お彼岸とは?2017年秋はいつ?お供え・食べ物・花は?

この記事は約3分で読めます。

 

9月ごろにお彼岸がありますよね。

でも、お彼岸とは?気になる人も多いでしょう。

今回は、お彼岸を分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

そもそもお彼岸とは?

c3d8953e14e8388fe820dc6c57c51d89_s

そもそも、よくお彼岸っていうけど彼岸とは雑節(四季の移り変わりを適切に表現した特別な暦日)のひとつで、春分と秋分を中日とした前後の3日と4日を合わせた1週間を彼岸と呼びます。

そして、この期間に行う行事を彼岸会と呼びます。
そもそも、仏教行事のひとつで、ご先祖や自然に感謝し供養する行事で、古くは聖徳太子の時代からあった行事といわれています。

年に2回ある彼岸では、それぞれ初日が『彼岸の入り』終わりの一日を『彼岸の明け』といいます。

最後の一日を『明け』といいますが、終わってからの『明け』ではなく終わる前の『明け』ということで、一般的な考えとはちょっと違ったところが、仏教行事的な意味合いを含んでいます。

彼岸の日時は毎年異なります。
それぞれ、春と秋の中旬過ぎが一般的で3月は21日頃・9月は23日頃が目安となっています。

この頃の目安としては、気候が安定してお墓参りがしやすい気候になるのも特徴となっています。

では、2017年はどんな日付が彼岸になっているのでしょうか。

2017年秋の彼岸の日付

8cd5ee18ff608dde724ceb2190560bf7_s

2017年、今年の秋の彼岸(秋彼岸)の日程はどうなっているでしょうか?

今年の秋彼岸も基本道理に秋分の日を中日として、前後3日と4日を合わせた1週間が彼岸の日程になります。

では、現実に何日からなのでしょうか?

今年は、彼岸の入りが9月20日(水)。中日である秋分の日は23日(土)。
彼岸の開けが9月26日(火)となっています。

そのため、お墓参りするのであれば秋分の日周辺が良日となるでしょう。

秋の彼岸で必要なお供え物にいて

28c1d36f1f549703f1765ecdaec100dd_s

3月のお彼岸に続き、秋の彼岸でもご先祖様を感じる時期がきます。

そんな先祖の眠るお墓にはどのようなお供え物がいいのでしょうか?
単に、私たちが食べているものでいいのでしょうか?

供えるものを選ぶポイントとしては、持っていく場所に合わせて選びましょう。



スポンサーリンク


お寺に供えるのであれば『お菓子やお茶菓子』といった日持ちするもの、知り合いのところへ訪問する場合は『お茶やお菓子・線香・絵柄入りのろうそく』などとなります。

彼岸に供え物をもらった場合は『お菓子・お茶・ミニタオル』など回忌法要の返礼品となっています。

彼岸で使うお供え物や贈り物は、熨斗(のし)を付けましょう。
それぞれの用途に合った水引の付いた包み紙に包み、贈りましょう。

秋の彼岸で家で食べるものについて

5333eff7b08b3b3cf77b50cb79c53e3b_s

彼岸で食べるものとしては、基本となるのが精進料理となっていますが、究極の『ダイエット食』ですね。

日本の法事の時は生きているものを食べないという考え方が仏教の中には存在します。
そのため、使う食材は季節の『野菜・豆製品』などで、肉・魚料理はNGとなっています。

料理するときも一応の規定があって、野菜の葉や皮もできるだけ使い切ることや薄味に仕立て素材の味を味わうことなど、色々とあります。

より、本格的なものを求めると、揚げ物の時の衣に使う卵・マヨネーズ・イリコだしとりと最近の調理で当たり前のことが全般的にNGになってしまいます。

でも、そこそこで臨機応変でOKらしいです。

秋の彼岸。お供えする花について

f31b8c60fa995760fe5cc5f6f6df4dee_s

彼岸のお供えの花と聞いて思い浮かぶのが、白菊のイメージが強いですが菊でなければいけないというものではありません。

地域の風習や宗派によって、異なる可能性はありますが季節の花や故人が好きだった花を飾っても良いとされています。

そのほかにも贈る場合は、贈る相手の状況に応じて対応しましょう。

今どきのお供え花といえば、納骨堂やお墓にお供えしやすいようにバスケットにまとめた花を、贈ることも珍しいことではありません。

お花屋さんで『彼岸用』という旨を伝えることでフラワーアレンジメントをしてみるとよいでしょう。

相場としても3000円~5000円といったところになります。

配達で届ける場合も、到着が彼岸の入りの9月20日までの『事前配達』か中日でもある23日までには届くようにしましょう。

ここまで述べてきましたが、年に2回あるお彼岸には先祖を敬い、自然に礼を尽くす日本人らしい文化が根付いています。

昨今では、高齢化やお墓の形態の変化などからお彼岸に対しての意識も変わりつつあります。

それでも、変わってはいけないものをこれからも続けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す