小林麻央の6月現在の病状まとめ【ブログKOKORO最新版より】

この記事は約9分で読めます。

 

5月現在、がんで闘病中の小林麻央さんの病状などについて、当メディアで何回か取り上げてきました。

本日より出来る限り、小林麻央さんの病状について、最新情報を載せていきたいと思います。

この記事を見れば、小林麻央さんのKOKOROのすべてが分かるようにしています。

*途中より、話は小林麻央さんになりきって書いています。
*言葉の表現などについては、小林麻央さんの意図と外れる場合もあるのでご了承ください。

スポンサーリンク

小林麻央の4月の病状

ブログKOKORO4月1週目

【4月1日】

過労により体調を崩していた姉の小林麻耶さんに向けて、仕事復帰の祝いの言葉を投げかけていました。

さらに、母の言葉、父の言葉を振り返っています。

家族への感謝の気持ちが高まっているみたいです。

【4月2日】

馬のポニーに乗った話をしています。
やはり、家族の助けがないと、乗馬をすることは難しい状況のようです。

咳が多いと語っています。

【4月3日】

姉の小林麻耶さんがバイキングに出演したことを報告しています。
さらに、桜を家族と一緒に見られたことを幸せを綴っています。

一日一日を大切にしているのが分かります。

【4月4日】

酵素風呂に入ったと綴っています。
酵素風呂はがんの代替え療法の一つとして認知されています。

【4月5日】

読者登録が200万人を超えたそうです。

さらに、ステージ4で死に向かっているというイメージを変えたいと綴っています。

精神的に弱くなる部分もあると思いますが、必死で病気と闘っている姿勢が感じられます。

【4月6日】

娘が幼稚園の年長になったそうです。

来年、娘の卒園式に着物で行く事を目標だと綴っています。

【4月7日】

お昼の献立メニューの話をしていました。

切り干し大根や野菜スープなど、体に優しそうなメニューばかりです。

ブログKOKORO4月2週目

【4月9日】

最近、息切れとしんどさがひどいと綴っています。
そんなときは、胸に手を当てて「だいじょうぶ」と暗示をかけるようにしていると語っています。

記事を見ていると、どれだけがんの闘病が過酷なものか、伝わってきます。

【4月10日】

母や姉、そして旦那である市川海老蔵さんに甘えたい気持ちを綴っています。

家族への感謝の気持ちを、隠すことなく文字にして表現されています。

【4月13日】

なぜ、ステージ1ではなくステージ4の状態で、がんが発見されたのか。
そんな正解のない問いかけを、最初自分自身にしていたと語っています。

しかし、自分はステージ4になる必要があったと思うようになったと綴っています。

この真意が、私は分かりませんでした。

【4月14日】

肺のレントゲンを撮り、一旦は安心したと綴っています。

さらに日光浴もして、体の芯から温まったと語っています。

ブログKOKORO4月3週目

【4月19日】

14日から、ずっと横になっていたそうです。
10日前は歩けていたそうですが、19日現在で歩くのがやっとの病状と報告しています。

息苦しさや痛みなど、あまり良い状態ではないようです。

ブログKOKORO4月4週目

【4月22日】

病状が悪化してしまい、再び入院することになったと報告しています。
期間が短いようですが、心配ですね。

【4月24日】

22日に、輸血と点滴、そしてい痛み止めの量を増やしたそうです。

その効果もあってか、慢性的に発生していた息苦しさが軽減されたと綴っています。
退院までもう少し時間がかかるみたいです。

【4月28日】

子供に「○○日に、ママは帰ってくるね」と約束をしていたそうですが、退院日をずれてしまって、約束が守れなかった事を語っています。

【4月29日】

ここ最近の病状として、ずっと39度の熱が出ていたそうですが、今は安定して37度を切るようになったようです。

【4月30日】

風邪が治った小林麻耶さんが見舞いに来られました。
市川海老蔵さんと子供たちがウナギを食べてにいくそうなので、お姉さんの分のウナギをお土産として、持ってきてくれるよう海老蔵さんに頼んだそうです。

しかし、海老蔵さんは麻央さんがうなぎを食べれるようになったと勘違いし(病状悪化で食べてれない状態)、嬉しそうに病院へ土産を持ってきたそうです(笑)

何気ない日常ですが、充実しているのが分かりますね。



スポンサーリンク


小林麻央の5月の病状

ブログKOKORO5月1週目

【5月4日】

娘から病院に手紙が届いたそうです。

手紙には

「まま はやく なおってね。まってるね。」

と書かれていました。

本当に、1日でも早く小林麻央さんの病状が良くなってほしいです。

【5月5日】

普段は病室で子供と会う事は禁止されているそうですが、2週間ぶりの別のスペースで子供たちと会ったそうです。

子供たちは柏餅を買ってきてくれたようで、今は柏餅を食べれない小林麻央さんですが、いつか柏餅が食べれるように元気になってほしいという、子供たちの願いなのかもしれません。

【5月6日】

旦那の市川海老蔵さんが桃を切ってくれたそうです。
小林麻央さんは、果物の中で桃が一番好きと綴っています。

【5月7日】

旦那の市川海老蔵さんの出演番組の宣伝をされていました。
宣伝をするくらい元気があるので、体調はいいのかもしれません。

ブログKOKORO5月2週目

【5月9日】

今まで野菜ペーストなどを作ってくれた姉の友人が、病院食も三分粥にしてみたらとアドバイスをくれたそうです。

おかゆには三分粥、五分粥、七分粥、全分粥があり、三分粥はおかゆの中で最も水分量が多いおかゆです。
米1割合に対し水が20の割合で作ります。

早速、看護師さんに三分粥にしてもらうよう相談すると、今まであまり食べれなかった病院食が、少しづつ食べることが出来たそうです。

体が弱っている時ほど、おかゆは良いものだと感じました。

【5月10日】

自分自身について書かれた記事を見たそうです。
それが、100%嘘で固められた記事だったと綴っています。

現在、様々なメディア、媒体が小林麻央さんの話題を取り上げています。
当メディアも同じように小林麻央さんの事を記事にしているので、慎重に情報を取り扱い、記事にしていきたいと思います。

【5月11日】

一時期は下がった熱が、再び高熱の症状が出ているそうです。

小林麻央

出典:KOKORO.

心なしか、以前に比べて細くなっています。

【5月13日】

一日かけて豆乳を飲むのが、至福のひと時だと語っています。
体に負担をかけないように「1日」かけて飲んでいるという事が、現在のつらい病状を物語っているように感じます。

【5月14日】

母の日という事で、子供たちと海老蔵さんからカーネーションが送られてきました。

ブログ内で「二人の母に感謝します」と綴られているのですが、2人の母とはいったい誰なのかは分かりません。

【5月16日】

先日亡くなった月丘夢路さんについて語っています。

小林麻央さんは結婚前と新婚時代に、井上絵美さんの料理教室に通っていました。
その井上絵美さんのお母様にあたる人が、月丘夢路さんだったそうです。

戦後に「生」の強さを世に発信し続けた月丘夢路さんが亡くなった事で、死というものが身近に感じたと思います。

定期的に自分の病状も含めて発信をしている小林麻央さんですが、内心は死に対して怖いはずです。
ですが、懸命に生きる姿を見せている姿勢には、本当に尊敬の念を抱きました。

ブログKOKORO5月3週目

【5月17日】

姉の小林麻耶さんのマッサージを受けながら、小林麻耶さんを隠し撮りしていたことを綴っています。

小林麻耶隠し撮り

出典:KOKORO.

マッサージ中に小林麻耶さんの視線が違うところにあるのは気になりますが、本当に仲の良い姉妹です。

いまだに小林麻耶さんが「妹」だと勘違いしている人もいますが、お姉さんですよ(笑)

【5月18日】

食事の前などに温かい白湯(人肌に温めたお湯)を飲むと、胃の痛みが軽減されるそうです。

これは、良い情報ですよね。
体の弱っている小林麻央さんが実感できるくらいなので、暴飲暴食をしている人は、参考にするのもいいかもしれません。

【5月21日】

鏡の前に立つと、そこにはやせ細った自分がいました。
恐れていた姿が現実となってしまいました。

衝撃的な現実に涙を流してしまいましたが、精神までは痩せ細ってはいません。

【5月22日】

酸素吸入器をつけてから、鼻の粘膜などが乾燥し血が出る事もありましたが、ワセリンを塗るとうるおい、調子がいいです。

ブログKOKORO5月4週目

【5月24日】

父が見舞いに来ました。
そこで、いつもは和菓子などのイメージしかない父が、ゼリーを買ってきてくれました。

気遣ってこれたのでしょう。
私が食べれれないかもしれないことも考えているんだろうなぁと思いました。

父は、子供の私が病気になっている事をどう思っているのだろか?
時々、私に対してどうしていいか分からない態度に気づいたとき、親の深い愛情を感じました。

痛み止めの薬を変えてから、便秘が治りました。
やっぱり薬は人によってあうあわないがある。

だから、自分の体はオリジナルなんだ。

【5月26日】

ずっと顎が痛いなと思い検査をすると、顎にがんが転移している事が分かりました
顎の痛みには痛み止めの薬はあまり効かず、どうしたらいいか分からない状態です。

チャコール湿布を試してみました。

【5月29日】

退院しました。

これからは家での治療になります。
退院祝いにニンジンジュースで祝いました。

在宅医療の先生や看護師さん、家族に支えながらこれから生活していきます。

お母さんは介護用のベッドスペースを作ってくれました。
さらに、点滴の練習もしてくれています。

【5月30日】

久しぶりにたくさん娘と話しました。
私の退院祝いで、「オオカミと七匹の子ヤギ」を呼んでくれました。

一生懸命な娘の姿に、いとおしい感情がわいてきます。

息子は幼稚園から帰ってからすぐに寝ていたので、家に帰ってきてから翌日の朝に話しました。

娘と息子は、私が退院してからどう迎えるか話し合っていたそうです。
そんな子供たちの愛情には感謝です。

【5月31日】

息子が「ママに上げた風船がおちていたよー」と不機嫌でした。
娘は幼稚園へ。

朝の子供たちです。

小林麻央の6月の病状

ブログKOKORO6月1週目

【6月1日】

今日は脚が膨れていました。
それに気づいたのは息子でした。

さらに、私が苦しい時のナースコールみたいな役割がありそうなハンドベルをくれました。

ただ、息子がハンドベルを遊んで鳴らすので、私が鳴らしても息子が鳴らしたと勘違いされそうです(笑)

【6月2日】

毎日の人参レモンリンゴジュースにほうれん草を入れました。
ここ最近、少しずつ食欲も増えてきました。

摂取カロリーも増やしていきたいです。

【6月3日】

息子が蝶々を取ってきました。

主人が逃がそうとベランダにかごと一緒に置いたのですが、なかなか蝶々は離れません。
しかし、急にバーっと飛び出したのです。

その時、乳がんの診断を受けた時に読んだ詩を思い出しました。

乳がんの診断を受けた患者は蝶々のようです。
蝶々の様に、逆風の中でも奔走する姿が重なるという詩でした。

【6月4日】

朝から39.4度の熱が出てきて、さらに大量の汗が出てきたので、6回も着替えました。
在宅医療の大変さについて考えます。

子供たちと私が在宅医療で過ごしている空間は同じ家にありますが、まったくの別世界です。

子供や主人の負担を考えると、この先の不安もあります。

【6月5日】

娘が主人とディズニーランドに行ったそうです。

そして、嬉しいことにシンデレラのガラスの靴とティアラを、お土産に買ってきてくれました。

足がむくんでいる時に?と心の中で突っ込みを入れつつ、娘が私に「左足を出して」と言ってきました。

私は「足がむくんで入りません!むくみが取れたら入ります!」

と答えると、

「むくんででも大丈夫です!あなたはシンデレラです!」

っと言ってくれました。

本当に優しい娘です。

【6月7日】

昨夜は、よく眠る事が出来ました。
良い気持ちで目覚める事が出来、日課の飲むヨーグルトもおいしくいただきました。

私が笑顔で写真を公開するのは、リハビリに一環でもあります。
ブログを書くこともリハビリであり、皆様からの励ましなのです。

【6月8日】

ここ最近、あまり食事がとれません。
ただ、トマトが食べたくなったので、八道を入れて、細かくして食べてみました。

顎の弱った私には、皮があるトマトを食べるのは難しかったですが、30分くらい時間をかけて食べました。

そしてよる、飲むヨーグルトを食べたくなったのですが、冷蔵庫にありませんでした(笑)
すると、主人が買ってきてくれました!

美味しかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す