小林麻央訃報をマスコミが記者会見前に報じた真相は唐澤貴洋が理由?

この記事は約6分で読めます。

 

昨晩、フリーアナウンサーの小林麻央さんが死去されました。

まずは、小林麻央さんの関係者の方々。
ご冥福をお祈り致します。

前回の記事で、小林麻央さん死去について書いた事により、一部批判的な意見もありました。

しかし、当サイトは気になるニュースや情報に関してプラスのエッセンスを混ぜる事を運営方針としているので、批判覚悟で書かせて頂きます。

スポンサーリンク

小林麻央訃報速報の真相

6月23日の朝、市川海老蔵さんは自身のブログに2017/06/23という記事タイトルで

人生で一番泣いた日です。

マスコミの方々もお察しください。
改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるので、ひとまずおかえりくださいませ。

引用元:市川海老蔵オフィシャルブログ

と、ただならぬ事が起きた事を匂わすような内容を暗に伝えています。

午前7時54分の出来事です。

この時点で「まさか小林麻央が亡くなったのでは?」と疑惑が生まれました。

当然、ネット上では「小林麻央は死んだのか?」と疑問をぶつけるようなツイートや、意見がたくさんありました。

そして、市川海老蔵さん午前中に所属事務所よりマスコミ各社にFAXを送ります。

「記者会見を14時半より行います。」

と、FAXに書かれていただけでした。

誰もが、朝に市川海老蔵さんがブログで意味深に書いていた真相を話してくれると考えていました。

しかし、皆の気持ちを裏切るかのように、マスコミ各社が小林麻央さんの訃報を報道します。(当メディアもマスコミの第一報で知りえました)

朝に「おかえりくださいませ」と書いてあるように、市川海老蔵さんの自宅付近にはマスコミ各社がたくさんいたと思われます。

しかし、朝の時点では小林麻央さんの死去については、疑惑でありながら確定した情報ではありませんでした。

ただ、マスコミ各社は一斉に「小林麻央死去」と報道しました。

その理由・真相は、意外なものだったのです。



スポンサーリンク


記者会見前にマスコミが報道した理由と真相は?

K58Tj2c8vzynETX1498232728_1498232918

とあるツイッターアカウントがあります。

その名は「法律事務所クロス 弁護士唐澤貴洋弁護士」です。

このツイートアカウントより、6月23日、午前2時50分に以下のツイートがされました。

 

「小林麻央の叔父」を語る当ツイッターアカウントは、市川海老蔵さんがブログを更新する6時間ほど前に、小林麻央さんの死去についてツイートしていました。

ただ、この時点では市川海老蔵さんはブログ更新などされておらず、それほど話題にはなっていません。

しかし、6月23日昼前に小林麻央さんの死去報道がなされ、死去されたのが22日の晩である事が判明すると、「法律事務所クロス 弁護士唐澤貴洋弁護士」のツイッターアカウントに対して、様々な批判コメントが殺到しました。

以下に、主な批判ツイートを引用します。

唐澤貴洋弁護士のツイッターアカウントは、事態がかなり炎上してしまった事に対して、即座にツイートして事情説明を行いました。

最後には、唐澤貴洋弁護士に対して名誉毀損を行なった者に対してはしかるべき法的措置を行うと綴っています。

以上が、マスコミ各社が記者会見前に小林麻央さんの死去について報じた真相だと思われます。

当メディアでは「法律事務所クロス 弁護士唐澤貴洋弁護士」の行なった行為について、あえてコメントは致しません。

唐澤貴洋弁護士がツイートしている通り、ネット上では誹謗中傷に関しては無法地帯となっているのが現状です。

当メディアにもファンからのコメントもあれば、誹謗中傷コメントもあります。

今回の小林麻央訃報のマスコミフライング報道について、かなりの批判的コメントもありました。

特有の芸能人に対して、根拠のない誹謗中傷もあります。

個人的に思うのは、ネットだからと言って好き勝手に意見を言うべきではありません。

画面の奥には人がいて、感情があります。

その誹謗中傷によって、自殺する人だっています。

再度、コメントボタンを押す前に、そのコメントが適切かつ誹謗中傷が含まれていないかどうか、少しでも良いので考え手頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す