お盆休み2017年渋滞予測!関西関東間・近畿九州間のピークは?

この記事は約5分で読めます。

 

お盆休みといえば、墓参りをそこそこに行楽地や観光地に遊びに行くGWに匹敵する長期休みが取れる時期ですが、GW同様に行き来で大名行列のような大渋滞では折角の休みで疲れが抜けるどころか疲れがたまってしまいます。

そんな渋滞も前もって情報を持っていれば、ある程度は想定できます

ここでは関東関西間と近畿九州間に分けネクスコ中日本やネクスコ九州など主要交通情報センターの情報を元に一般道路・ピーク・ピーク時間に分け取り上げていきたいと思います。

259eb770d146cc3ff6126dbbde3ad965_s

今年のお盆は祝日の11日の休みを取ると最大3連休となり2泊3日程度の日程になりそうです。

※ここでは、カレンダーを基準に祝日の11日から休日13日を最終日として計算しています。

スポンサーリンク

関西と関東間の高速道路・一般道路の渋滞予測・ピークと時間

行きは黒字、帰宅時は赤字で表示しています。

中央自動車道

ネクスコ中日本によると相模湖IC付近で45キロの想定がされています。
渋滞開始想定が6時からとなっており、大渋滞が想定されます。

並行する一般道の20号線は相模湖ICからの渋滞の影響はありません。

【東名・中央道・東北道など 11日9時予想】

NEXCO 中日本渋滞予測マップ 東名・中央道・東北道など 11日9時予想 画像1

出典:NEXCO 中日本

13日の帰宅ラッシュは

八王子JCT・恵那ICが25キロ
高井戸ICが10キロ
大月と岡谷JCTが各5キロ

と渋滞が予想されています。

【 東名・中央道・東北道など 13日19時予想】

NEXCO 中日本渋滞予測マップ 東名・中央道・東北道など 13日19時予想 画像2

出典:NEXCO 中日本

共にピーク時が

恵那ICが9時~
岡谷・高井戸JCTが11時~
大月JCTが16時~
八王子JCTが19時から

となっています。

20号線の渋滞は、上記JCT・IC周辺で混雑が想定されます。

東名高速・新東名高速道路

東名高速、伊勢原BS付近で前日の早出グループから引き続き20時~18時
ピークは8時で最大40キロ想定となています。

【NEXCO 中日本渋滞予測マップ 東名・新東名・中央道 11日9時予想】

NEXCO 中日本渋滞予測マップ 東名・新東名・中央道 11日9時予想 画像1

出典:NEXCO 中日本

そのほかにも

名神尾西BS付近で8時に7キロ
豊田JCT付近で9時に5キロ
岡崎IC付近で12時に10キロ

新東名では新清水JCT付近で17時に5キロとなっています。

帰宅はさらに多く想定されていて

大和TN付近で18時に15キロ
小牧JCT付近で7時に7キロ
岡崎IC付近で8時に10キロ
東京IC付近で6時に5キロ

となっています

【NEXCO 中日本渋滞予測マップ 東名・新東名・中央道 13日19時予想】

NEXCO 中日本渋滞予測マップ 東名・新東名・中央道 13日19時予想 画像2

出典:NEXCO 中日本

一般道も上記時刻周辺では、渋滞回避をした車で多少の渋滞が想定されます。

名神高速・新名神高速道路

名神高速、西宮IC付近で7時に5キロ
吹田JCT付近で7時に17キロ
関ケ原IC付近で8時に10キロ

大津IC付近で17時に15キロ
尾西BS付近で8時に18キロ

【NEXCO 中日本渋滞予測マップ 大阪~名古屋の渋滞予測(名神・新名神)11日9時予想 】

NEXCO 中日本渋滞予測マップ 大阪~名古屋の渋滞予測(名神・新名神)11日9時予想 画像1

出典:NEXCO 中日本

菩提寺PA付近で17時に25キロ
草津JCTで17時に1キロ。
新名神で名神草津JCTで17時に2キロ

となっています。

帰宅は、

名神高速、高磯BS付近で8時に5キロ
彦根TN付近で10キロ
一宮IC付近で15時に20キロ

栗東IC付近で11時に10キロ
大津ICで9時に25キロ
亀山JCT付近で10時に5キロ

となっています。

【NEXCO 中日本渋滞予測マップ 大阪~名古屋の渋滞予測(名神・新名神)13日19時予想 】

NEXCO 中日本渋滞予測マップ 大阪~名古屋の渋滞予測(名神・新名神)13日19時予想 画像2

出典:NEXCO 中日本

一般道も上記時刻帯には渋滞回避のために一般道へ降りた車両により渋滞が予想されます。

回避策

渋滞回避策として、中央道は並行して走る国道20号線
東名高速・新東名高速は、国道246号線
名神高速は国道8号線

新名神は1号線など、少し離れているものの並行して走る国道や県道を利用することで、渋滞地域のみ一般道路を通行して、渋滞がないところで再度高速に乗るといった方法が良いと思います。



スポンサーリンク


近畿・九州間の高速道路・一般道路の渋滞予測・ピークと時間

NEXCO西日本エリアに関しては、主要予測マップが公開されておらず、画像なしの紹介となりますが、最後に交通情報検索サイトURLを公開します。

山陽自動車道

武田山IC付近で9時に10キロ
小河原橋付近で19時に10キロ
入野TN付近で12時に10キロ

篠坂PA付近で10時に10キロ
笹井山TN付近で9時に5キロ
西条TN付近で16時に5キロ

となっています。

帰宅時も

神戸JCT付近で16時に3キロ
志和TN付近で11時に10キロ
八本松TN付近で10時に5キロ

と想定されています。

周辺に並行して走っている国道がないために、迂回路や、渋滞回避用の国道となると、相当の遠回りとなってしまいます。

中国自動車道

王司PA付近で12時に5キロ
宝塚東TN付近で7時に18キロ

の想定がされています。

帰宅時も、

宝塚西TN付近で15時に15キロ
中国豊中IC付近で18時に5キロ

が想定されています、

いずれの時刻も最大距離がこの時刻にカウントされる想定なので、この時間をずらしてしまえば渋滞にはまる可能性は低くなります。

九州自動車道

広川IC付近で15時に5キロ
鳥栖JCT付近で11時に20キロ
福岡ICで11時に10キロ
神田TN付近で13時に15キロ

となっています。

帰宅時も、

広川IC付近で18時に10キロ
古賀SA付近で15時に10キロ

となっています。

回避策

いずれも、迂回路となる並行して走る国道がないために一度、渋滞につかまってしまうと抜けることはできません。
そのため、渋滞直前のPAやSAでの時間をずらすことをお勧めします。

参照:http://search.w-nexco.co.jp/forecast/

一年に一度のお盆休み。
行きも帰りも渋滞にはまってしまってはもともこうもありません。

しっかりと計画を立てたうえで、前後策として、『遅れてもいい』ような予定を組みましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す