渋谷恭正はサイコパス?ボランティアをする性格でアケカス!

この記事は約3分で読めます。

 

ベトナム人女児殺害事件で逮捕をされた渋谷恭正容疑者は、間違いなくサイコパスの部類に入るでしょう。

渋谷恭正容疑者の性格などの考察です。

スポンサーリンク

渋谷恭正はサイコパス

渋谷恭正容疑者は間違いなくサイコパスと言える人間の1人です。

サイコパスというのは「反社会的人格」とされる人々で、精神障害の一種とされています。

サイコパスの特徴を犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義しています。

  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的

出典:Wikipedia

これを渋谷恭正容疑者と1つ当てはめて行きます。

・良心が異常に欠如している
→成長期である小学生を殺害。良心のカケラもない。

・他者に冷淡で共感しない
→冷淡で無ければ、殺害という行動はしない

・慢性的に平然と嘘を付く
→リンちゃん殺害後、逮捕されるまで彼女の葬儀費用捻出の為に、募金募っていた。その時、犯人逮捕を祈っていると語っていた。

・行動に対する責任が全く取れない
→PTA会長という責任ある職についていたが、殺害した後に自首をしていない時点で責任能力の欠如がある。

・罪悪感が皆無
→殺害後に平然と嘘をついてリンちゃんに対するボランティア活動をしていた事から、罪悪感は感じられない。むしろ恐怖すら覚える凶行。

・自尊心が過大で自己中心的
→人の命を奪う時点で自己中心の塊。



スポンサーリンク


・口が達者で表面は魅力的。
→渋谷恭正容疑者が逮捕されると聞くと、周りの人々は「まさかあのひとが、、」と驚きを隠せなかった。表面上は優しいお父さんの印象を持たれていた。しかし、本当の性格は残忍極まりない人間。

分析をしてみると、リンちゃんを殺害した後に、平然と本音を隠し葬儀費用の捻出の為にボランティア活動をしていた事が恐ろしいですよね。

さらに、被害者女児のベトナム人家族のベトナムへの渡航費用を募るポスターを、渋谷恭正容疑者の名義で作って配布までしていたそうです。

一見、リンちゃんの死を悲しみ、被害者家族へのサポートを尽力を尽くす善良者のような行動ですが、全ては自分を容疑者候補から外す為のカムフラージュだったのかもしれません。

渋谷恭正容疑者の性格は、一見人当たりもよくPTA会長を務める責任感の強い人物のように思えますが、実際は自身がPTA会長を務める学校の生徒を殺害し、警察に逮捕されるまでのうのうと生きていた冷酷なサイコパスと言えるでしょう。

PTAの目的は児童の成長な発達人間寄与する事です。

残念ですが、渋谷恭正容疑者はPTAの理念とは真逆の行動を取っていました。

渋谷恭正容疑者はアケカス?

アケカスというのは、AKB48への異常な愛を示すオタクに対するネット用語です。

あくまで、AKB48に対する異常な執着心を持つ人間の事であり、決してAKB48を好きな人がアケカスと呼ばれる訳でありません。

ただ、AKB48しか愛せない人間が、過去に犯罪を起こしていたのも事実です。

交際相手の父親を殺害した徐海培容疑者はAKB48のCDを1000枚購入しました。

AKB48のコンサートに入場するために運転免許証を偽造した安成孝人容疑者など、生粋のAKB48のファンだったようです。

渋谷恭正容疑者のフェイスブックのプロフィールに、AKB48が好きな事は書いてあります。

渋谷恭正アケカス

AKB48という国民的アイドルグループは様々な経済効果を生み出しているので、普通のファンからすると残念な事件だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す