天神祭の屋台出店場所と出店時間!おすすめの種類は?2017年版

この記事は約4分で読めます。

 

祭りといえば屋台。
リンゴ飴を定番に串焼き・イカ焼き・肉焼きなどがあり、においを感じるだけでよだれが出てしまいます。

特におなかが空いていたり、長距離の移動。仲のいいメンバーと集まり盛り上がれば当然のようにおなかも空きます。

ここでは、天神祭屋台の場所や開店時間と種類を上げてみましょう。

スポンサーリンク

天神祭・屋台出店場所 1か所目:大川沿いの屋台 『毛馬桜ノ宮公園』側

毛馬桜ノ宮公園

出典:http://osakalandblog.jugem.jp/

花火も屋台も両方楽しみたい方は、やはりここになります。

仕掛け花火が行われる造幣博物館側にある天満橋駅から、打ち上げ花火の行われる毛馬桜ノ宮公園を通り都島橋周辺まで出店が並びます。

それは、帯を川の流れで洗うように川の流れに沿って屋台の花を咲かせます。

天神祭・屋台出店場所 2か所目:天神橋筋商店街エリア

天神橋筋露店

出典:http://kininaluzyo.com/

『アーケード商店街から南天満公園まで』

日本一長いアーケード商店街で有名な天神橋筋商店街は、いつもの日常に増して露店が並ぶため食べ歩きしながら花火を見るには、もってこいのルートのひとつです。

意外と重要なダストボックスの設置

ダストバスターズ

出典:http://blog.livedoor.jp/

折角テンションを上げて祭りに来たのに、あちらこちらにゴミが落ちていたらせっかくの気分も台無しになってしまいます。

運営側でも『ダストバスターズ』というボランティアグループによる収集活動をしています。
街中にこのようなボックスがあったら、率先して、ダストボックスを利用しましょう。

出店時間は?

基本は、午前11時から23時頃までとなっていますが、一部で、見切り発進しているところもあるらしく、
午前9時頃から販売しているところもあるみたいです。

屋台のおすすめの種類

夏の暑い時期に開催される天神祭り。

そこそこの気温が高いうえに鉄板焼き屋が多く、たこ焼き屋はもちろん串焼肉・焼きそば・イカ焼きなど、アルコールのあてのような出店も多々あります。

その中でやっぱり、ジュース販売やアイス・かき氷などひんやりとする屋台もたくさんあります。
ベビーカステラや唐揚げなど新進気鋭な屋台も増えてきています。

そんな中お勧めするのを5つに絞り、取り上げてみましょう。

チョコバナナ

チョコバナナ

意外と凝っているチョコバナナ。
湯煎した業務用チョコを割りばしに刺したバナナに付けて、チョコチップを付けると完成。

実に単純なものなのです。
意外に知らないのが、なぜ『串』じゃなく『割りばし』なのかということ。

イカ焼きも『串』、唐揚げも『串』、リンゴ飴も『串』じゃぁなんでチョコバナナだけが『割りばし』なのか。それは、意外に単純な内容です。

イカ焼き・串揚げ・リンゴ飴。
この3つの特徴は、刺す個体が『固い』ということ。

でも、バナナは『やわらかい』という単純な理由。
それも、割りばしの『太いほう』を刺すということ。

素材が固くてしっかりしている場合は凹凸の少ない『串』でもしっかりとホールドできますが、やわらかいバナナだとつるつると滑ってしまい、よく店頭に並べるように立てたときに、貫通してしまうので持ち歩きに不向きになってしまうために割り箸になったという理由がある。

だったら、割り箸の中でも細いほうではなく、太いほうを刺すのかというと。
よりしっかりと固定できるから太いほうを刺すのである。

こだわりのある店主であれば、太いほうを刺したうえで少し回すと、逆さにしても落ちてこないという現象が発生する。

それは、割り箸の太いほうの突起がストッパーの役割を果たすため、逆さにしても落ちないという現象になる。

たこ焼き

たこ焼き

出典:http://gorry.haun.org/

たまに、たこ焼き1個に対してたこが2個入っていて、ちょっと得をした気分になる、あのたこ焼きです。

地方によって中身は異なるのでしょうが、私の地方は、ゲソと呼ばれるタコの足の部分だけでなく身の部分も使っていたりします。

マイナビウーマン調べによると、中身の人気は3位がキムチ。2位がもち。1位がチーズという結果もあります。
バター餅の有名な私の県でもやってみようかなぁと思うくらいでした。

焼きとうもろこし

焼きとうもろこし

出典:http://muf-muf.com/

よく、自宅でやろうとして焦がしてしまったり生焼けだったりと、屋台みたいにいかない手ごわい料理のひとつでもあります。

簡単に済ませようとゆでてみたり、ゆでたものにバターを添えたりなど色々な食べ方が存在します。

焼きとうもろこしは、かぶりつくのもよし、指で一粒づつ外して食べるのも良しいろいろな食べ方があり、かぶりつくのは早いけど、歯に挟まったりなどいろんなとうもろこしあるあるにいきつきます。

焼きそば

焼きそば

出典:http://blog.ecollabo-jp.com/

横手焼きそば・富士宮焼きそばなど多種多様なご当地焼きそばがあり、国民食といっても過言ではないくらいの普及率ですが場所によっては、1日1食は必ず焼きそばという人もいるかもしれません。

調べた中では、北は『オホーツク北見しお焼きそば』に始まり南は『ケチャップ焼きそば』などもはやそれはスパゲッティでは?と思うほどの種類があります。

焼き鳥

焼き鳥

出典:http://k5yamasaki.jp/

軟骨からキモやネギ間など、酒のアテにこれ以上のものはないといっても過言ではありません。
もちろん飲まない人もあの独特の味や屋台ごとに微妙に味が違ったりするところを見つけ出すと、止まらなくなります。

まとめ

チョコバナナから焼き鳥まで、甘いのが好きなのかしょっぱいのがいいのかわけのわからないリストになりましたが、それぞれにその品物ならではのこだわりがあり、オリジナルの味があります。

祭りの雰囲気や店主との会話の中を楽しみながら出店の品物を食べ、日ごろの他愛ない会話も必然的に楽しくなってくるものです。
屋台の出し物とともに、祭りも楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す