暖房を付けるとエアコンの悪臭がする原因と除去方法は?

この記事は約4分で読めます。

 

寒い時期になると、暖房器具が必要ですね。

なかでも、エアコンの暖房は温度設定と時間設定の機能がついていて、効率的に部屋を暖めることができ便利です。

しかし、暖房をつけると、たまに変な臭いがすることがありませんか?

変な臭いとは、例えば、カビっぽい臭いやホコリっぽい臭い、部屋の臭いなどです。あるいは、それらが混ざったような臭いをすることもあります。

エアコンの暖房の悪臭って、どこから臭うのでしょうか。
また、悪臭を除去する方法はあるのでしょうか。

そういった疑問を解消するために、下記のようにまとめてみました。

この記事を読んでいただければ、エアコンの暖房の悪臭を防止することができます。

スポンサーリンク

暖房を付けるとどんな悪臭がするのか?

エアコンの暖房の悪臭には、主に次のものが挙げられます。

カビっぽい臭い

カビっぽい臭い

カビの臭いも様々ありますが、水に濡れた洗濯物を干さずに放置しておくと、その洗濯物から発生する臭いと同じものです。

ホコリっぽい臭い

ホコリっぽい臭い

掃除をしていない部屋と同じような臭いです。部屋も、掃除していないと異様な臭いがします。

掃除を怠ることにより、多量にホコリが溜まるからです。
この臭いがするということは、鼻や口からホコリを吸ってしまっていることになります。

タバコの臭い

タバコの臭い

部屋でタバコを吸う習慣がある場合には、そのタバコの臭いが部屋中に漂います。

その他の臭い

その他の臭い

そのときの室内環境により、その臭いがすることがあります。

例えば、石油ストーブを置いている部屋では石油のガスの臭い、食べ物を焦がしたときには焦げた臭い、食べ物の腐敗や発酵した臭いなどです。

暖房をつけることによって、部屋中にそのときの部屋の中の臭いが循環します。
その臭いによって、電気コンロのつけっぱなしに気づいたりすることがあるでしょう。

ただ、多くの場合は、その臭いとカビとホコリの混合した状態での臭いです。
何の臭いかよくわからないけど、悪臭に感じるという場合は、その混合状態での臭いです。



スポンサーリンク


暖房の悪臭の原因3つ

暖房の悪臭の原因には、次の3つが挙げられます。

カビ

カビ

暖房をつけるとカビっぽい臭いが発生する場合は、カビが原因です。
その場合のカビは、水分から生じたものです。

エアコンに付着している水分は、夏に冷房を使っていたときに生じたものです。
夏に冷房を使っていると、エアコン内部に結露が付着します。

冷たい空気が暖かい空気に触れることがその要因です。
どんなエアコンも温度設定ができるとは言え、24時間同じ温度のままずっと維持するわけではありません。

使用者の使用状況にもよりますが、同時に外気の温度が変化するからです。
その際に、冷たい空気と暖かい空気の混合が生じ、結露が生じます。

その結露に、カビ菌が住み始め、繁殖し繁殖の量と範囲が広がります。
そのため、このカビっぽい臭いは、冬場に限らず、夏場でも発生することがあります。

ホコリ

ホコリ

ホコリっぽい臭いの原因は、エアコンのフィルターの状態にあります。
エアコンには、空気を吸い込む機能があり、内部にホコリなどが入ってこないようにするためにフィルターが付けられています。

ただ、フィルターもホコリなどを吸い込む量に限度があり、ホコリを溜めた状態のまま空気をエアコンの外へ送り出すことがあります。
そのとき、ホコリが部屋に散乱し、ホコリの臭いを人間の嗅覚が感知します。

室内環境

室内環境

室内の環境によっては、暖房からそのままその臭いがしてくることがあります。

エアコンが空気を吸い込んだり、送り出したりして、空気を循環していることが原因です。
上述で挙げたタバコの臭いや石油のガス、食べ物などの臭いの例は、それが原因でのものです。

暖房の悪臭の除去方法3つ

暖房の悪臭を除去する方法を、次のとおり3つ紹介します。

エアコン外部とフィルターの掃除をする

エアコン外部とフィルターの掃除をする

定期的に、目安としては1ケ月ごとにエアコンの掃除をします。
掃除をする箇所は、エアコンの表面、吹き出し口、フィルターの3つです。

目につくホコリは掃除機で吸い取り、細かいホコリは古い歯ブラシで磨き落とし、最終的には水拭きをします。

そうすることにより、大部分のホコリを除去できるので、ホコリっぽい臭いがしなくなります。

冷房運転後に別の運転をさせる

冷房運転後に別の運転をさせる

夏場に冷房運転させた後に、送風運転または暖房運転をさせます。
そうすることにより、エアコン内部が温められるので、カビ菌が繁殖しにくくなります。

新しいエアコンによっては、このような内部クリーン機能が付いているものがあります。

エアコン内部のクリーニングは業者へ依頼する

エアコン内部のクリーニングは業者へ依頼する

上記(1)(2)の方法を行っても、まだ悪臭がする場合は、業者へ依頼するとよいでしょう。
エアコン内部にホコリやカビがこびりついていることが考えられます。

エアコン内部の掃除は、素人が行おうとすると、故障してしまう危険性があるので、エアコン掃除のプロに任せるべきでしょう。

この内部クリーニングを業者へ依頼する場合の費用は、約10,000円~15,000円がおよその相場となります。

まとめ

ここまで、暖房をつけたときのエアコンの悪臭の原因とその対策について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

エアコンの悪臭にはいくつか種類があり、悪臭の種類によってそれぞれ原因があり、それらの原因が発生しないように、その対策をすることで悪臭を予防できるということがご理解いただければ幸いです。

暖房をつけた際に悪臭がするということは、既にカビやホコリがエアコンに多く存在しているということです。

そして、その対策は、悪臭がしたときに行うのみならず、暖房を使い始める前から、定期的にエアコンの掃除を行ったり、カビが発生しないような運転を行ったり、内部のクリーニングを業者に依頼したりすることです。

これからは、冬が来る前にエアコンを綺麗な状態にしておき、安心して冬を迎えましょう。
エアコンは、使う前の準備が大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す