカラな雰囲気が好き! という女子は少なくないでしょう。そんな明治の文化と空気感を満喫できるのが、博物館明治村です。約100万平方メートルという広い敷地には60以上の建物が並び、中には重要文化財も含まれているなど、見ごたえはたっぷりです。

敷地内のレストランでは明治時代のレシピを再現したグルメも堪能できます。中でもおすすめなのが「明治の洋食屋 オムライス&グリル浪漫亭」の「明治のカレーライス」です。雰囲気のある建物で食べるカレーライスは、その美味しさも格別です。

旅の記念に、明治時代風の衣装を着て写真撮影してみるのも良いですね。明治体験処ハイカラ衣装館では、ドレスや矢絣、袴など、さまざまな衣装で写真を撮ることができます。

博物館 明治村

アウトレットスイーツロピア(北名古屋市)

アウトレットスイーツロピア

出典:https://tabelog.com/

アウトレットスイーツロピアは、作りすぎや形の不揃いなど、正規品としては出荷できない商品をアウトレット価格で購入できるショップです。商品によって異なりますが、大体定価の2割から7割引きで、さまざまなスイーツを手に入れることができます。

もちろん、味や安全性は正規品と何ら遜色ないものなので、安心して食べられます。

店頭に並ぶものはシュークリームやロールケーキなどその時々によって異なりますが、それもまた、「今日はどんなスイーツが食べられるかな?」とわくわくできる要素の一つですよね。女子同士であれこれ買ってみて、食べ比べをしてみるのも楽しいでしょう。

アウトレットスイーツロピアHP

八橋かきつばた園(知立市)

八橋かきつばた園

出典:http://www.hanazakura.jp/

毎年開花の季節になると約3万本のかきつばたが咲き乱れる八橋かきつばた園は、在原業平を初めとし、多くの歌人たちが歌にも詠んだ、由緒ある名園です。

4月27日から5月26日にかけて開催される「史跡八橋かきつばたまつり」には、毎年沢山の人々が訪れて、その時期にしか見られない絶景を楽しんでいます。

品のある紫の花々が地面を埋め尽くす光景は、日本ならではの美しさを感じさせてくれます。

八橋かきつばた園HP

ラグーナテンボス(蒲郡市)

ラグーナテンボス

出典:http://www.walkerplus.com/

ラグーナテンボスは、テーマパークやマーケット、温泉などが楽しめる複合リゾートです。三河湾を望む広大な敷地に点在するさまざまな施設で、リゾートライフを満喫することができます。

伝説の港町をイメージしたテーマパーク「ラグナシア」では、トロッコ型ジェットコースター「アクアウインド」や半屋内コースター「パイレーツブラスト」など、スリル満点のアトラクションが楽しめます。

また、「ラグーナフェスティバルマーケット」内の「おさかな市場」では、新鮮な魚介類を購入したり、味わうことができます。

他にも、タラソテラピープログラムが受けられる「タルゴラグーナ」や天然温泉「ラグーナの湯」など、一日滞在しても遊び尽くせないほど、色々な楽しみ方ができるエリアです。

ラグーナテンボスHP

ページ: 1 2 3 4 5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す