エアコンの暖房が効かない?暖房効率を上げる方法とは?

この記事は約6分で読めます。

スポンサーリンク

 

寒い冬には、エアコンの暖房で部屋中を暖かくしたいものです。

しかし、いざエアコンの暖房をつけてみると、全然暖かくならない!ということがありませんか?

そのとき、「故障かな?」と思ったり、「やっぱりエアコンよりストーブとか他の暖房器具にした方がいいのかな?」とか思ったりしますよね。

しかし、実は、部屋が暖かくならない原因は、別にあったりするものです。

この記事では、エアコンの暖房が効かない原因と暖房効率を上げる方法について紹介します。読んで理解していただけると、今までの見方が大きく変わり、簡単に暖房効率を上げることができます。

スポンサーリンク

エアコンの暖房のしくみ

エアコンの暖房のしくみ

エアコンは、空気中の熱を移動させることによって、室内の温度調節ができるようになっています。

この機能は「ヒートポンプ」と呼ばれるもので、他の暖房器具(ストーブや床暖房、こたつなど)が持っていないものです。エアコン以外には、冷蔵庫や給湯器にも備え付けられています。

一台のエアコンで冷房と暖房の両方が使えるのは、この「ヒートポンプ」機能により気化熱と凝縮熱の二つが利用できるためです。

暖房の場合は、この凝縮熱を利用します。この凝縮熱を利用して暖房するしくみは次のとおりです。

まず、室外機の熱交換器で外気から熱を奪い圧縮し、その熱がパイプ内の冷媒ガスに乗って室内機の熱交換器に送られ凝縮し、液化します。

ヒートポンプ

出典元:一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター

その熱を室内機で凝縮するときに凝縮熱が発生し、この熱エネルギーで室内を暖房します。凝縮して生じた液体は室外機の熱交換器へ送られ、外気と合わせて気化し、再び室内機の熱交換器に送ります。この繰り返しによって、暖房が機能します。

ここでいう「外気から熱を奪う」とは、例えば、外気の温度が7℃だとすると、それを2℃にするようなことです。そのとき、その差の5℃分の熱を奪うことになります。

そのため、室外機の周囲は寒くなります。
冷房の場合は、このしくみと異なり、熱移動の流れが逆向きとなります。



スポンサーリンク


暖房が効かない場合の原因4つ

暖房が効かない場合の原因には、次の4つが挙げられます。

暖房は動いているが、空回りしている。

暖房は動いているが、空回りしている。

暖房の電源は入っているものの、風が全く出てこないという状態です。

風が出てこなければ、暖房の効果は全くありません。

暖房は動いているが、風が弱い。

暖房は動いているが、風が弱い。

暖房の風の強さには、強風・中風・弱風の段階がありますが、強風に設定しても弱風よりも弱い風が出てくることがあります。

風が弱いと、暖房の効果が期待できません。

暖房は動いているが、冷たい風しか出ない。

暖房は動いているが、冷たい風しか出ない。

暖房が正常に作動していれば温かい風が出てきますが、冷房のときの冷たい風が出てくることがあります。

冷たい風が出てきてしまうようでは、暖房としての機能を喪失しているということになります。

暖房自体が動かない。

暖房自体が動かない。

暖房が作動する音の響きさえなく、作動している様子が全くない状態です。

この状態では、暖房としての機能を完全に喪失しています。

暖房で部屋全体が暖かくならない原因3つ

暖房をつけているにもかかわらず、部屋が暖かくならないことがあります。

その場合の原因は、主に次の3つが考えられます。

エアコンのサイズが部屋の広さと合っていない

エアコンのサイズが部屋の広さと合っていない

エアコンのサイズには、例えば8~10畳といった畳数で表記されます。

ただ、このサイズの見方が要注意で、住居の構造に配慮する必要があります。
8~10畳対応のエアコンの場合は、8畳の木造住宅と10畳の鉄筋構造の住宅で対応しているという見方になります。

この見方で注意を要する部分は、木造住宅についてです。8畳の木造住宅に対応するとは、8畳を超える広さの木造住宅では対応が難しくなるという点に注意が必要です。

対応が難しいとは、そのエアコンのサイズにしては部屋が広くて非効率であり、暖まりにくいということです。

エアコンの汚れ

エアコンの汚れ

エアコンのフィルターが汚れていると風が弱くなることがあります。なぜなら、フィルターにホコリが溜まるからです。

そのホコリが風を妨害して、風力を弱めます。自動掃除機能が備え付けられているものもありますが、その機能にも限度があります。

また、室外機にも汚れがつくものです。ファンや熱交換器にゴミが付着していたりすれば、室外機の不具合が生じる可能性はあります。

冷媒ガスの不足

冷媒ガスの不足

冷媒ガスが切れてしまうと、熱エネルギーを生じさせることができなくなります。

冷媒ガスを補充しても切れてしまうという場合は、パイプなどから漏れている可能性が考えられます。

エアコンの掃除により暖房効率を上げる方法

エアコンの掃除をすることによって、暖房の効率を上げることができます。エアコンには室内機と室外機があり、それぞれの汚れ具合が異なります。

それぞれの掃除の方法について紹介します。

室内機の掃除

室内機の掃除

室内機の表面と内部にはホコリやカビなどが付着していますので、それを除去するために掃除します。

カバーとフィルターの掃除には、掃除機や古い歯ブラシを使用します。カバーには目につくホコリを除去した後、中性洗剤を使用して雑巾で水拭きし、その後乾燥させましょう。

なお、フィルターや内部の掃除については、取扱説明書にしたがって行いましょう。内部の汚れによるエアコン不具合の場合は、業者に依頼する方が安全です。

室外機の掃除

室外機の掃除

室外機の表面と内部には小さなゴミや砂ぼこり、落ち葉、虫の死骸や卵などが付着していますので、それを除去するために掃除します。室内機と同様に、雑巾で水拭きをしてその後、乾燥させましょう。

ただ、注意を要する点があります。
それは、エアコンが精密機械であるため、機械に傷をつけたりしないように、力を入れずにやさしく手をかけることです。

また、分解しないと除去できないような汚れについては、業者に依頼しましょう。むやみに分解しようとすると、故障する危険性があります。

部屋全体の暖房効率を高くする秘訣3つ

暖房で部屋全体を暖かくする秘訣を3つ紹介します。

窓に厚手のカーテンを取り付ける。

窓に厚手のカーテンを取り付ける。

部屋が暖かくならない原因の1つとして、窓から熱が逃げていくという点にあります。

窓から熱を逃がさないようにするために、厚手のカーテンで防止することができます。
これは、断熱フィルムでも代用ができます。

サーキュレーターを使う

サーキュレーターを使う

サーキュレーターを真上に向けて使います。

そうすることにより、床部分の冷たい空気を天井方向へ送り出すことができ、暖房による暖かさが部屋全体的に均一になり、暖房効率を上げることができます。

扇風機を使う

扇風機を使う

エアコンの風の向きを下方向にし、扇風機を同じ方向に向けて使います。

そうすることにより、上方に溜まっている暖かい空気が下方向に流れ出し、空気の循環を作り、部屋全体的に均衡のとれた暖かさを確保することができます。

まとめ

まとめ

ここまで読んでいただいて、いかがだったでしょうか?

なかには、「エアコンは故障しやすい」とか「エアコンの暖房なんて効かないから他の暖房器具がいい!」という方がいらっしゃると思いますが、この記事を読んで暖房に対する見方を変えてられたのであれば幸いです。

暖かくならない主な原因は、簡単にいえば、室内機と室外機の管理の仕方、部屋への暖房効率の関係にあります。

エアコンは「ヒートポンプ」機能により、室内機と室外機の熱交換器を作動して熱移動をさせて温度調節しているので、この両機械の管理をしっかりしていれば、暖房効率を上げることにもつながります。

また、暖房効率におけるエアコンと部屋との関係も確認できました。
暖房からの風の流れ方や窓への熱の逃げ方の具体的なイメージをつかみ、そこからちょっとした工夫で暖房効率を上げることも理解できたことでしょう。

これからは、寒い時期を迎える前に、定期的に室内機と室外機の掃除をしておくことで、暖房に対する信頼感を取り戻すことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す