渋谷恭正の顔写真や住所!嫁や子供の名前などの家族情報は?

この記事は約1分で読めます。

スポンサーリンク

 

千葉女児殺害事件の容疑者が逮捕されました。

名前は渋谷恭正容疑者と言います。

現時点で、判明しているだけの情報を記載します。

スポンサーリンク

渋谷恭正容疑者の顔写真や住所

まず、以下に渋谷恭正容疑者の顔写真を載せておきます。

渋谷恭正容疑者

渋谷恭正容疑者は被害者であるレェ・ティ・ニャット・リンちゃん通っていた小学校のPTAの会長を務めていた事が判明しています。

PTAの会長という役職の立場から、レェ・ティ・ニャット・リンちゃんの行動などを調べる事は容易だったことでしょう。

渋谷恭正容疑者の住所ですが、千葉県松戸市六実2-78-3に住んでいることは判明しました。



スポンサーリンク


渋谷恭正容疑者の嫁や子供の家族は?

渋谷恭正容疑者に家族はいません。
独身です。

しかし、同居の女性と息子と娘の2人の子供がいます。

子供の写真をゲットしました。
プライバシー保護のため、モザイクで隠しております。

澁谷恭正子供

名前は息子が「ひりゅう」、娘が「あやか」というようですね。

以下に、渋谷恭正容疑者のFacebookのプロフィールを紹介しておきます。

f1fd20e4

離婚歴があると書いてあるので、前述の子供は前の奥さんとの子供でしょう。
そして、同居人の女性というのは、現在の彼女だと思われます。

情報が追加次第、追記いたします。

⇒渋谷恭正は保育士関連の仕事で前科持ちだった!内部告発内容とは?

⇒渋谷恭正はサイコパス?ボランティアをする性格でアケカス!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

7 Responses to “渋谷恭正の顔写真や住所!嫁や子供の名前などの家族情報は?”

  1. しゃち犬 より:

    こういう社会のクズはとりあえず死刑か死にたくなるくらいの拷問の上に一生光の当たらないとこに閉じ込めて病気になって死んだ方がいい。
    日本は刑が甘すぎる。
    人殺しは絶対死刑くらいやんないと犯罪減らないよ。

  2. 仕事人 より:

    澁谷容疑者の子供は、生涯孤独になるでしょうね!
    いっそのこと家族心中でも図ったほうが幸せかと!
    子供が大人になったらまともな職業にはつけないでしょう!
    日雇い配管屋とかどかたとか、展示会とかに来てる日雇い大工みたいになるしかないでしょうね!

  3. 匿名 より:

    こいつの子を同じ目に合わせたら被害者の気持ちがわかるんでは?

  4. 匿名 より:

    名前を変えて、知らない土地を転々とし続けても、「親の因果が子に報い」となるのは必定かと・・・・・・。

    何処に行こうと「ロリコンの子」、「人殺しの子」と蔑まれ、凄惨極まる人権無視のいじめは勿論、顔が良ければそれが災いして性的ないじめに波及するでしょうね。

    個人的な感情としては、上記のような過程を踏まえた末、「アヘ顔ダブルピース」至るまで精神崩壊し、朽ち果てるまでの一部始終をビデオレターにして、渋谷の野郎が死刑になる前に観せてやりたい所ですが、
    まぁ子供には罪は無いので、今後の人生が不憫でなりません。

  5. 匿名係 より:

    親の因果が子に報い、一生消え無い「ロリコンの子」、
    「人殺しの子」という烙印。本当に不憫でなりません。
    まぁこれからの人生、見知らぬ土地で名前を変えようが、
    素性が割れれば、老若男女、ロリコン、ホモ、ショタ、レズ等を問わず様々な変態達の餌食になるだろうから、ホモビ男優やAV女優として食いっぱくれる事はないですけどね。こんな幼くして手に職がつくなんて羨ましいです。
    その前に様々な変態調教や肉体改造の過程で壊れなければの話ですけど。今の内から糞やゲロを平らげられるように鍛えたほうがいいかも知れませんね。

  6. 匿名 より:

    子供はほんと哀れ。「お前の親父・・・・・」
    とか相当ひどいいじめされて自殺するかも
    な。この親父は焼くなり煮るなりされようと
    自業自得だが子供が殺された子のような
    生き地獄を味わされて生きていかないと
    いけなくなったっていうのはほんと辛いわ。
    この容疑者にはこの世のありとあらゆる
    苦痛を与えてじわじわ殺してほしいね

  7. 匿名 より:

    ひりゅう・あやかさん誘拐されていると思い
    体内の体の中の水分が足りなく
    また大学ともきちんと戸締りができず
    らいねんなくなる。荒川ひろのりのじみょうも

コメントを残す