中秋の名月2017年はいつ?満月になる時間帯と方角は?

この記事は約3分で読めます。

 

中秋の名月とは何なのでしょうか?
実は近年、満月になる日にちも変化しているのです。

スポンサーリンク

中秋の名月とは?

e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_s

旧暦の8月15日の月を中秋の名月と呼びますが、十五夜とも言われますね。
他の季節の月よりも中秋の名月は、大変綺麗な月というイメージがあります。

その理由としては、科学的な根拠があるもので月の高さや空気の水分量が秋にはベストな状態になるからだそうですよ。

月を中秋の名月の頃に眺めるという習慣は、古くからあり唐代の頃から中国ではそのような風習があったようです。

縄文時代の頃から日本でも習慣としてはあったのですが、行事として中秋の名月を取り入れたのは遣唐使によって平安時代に中国から伝えられたと言われています。

その頃は、風流を貴族が楽しむという意味が強く、一般的な庶民の風習ではありませんでした。

一般庶民が中秋の名月を鑑賞するようになったのは、収穫した芋を食べるという風習とともに江戸時代に入ってからでした。

そして、豊作を収穫の季節に感謝するという意味合いへと除々に変化して行きました。
その時期に収穫された野菜などもお供えするようになったようですね。

よくすすきをお供え物と一緒に供えていますが、これは稲穂にすすきを見立て収穫の感謝を神様へ表したものなのです。

このように、月を最も美しく見える季節に鑑賞するというお月見の由来と共に、豊作祈願や収穫の感謝を神様へ表すということも意味合いとしてあるのですね。



スポンサーリンク


2017年の中秋の名月の日付

cac195b09963765c91f42047167b3a43_s

では今年、2017年の中秋の名月はいつなのでしょうか。
また満月にその日はなるのでしょうか。

中秋の名月は、十五夜という満月のイメージとも重なりやすいですが、中秋の名月は実は満月とは必ずしも限らないのです。

単に中秋の名月は、旧暦の8月15日の月ことを呼ぶのですが、満月かどうかは日取りの問題に関係していますので関係がないのです。

天文学が昔は未発達でしたので、満月でも秋分の日に最も近い日ということで旧暦の8月15日を満月だとしていたようです。

実際のところは、月の満ち欠けでの周期では半分のところが陰暦の15日となり満月になるということが多いのです。

中秋の名月の日は、2013年までは満月の日と一致していました。
しかしその後は、ずれが1日か2日あるようになりました。

そのため2017年の今年も中秋の名月は10月4日となりますが、満月の日は6日になりますので2日ほどのずれがあります。

今年は、残念ながら満月ではありません

満月になる時間帯と方角予想

ef0d807ccb8582949942d0928aae38e3_s

10月で満月になるのは、10月6日です。

東京においての当日の月の出は17時55分です。
この時間は、地平線や水平線上に現れる時間ですから、これより多少実際は遅くなるのが普通です。

例えば山やビルの影から出る時などです。
そしてちょうど真東から満月が出ます。
その後は天の白道に沿って動いて行き

真西にほとんどの場合は沈み、時刻は5時44分です。

もしベランダなどから見る場合には、東の空が開いていれば十分に見えます。
満月が19時30分位になりましたら高い位置になり、東南東の空の方向に綺麗に見えると思いますよ。

団子を供える理由

edc279e74c5a8b0e4bf63ae86c55d5ad_s

中秋の名月には、収穫祈願を兼ねるというお祭りの意味もあります。

その時に、これからの収穫をお米の粉を使用したお団子を供えて祈りました。
丸いお団子の形が、月をイメージでき幸せを祈るという意味にも通じるものとして願いがこめられたのです。

しかし真ん丸なピンポン玉のようなだんごは、枕だんごという死者の枕元に供えるだんごに通じるということで、丸い形をほんの少しつぶします。

地域によっては、芋名月という意味合いでお団子もサトイモのような形にしてあんこを付けるというところもあるようです。

あんこをかけるのは、月にかかった雲を表現しているとも言われています。

今年は、中秋の名月の日の2017年10月4日の夜には、新月から数えると13日目の月となります。

それは、満月からすると月が8割が見えていて2割は欠けているという状態です。
このような形の月は、十三夜と言います。

今年は、中秋の名月は十三夜の月となりますが、秋の夜の美しさを満喫したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す