七五三とは?男の子と女の子はいつやるの?お参りの時期は?

この記事は約4分で読めます。

 

七五三って昔からありますよね。
そもそも七五三とは何なんでしょうか?

また、男の子と女の子は祝う年齢が違います。

分かりやすく説明してみました。

スポンサーリンク

七五三とは?

7fcaefaccd9660eab4863405428729c1_s

七五三は天和元年11月15日(、西暦1681年)に舘林藩主が長男の健康を祈って始まったと言われております。

当時は乳幼児の死亡率が高く、それ故生後3~4年経ってから今で言う戸籍に登録しました。

その為七五三のお祝いは今まで無事に成長したことへの感謝と幼児期から少年、少女期への節目に子供の今後、無事に成長する事を願う意味も込めて両親共々神社、寺などに詣でる行事です。

江戸時代に始まった神事であり、旧歴の数え年で行うのが正式である。

旧暦の11月15日は鬼宿日と言われ、何事をするにも吉であるとされ11月15日に子供の成長を祝って、神社、寺などに詣でる年中行事となったのは明治時代に現在のような形になったと言われています。

七五三は子供を思う親の愛情表現を具現化した家庭行事の一つとも言えます。

七五三の年齢の意味は発祥の地関東では以下のように考えられている。

数え年3歳(満年齢2歳になる年)(髪置きの儀)とし、主に女の子が行う。
江戸時代は3歳までは髪を剃る習慣があり、それを終了したという儀。

数え年5歳(満年齢4歳になる年)(袴着)儀とし男の子が行う。

男の子が袴を着用し始める儀。
数え年7歳(満年齢6歳になる年)(帯解きの儀)とし女の子が行う。

女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

引用元:ウィキペディアなど

 



スポンサーリンク


男の子の七五三時期

48b9ee618b0dd7417d076aeac50b48ef_s

現在は七五三の名称から、その年齢にやるように思われていますが、元は別別の異なった行事であった三つの行事を七、五、三と呼んだ、為本来の神事の内容が薄れ、一つの行事に纏められたようになっています。

現在の七五三の祝いは、男の子は数えで5歳(満4歳)が一般的ですが、七五三の由来は男の子も三歳のお祝いをするのが本来の形のようですが、3歳と5歳では間隔が短いので、関東では5歳だけとが一般的です。

江戸時代頃までは男の子も女の子も、生後7日目で産毛を剃り3歳になるまでは髪の毛を伸ばさず丸坊主でした。

男の子は数え歳5歳(満年齢4歳になる年)と男の衣服である袴を始めて着る、<袴着>の祝い。

<袴着>の由来は平安時代の宮廷貴族の間で行われた通過儀礼のひとつであり、男女とも3~7歳位の頃袴を着ける儀式で、この歳頃を成長段階第一段階と考えて旧暦11月15日の吉日,吉時を選んで行われ、江戸時代には5歳児のみとなり、七五三の風習の一環となりました。

女の子七五三の時期

3ccdddd909d7d1d509fc6c97de9bd9cc_s

七五三での女の子のお祝いお参りは通常数え年の3歳と7歳と言われています。

女の子も男の子も3歳までは髪を剃り丸坊主でした。
数え年齢3歳の時に髪を伸ばし始めるので、髪置きの儀と言われています。

何故、女の子も数え年3歳迄は髪を剃って坊主頭にしていたかは髪を剃ておく事で、将来健康的な髪が生えてくる、願いと共に

乳幼児の生存率の低い時代ですから、衛生的な意味合いもあったと思われます。

数え年3歳(満2歳になる年)は乳幼児の時期を生き抜いてきた意味合いと、髪置きの儀には人生の第一段階を経過して、人生の次のステップに無事進める願いも込めた儀です。

女の子にはもう一つ大事な儀が数えで7歳(満6歳)の時帯解きの儀です、

それまでの紐付きの着物に代わって着物と丸帯と言う大人の装いをする儀。
つまり大人の女性への一歩を踏み出したお祝いですね。

現代では七五三のお参りの服装は女の子の場合、正装に準じた晴れ着や、母親の手作りのドレス等を着て少し濃い目の化粧をするような事が多いようです。

七五三のお参り時期

ddd7bdb1fbdb663d911c2973c83ddd4b_s

七五三は元々は平安時代の宮廷儀式から始まり、子が育っていく過程に対して無事に育って欲しいと言う願いが万人の親にはあります。

その過程で様々な儀式が生まれて、明治時代に現在のような七五三のような形になりました。

三歳で言葉を覚え、五歳で知恵が付き、七歳は大人への階段の一歩目、発育していく上で病気になり易く様々な危険な要素が生じる節目の歳です。

それまでの成長を祝い、その後の人生を健やかに成長出来る事を神社やお寺にお参りしてお願いする。

七五三とは、子供が健やかに育っていく為の様々な儀式の集合体とも言えます。

様々な歴史を経て、七五三は本来11月15日に行われます。

しかしながら11月15日に必ずその日に行く必要はありません。

七五三のお参りについては各家庭の都合を優先して決まれば良く、その前の大安の日とか10月中旬から11月下旬の土日祭日が人気のようです。

2017年の七五三の日11月15日は大安です。

可愛い子供の成長、健康を祈るのは人情ですね。
出来れば大安の日を選びたい人は、前後の大安の日を選ぶと良いでしょう!

(大安の日以外では駄目と言う事ではありませんので七五三の日取りは六曜を参考にして下さい。)

七五三は、子供の成長と健康を祈ると同時に家族が皆健やかな日々を送る為の日本の伝統行事の一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す