こたつ布団を自宅の洗濯機で綺麗にする洗い方を紹介!

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

 

毎年冬になり寒くなると、こたつを使ったりしますね。

ただ、こたつを使う前に、最初に気になることがありませんか?
こたつを使わないときって、押入れ等に長期間保管していますよね。

こたつ布団を長期間保管していると、カビやホコリなどがたまっていて、それが気になりませんか?

冬が去って1年経て再度冬が来る間という長期間ですので、放置しておくと綺麗な状態のままではないはずです。

ただ、こたつ布団って、洗濯しようにも、大ものだからクリーニングに出さざるを得ないのかな?って思いますよね。

でも、クリーニングってコストが高いし、店までもっていくのも手間だというイメージもありますよね。

あるいは、もしかして自宅の洗濯機で洗濯できたりするものなのかな?というひょっとしたらという希望もあるのでは?

自宅の洗濯機で洗濯できたらいいですよね。

そこで、そのような希望をかなえるために、こたつ布団を洗濯する方法について下記のようにまとめました。
読んで理解していただければ、これからはクリーニングに出さなくてもこたつ布団を洗うことができます。

スポンサーリンク

こたつ布団が洗える洗濯機の基準

こたつ布団が洗える洗濯機の基準

こたつ布団によっては、洗濯機で洗濯できないものがあります。

そのため、こたつ布団を自宅の洗濯機で洗う前に、洗濯機で洗濯できるかどうかを確認する必要があります。
その確認をする基準は次の3つです。

(1) こたつ布団の洗濯表示

こたつ布団の洗濯表示

こたつ布団の裏面(タグ)に洗濯表示(絵表示)がついています。

そこに「洗濯機マーク」「手洗いマーク」が記されていれば、洗濯機で洗濯できます。

洗濯機マーク

出典元:Lidea

「水洗いマーク」や「ドライマーク」が記されているものは、洗濯機では洗濯できないので、注意が必要です。

(2) こたつ布団の素材

こたつ布団の素材

こたつ布団の素材が綿、ポリエステルなどの合成繊維のものであれば、洗濯機で洗濯できます。

羊毛や真綿を素材として使用しているこたつ布団は洗濯機で洗濯するのは難しいので、洗濯機で洗濯しない方がよいです。

(3) 洗濯機の仕様

洗濯機の仕様

縦型の洗濯機ですと故障の原因になるので、ドラム式がよいです。
それと、こたつ布団は厚みがあるので、洗濯機の容量は8キロ以上のものが望ましいです。

この他にも、こたつ布団のタグに注意書きとして記されているものがあれば、それに従って、洗濯機で洗うか否かを決める必要があります。



スポンサーリンク


洗濯機を使用してのこたつ布団の洗い方

こたつ布団を洗濯機に使用して洗う方法を次の順に行いましょう。

(1) 洗濯機に入れる前に準備をする

洗濯機に入れる前に準備をする

洗濯機で洗う前に、目立つゴミや汚れは除去しておきましょう。
布団叩きなどでゴミを落としたり、髪の毛や食品くずなどをガムテープで除去したり、一度全体的に少し軽く掃除機をかけて細かなゴミを吸い取っておくのが望ましいです。

また、シミが目立つ場合は、その部分に衣料洗剤や漂白剤などをつけておきましょう。

ただ、この際に洗剤や漂白剤を使用する場合は、こたつ布団の洗濯表示をご確認ください。
なかには、こたつ布団の素材に対応しない洗剤もあります。
「中性」とあれば、中性のおしゃれ着用洗剤を使用するようにしてください。

(2) 洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れる

まず、大きめの洗濯ネットを用意します。
洗濯ネットに入れて洗濯することによって、こたつ布団の繊維の散乱を防止し、洗濯機の回転をスムーズにします。

次に、ネットの大きさに合わせるようにして、こたつ布団を折ります。
折り方としては、屏風のように、または三つ折りで折りたたみ、その後空気を抜きながら丸めて小さくしていくという手順です。

このとき、注意を要するのは、汚れた部分を外側にするということです。

(3) 洗濯機に入れる

洗濯機に入れる

こたつ布団を洗濯ネットに入れて洗濯機に入れていきますが、一緒に液体酸素系漂白剤柔軟剤を入れるとよいです。
液体酸素系漂白剤は、シミや汚れの色素を分解する成分を含んでおり、同時に除菌・除臭の効果をもたらします。

また、柔軟剤を入れると、乾燥後にふんわりとしたやわらかな肌触りになり、静電気の防止やホコリ、花粉を付着させにくくする効果もあります。

(4) 洗濯機にスイッチを入れる

洗濯機にスイッチを入れる

洗濯機にスイッチを入れる際に、毛布コースまたは大物コースを選びます。

どちらのコースもない洗濯機の場合は、手洗いコースで代用できます。

(5) 脱水時間は短めにする

脱水時間は短めにする

脱水は、普通の衣類の洗濯をする場合の半分の時間にしてください。

脱水時間を短くしないと、こたつ布団の生地を傷める恐れが生じます。

(6) 干す

干す

洗濯機での洗濯が終わったら干場で干しますが、その方法は次のとおりです。

こたつ布団を平行方向の2本の物干し竿に渡し、2本の竿の間にこたつ布団の中の部分を少し垂らし、横から見てM字の形に見えるように干します。

そうすることにより、風通しをよくするので、乾燥を早めることができます。

こたつ布団が洗濯機に入らない場合の対処法

こたつ布団が洗濯機に入らない場合は、お風呂の浴槽で足踏み洗いをするという方法があります。

まず、浴槽に水と洗剤をこたつ布団が浸かるくらいの高さまで入れます。
洗濯機で洗う方法で紹介しました漂白剤を入れるタイミングはこのときです。

その後、こたつ布団を浴槽に入れるのですが、その前に、屏風のようにたたみます。
この点で注意を要するのは、洗濯機で洗う方法と同様に、汚れた部分を外側にすることです。
それから、浴槽に入れます。

風呂布団

出典元:気軽な節約 手抜きで行こう

浴槽に入れたこたつ布団に足踏みをする要領で押し洗いをします。
足踏みをしていると、水が汚れてくるので、ある程度汚れてきたら、水と洗剤を入れ替えて、再度足踏みをして押し洗います。
入れ替えるのは2回ほどでよいです。

なお、足踏みをしているときに、踏んでいる部分に洗剤の滑る成分が含まれていて、足を滑らせて転倒しやすくなり危険ですので、手すりにつかまる等の注意が必要です。

洗濯機で洗う方法で紹介しました柔軟剤を使うタイミングは最後にすすぐときです。

すすぐ

押し洗いを終えたら、浴槽の縁にかけて自然に水を切ります。
水が切れて軽くなったら、干場で干します。
水が切れる時間は長時間(ほぼ1日がかり)にわたるので、入浴しない時間帯を見計らって行うとよいでしょう。

その他、お風呂の浴槽をどうしても使いたくないという方には、コインランドリーがオススメです。

約1時間程度で洗濯が終わり、コストもクリーニング代の約半分ほどで収まります。
コインランドリーで洗濯する場合は、洗濯機は少し余裕がある大きさのあるものを、乾燥機は大型のものを使用しましょう。

まとめ

まとめ

ここまで読んでみていかがだったでしょうか?

実は、こたつ布団も自宅で洗濯ができるのです。
こたつ布団の素材さえ自宅の洗濯機に対応していれば、自宅の洗濯機で洗濯ができるのです。

まず、自宅の洗濯機で対応できるか否かを確認し、もし対応する洗濯機であればそれで洗えばいいですし、対応しない洗濯機ならば、お風呂の浴槽で足踏みして押し洗うという方法で代用できます。

お風呂の浴槽での洗濯に抵抗がある方には、コインランドリーがおススメです。

普通の洗濯とは多少違う方法ですが、クリーニング店に出す方法と比べれば、時間もコストもかからないので、今後は、冬が近づいてこたつの準備をするときのストレスはそれほど生じないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す