佐々木現はビッグバンのプロデューサーだった!父親も社長?

この記事は約2分で読めます。

 

YGJAPANの元社長である佐々木現容疑者が覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕されました。

佐々木現容疑者がプロデュースしていたのはビッグバンのようです。

スポンサーリンク

佐々木現容疑者はビッグバンのプロデューサー

ビッグバンと言えば、日本のK-POPブームの立役者とも呼べる音楽グループですよね。

佐々木現容疑者とビッグバンの関係は切っても切れない関係で、ビッグバンが日本でブレイクしたのは、佐々木現容疑者が大きく関係していたのです。

佐々木現

出典:https://gqjapan.jp/

佐々木現容疑者は、ビッグバンがデビーする前に韓国のプロダクションの紹介で、ビッグバンと出会いました。

当時、佐々木現容疑者は日本の音楽業界に憂いを感じていました。

ポップスというのは若者を先導して引っ張っていくものなのに、日本の音楽業界を作っているのは中年男性たち。

そんな、日本の音楽事情に佐々木現容疑者は挑戦する決意をしたのです。

そこで、海外の音楽を日本に取り入れるために、韓国に出向き、ビッグバンを見つけました。

bigbang

出典:http://iam-publicidad.org/



スポンサーリンク


彼らのダンスや歌に魅力された佐々木現容疑者は、プロデューサーとしてより1人のファンとしてブレイクする事を確信し、日本での活動においてのプロモーションなどのプロデュースに関わる事になりました。

しかし、日本でビッグバンをプロデュースしようとしたのですが、最初は全然上手くいかなかったようです。

回る会社全てに契約を断られてしまい、一時期はPVの字幕なども自分自身で作成していた事もありました。

しかし、2011年にビッグバンのプロデューサーの仕事を辞める事になりました。

佐々木現容疑者はビッグバンをプロデュースした事で金銭的な成功を得ましたが、ビッグバンと共に夢を追いかけたことで、
音楽を通じて世界中にハッピーな気分をシェアしたいという気持ちはが強くなったそうです。

佐々木現容疑者はMAD MUSICを立ち上げ、社長業を行なっていました。

父も社長をしていた!

佐々木現容疑者の父は佐々木力という名前の方で、元リンクセオリージャパンの社長でもあります。

佐々木力

出典:http://delete-igan.printscreenkey.com/

リンクセオリージャパンはユニクロを経営しているファーストリテイリングの完全子会社で、ファーストリテイリンググループに属する会社でもあります。

リンクセオリージャパンは1997年に設立された「セオリー」というブランドを、日本で販売する会社です。

2003年にファーストリテイリングと共同でセオリーを買収してから上場していた時期もありましたが、ファーストリテイリングの完全子会社になった事で上場も廃止となりました。

国内と海外に510店舗もある会社なので、ファッションに興味のある人であれば、一度は店に足を運んだ事があるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

スポンサーリンク

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す