北朝鮮の6回目核実験はいつどこで起きる?日本への放射能の影響は?

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

 

北朝鮮核実験6回目が行われるかもしれません。

もし、北朝鮮が核実験を行うとすれば、どの辺で起きる可能性があるのでしょうか?

そして、日本への影響などについてもお話していきます。

スポンサーリンク

北朝鮮の核実験の歴史

Wrd8uLu_lqsDiP31493722343_1493722433

それでは、今まで北朝鮮が実施した核実験の場所などをご説明します。

1回目:2006年10月9日午前10時35分

1回目の核実験は2006年に実施されました。
最初、日本やアメリカは北朝鮮が核実験をしたかどうかの確認は出来ませんでした。

地震波の測定結果も、核実験をしたかどうかの判断が難しい所だったのです。

しかし後日、北朝鮮による核実験成功の報道があり判明しました。
特に環境への影響はないと見られています。

2回目:2009年5月25日午前9時54分

2回目の核実験は2009年に実施されました。
核実験が成功した際は地震が発生する場合があるのですが、2回目はアメリカの地質研究所が地震を感知しています。

2回目の核実験に関しては、核実験が行われた日に韓国メディアが「実験に成功した」と報道しています。

3回目:2013年2月12日午前11時57分

北朝鮮は3回目の核実験で、核兵器の小型化と爆発力の強化を図ったと述べています。
2月12日に日本とアメリカは緊急会議を開き、さらに韓国では軍の警戒レベルを大幅に上げました。

3回目の核実験で使用された核爆弾は、広島で落とされたリトルボーイの3倍の威力があるとされています。

4回目:2016年1月6日午前10時00分

4回目の核実験は、今までとは少し違うものでした。
初めて、水素爆弾を実験に使用したとされています。

水素爆弾の起爆には原子爆弾が必要とされていて、威力は原子爆弾の数千倍と言われています。

世界で最強と言われるロシアが保有する爆弾「ツァーリ・ボンバ」も水素爆弾です。

ただ、アメリカは「今までの調査から判断すると、北朝鮮は水素爆弾の核実験をしていない可能性もある」と、見解を述べています。

もしかして、他国への武力アピールかもしれませんね。

5回目:2016年9月9日午前9時30分

北朝鮮の建国記念日にあたる9月9日に核実験が実施されました。

5回目は、北朝鮮が今まで実施した核実験では最大規模であり、各国が強い非難をしました。



スポンサーリンク


北朝鮮による6回目の核実験について

それでは、北朝鮮の6回目の核実験について説明していきます。

まず、6回目の核実験がどこの場所で核実験が行われるかという部分ですが、咸鏡北道吉州郡豊渓里付近で実施される事は間違いありません。

前述の1回目~5回目の核実験が実施された場所は、全て咸鏡北道吉州郡豊渓里付近の地下核実験場です。

【北朝鮮の核実験の場所】

グーグルマップの説明欄にも「核実験が行われたとされる場所でもある。」と記載されています。

次に、北朝鮮6回目の核実験をいつ行うかですが、AFPの時事通信には以下の様に書かれていました。

朝鮮の外務省報道官は1日、国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じ、北朝鮮は最高指導者の決定によっていつどこでも核実験を行うだろうと警告する声明を発表した。

長距離ミサイルの発射実験または6回目となる核実験の準備を進める兆候が北朝鮮にみられる中、米政府は北朝鮮がこれを実施した場合には軍事行動の可能性を排除しないとしており、この数週間で朝鮮半島の緊張は高まり続けている。

こうした中、北朝鮮外務省報道官は1日の声明で、同国政府は「米国がいかなる選択肢をとろうとも、対応する準備はすべて整っている」とし、米国が敵視政策を撤回しない限り北朝鮮は「核先制攻撃」能力の強化を続けると述べた。

引用元:AFPBB News

つまり、アメリカが北朝鮮に対して敵意の態度をなくさない限り、6回目の核実験をいつでも行えると警告しています。

そして、何時ごろに6回目の核実験が実施される可能性があるのかという疑問についてですが、5回目までの核実験全てが午前中に行われています。

なので、6回目の核実験も今まで同様、午前9時~12時の間に実施されるでしょう。

日本への放射能の影響

日本への放射能や地震の影響について心配される方もいると思います。

まず、地震についてですが、震源地の距離はかなり離れているので、日本への影響はほぼありません。
あっても、震度1.2くらいの揺れだと思われます。

そして、一番気になる放射能による影響ですが、5回目の核実験が実施された際、日本の原子力規制委員会は以下の様に発表しています。

強化されたモニタリング体制においては、9月9日から9月16日までの間、全国的にすべての測定値に関して異常な値は検出されませんでした。

引用元:原子力規制委員会

6回目の核実験の規模にもよりますが、今のところは大丈夫でしょう。

ただ、北朝鮮付近でとれた水産物は、放射能汚染されている可能性が非常に高いそうです。

昨年、北朝鮮でとれた水産物が「中国産」と偽って、日本に輸入されている時期があったので、もし6回目の核実験が実施されれば、当分の間は中国産の水産物にも注意した方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す