ユニバでハロウィンメイク!簡単に自分で!1000円以下の値段?

この記事は約4分で読めます。

 

ユニバはあまり規制が厳しくないので、自由に遊べるイベントです。
折角なので会場であるキャラクターを演じるのもいいですし、定番ゾンビ!!などもいいですね。

折角可愛い衣装や決まった衣装なのに、顔がそのままなんてもったいない!!
折角なら完璧にしてみませんか?

ぴったりのメイク紹介しますね。

スポンサーリンク

ゾンビメイク

Zombie makeup

flickr photo by Daniel Hollister

夜やられたら、さけびます!!よね。

折角なら沢山のゾンビに、自分もなって混じってみませんか?
ゾンビメイクなんて、難しくてできない!!なんて思ってませんか?

意外と簡単な道具でできちゃうんです。

用意してもらうものは、殆ど量販店でそろうものばかりです。
お手製の片栗粉血糊ティッシュとツケマ用ののり、アイシャドウがあればバッチリです。

6de281f7a5a1f8fe6607b64c37313375_s

やり方は簡単、まずは血糊を作りましょう。
片栗粉、水、食紅つくります。

こなべに水で溶いた片栗粉をいれて溶かします。
そこに食紅をいれて加熱します。

少し固めになるように片栗粉を調節してくださいね。

スライムより少し固めのほうが使いやすいです。
できたらさましておいてくださいね。

傷を作りたい部分にツケマ用の、糊をまんべんなく塗ります。

そこに1枚1枚にはがしたティッシュを小さくちぎりながらはっていきます。
その上に糊を塗り、何回かちぎりながら重ねて貼っていきます。

少し厚みがでてきたら、乾かします。

かわいたらファンデーションで色をのせていきます。

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s

ゾンビなので少し顔色が悪くなるような色を選ぶといいです。

傷になる部分をはがしていきます。
はがした部分は全部取らず残すようにすると、皮が残っているようで不気味になります。

そこに血糊をのせていきます。

その上にグレー系のアイシャドウでぬっていき、汚れた雰囲気を出していきます。
それを傷を作りたい部分にやればOKです。

材料はすぐ手に入るものばかりなので簡単です。

値段:500円前後



スポンサーリンク


魔女メイク

Witch make-up

flickr photo by Hans Splinter

こちらは、ハロウィン定番メイクです。
ユニバでも人気なので是非挑戦してほしいです。

やはりお化けなのですこし顔色が悪くなるイメージの色を使うといいです。

目のふちをリキッドタイプのアイペンシルで、大き目に眼のふちどりをしていきます。
すこしつり目になるように、意識するとキリッとなります。

目の周りを黒系の、アイシャドウで塗っていきます。
口紅も黒系の色でぬると、不気味さが増します。

逆に赤っぽくても可愛いです。
衣装に合わせて変えるのもいいですね。

値段:300円前後

傷メイク

Scratch makeup

flickr photo by Chad Miller

リアルな傷はチョットとい人は、こちらがお勧めです。
ハロウィンならではで顔にリキットタイプのアイシャドウで、傷を縫ったように書くだけでOKです。

あまりリアルにしたくないけど、楽しみたい人にお勧めです。

顔にシールなどでペイントするのもいいですね。
こちらは超初心者向きですよ。

値段:500円前後

猫メイク

Cat Makeup

flickr photo by La Tarte au Citron

こちらも簡単、リキットタイプのアイライナーで鼻やヒゲを書くだけで簡単にできちゃいます。

顔にペイントシールを貼っても可愛いです。

アイライナーの色をかえてブチ模様をつくってもいいですね。

より猫っぽくする為に、自分がなりたい猫の毛色に合わせた、ファンデーションを用意するといいです。

茶色い猫や、白っぽい猫、黒っぽい猫など、ファンデーションの色を変えるだけで、バリエーションがとても増えます。

本格的に書くにもリキットタイプのアイライナーはとっても便利です。

メイクというよりは、顔にらくがきする感覚で思い切ってやると可愛いです。

猫の顔を自分に書くようにしていくと楽しみながらかけちゃいます。
キャッツみたいで楽しくなりますね。

好みの猫顔をつくってみてくださいね。

目の周りも猫の目を意識して少しツリ目になるように、大きく書いてあげるとより猫っぽくなります。

値段:500円前後

まとめ

Universal Studios Japan

flickr photo by Calvin YC

ユニバは仮装禁止ではないので、ハロウィン以外でも仮装している人はみられます。

ゾンビナイトというイベントも夏にはあり、そこのゾンビになる事は、できませんが、リアルゾンビメイクで夜を歩くだけで、周りを驚かせちゃうのも面白いですね。

ユニバでは、ゾンビメイクなどをしてくれるサービスをやっている期間もあるのでチェックしてみてくださいね。

今年はおもいきってメイクして思い出つくっちゃいませんか?
ハロウィンデビューしちゃいましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す