ヒートテックの正しい着方は重ね着?かぶれとかゆみが出ないようにするには?

この記事は約6分で読めます。

 

冬の寒い時期になってくると、あまり外へ出歩きたくないものですね。
外へ出るには、なるべく厚着をしていきたいですよね。

ただ、厚着をしても冬の寒さにはなかなかかなわないものです。

そんなとき、ヒートテックを着るのはいかがでしょうか?

実際、ヒートテックを着ると温かく感じるものなのでしょうか。

かぶれたり、かゆみが出てきたりすることも気になったりするものでもあります。

そんな疑問を解消するために、ヒートテックの正しい着方や肌への対策等について下記のとおりまとめてみました。

この記事を読んでいただければ、ヒートテックについて理解が深まり、肌への対策を講じながら効率よく身体を温めることができるようになります。

スポンサーリンク

ヒートテックを着ても寒い原因4つ

ヒートテックには、皮膚から出る汗などの水分を吸収し、発熱させる機能を持った「吸湿発熱繊維」という素材が使用されています。
この機能により体感温度を高めることで暖かくなります。

しかし、この機能があるにもかかわらず、身体が温まらない場合があります。
その原因は主に次の4つが挙げられます。

ヒートテックの下に普通の肌着を着ている

肌着

寒さ対策をしている方の中では、肌着を重ね着する方も少なくありません。
肌着を重ねる感覚でヒートテックを着用してしまっている可能性があります。

ヒートテックは、肌に直接着ることで、肌の汗から吸湿発熱が行われ、その熱が肌に伝わり効果を発揮するものです。
この性質により、ヒートテックの下に普通の肌着を着ると、身体は温まりません。

なぜなら、ヒートテックから生じた熱を肌着が妨害し、肌に伝わりにくくなるからです。
また、肌着自体も肌から吸収した汗が冷えて、体感温度を低下させやすいこともその原因になります。

ヒートテックのサイズが大きい

ヒートテックのサイズが大きい

ヒートテックのサイズが大きいと、身体には少し緩めの着方になります。

肌に密着しない分、汗を吸収する効率が低下してしまい、同時に発熱効率も低下して、体感温度を高めにくくなります。

汗をかいていない

汗をかいていない

この機能により、皮膚上に汗をかいていなければ、吸収する水分がないために発熱も行われないので温かくなりません。

そのため、体操や歩行、軽作業等で適度に身体を動かして、ある程度汗を出すことが必要です。

汗をかきすぎている

汗をかきすぎている

ヒートテックには吸湿発熱機能がありますが、その許容量もあります。

汗をかきすぎると、吸湿発熱繊維の吸水する量が多くなり、その水分を発熱エネルギーへ転換させる許容量を超えると、発熱しきれません。

発熱しきれなかった水分は、繊維に染み込み、生地全体が濡れた状態になります。
濡れた状態になれば、普通の肌着で汗をかいたのと同じ状態になり、温まらなくなるどころか、逆に冷えてしまいます。

そのため、汗をかくスポーツなどの運動には不向きです。



スポンサーリンク


ヒートテックの正しい着方3つ

ヒートテックを着て効率的に体感温度を高めるための正しい着方について、次の3つを紹介します。

肌に直接着る

肌に直接着る

上述に記述しましたように、ヒートテックは肌に直接着ることで発熱効果を発揮するものです。

ヒートテックの下に吸湿発熱しない素材のものを着ると、汗の吸水率が減るので、発熱効率は低下します。

そのため、肌に直接着ることが正しい着方です。

1つ大きなサイズのヒートテックを重ね着する

1つ大きなサイズのヒートテックを重ね着する

ytodorokiBy: ytodoroki

ヒートテック2枚、サイズ違いのものを重ね着すると効果的です。

例えば、Mサイズのヒートテックの上にLサイズのヒートテックを重ね着するような着方です。

1つ大きなサイズのヒートテックを重ねることによって、空気の層ができ、体感温度を高めることができるためです。

同じサイズのものを重ね着しても効果はありますが、普通の肌着を重ね着するのと同等の効果に過ぎません。

風を通さない素材のものを上に着る

風を通さない素材のものを上に着る

ヒートテックで吸湿発熱して生じた熱が外に逃げないように、ウインドブレーカーなど風を通さない素材のものを上に着ると、より体感温度を高めることができます。

ジャージなどの風通しのよいものを上に着ると、ヒートテックにより生じた熱が外に逃げやすいため、体感温度は上がりません。

ヒートテックを着るとかぶれ・かゆみが出る原因2つ

ヒートテックを着ていると、かぶれやかゆみが出てくることがあります。
その原因は主に次の2つが考えられます。

乾燥肌

乾燥肌

肌が乾燥すると、かぶれ・かゆみが生じる場合があります。
ヒートテックは、肌の水分を吸収する性質があるので、肌から水分を奪って乾燥させてしまう原因にもなります。

特に冬は乾燥している時期ですので、ヒートテックを着用すると肌の乾燥度合が大きくなります。

化学繊維アレルギー(布かぶれ)

化学繊維アレルギー(布かぶれ)

ヒートテックは、アクリルやポリエステル、レーヨンなどの化学繊維でできています。

そのため、ヒートテックは、人の肌の質によっては化学繊維アレルギーを引き起こし、かぶれ・かゆみが生じることがあります。

敏感肌やアトピー持ちの方は、このアレルギーが生じやすいため、避けた方がよいでしょう。

子どもも肌の成長が未発達であり、かぶれ・かゆみを感じやすい性質があるので、なるべく着用を避ける方が望ましいです。

かぶれ・かゆみが出ないようにするには?

ヒートテックを着る前にかぶれやかゆみを出なくするための方法について、次のものを紹介します。

肌の保湿ケア

肌の保湿ケア

上述でも記述しましたが、冬という乾燥しやすい時期にヒートテックを着用すると肌の乾燥度合いが大きくなるので、着用前にしっかり乳液などの保湿ケアをするとかぶれ・かゆみの予防になります。

シルク素材の肌着をヒートテックの下に着る

シルク素材の肌着をヒートテックの下に着る

ヒートテックは肌に直接着るのが最適ですが、化学繊維アレルギーなどを引き起こしやすい方には、シルク素材の肌着を着るのがおすすめです。

肌着でもシルク素材のものであれば肌からの水分もヒートテックからの熱も通しやすいので、ヒートテックの吸湿発熱効率を低下しにくくします。

シルク素材は、ポリエステル素材より約20倍の吸水力があり、水分の保有効果も優れています。

その他

その他

肌の弱い方には、綿100%素材の肌着をヒートテックの下に着るのもおすすめです。

化学繊維とは異なり、天然素材でありますので、肌への負担が少なく、肌にはやわらかくやさしいです。
ウール素材の肌着でも代用できます。

ただし、肌への負担に自信がない方で、どうしてもヒートテックを使いたいという方は、皮膚科の医師に相談された上で上記の方法を試すと万全です。

まとめ

ここまで読んでいかがだったでしょうか?

ヒートテックは「吸湿発熱素材」を使用しているので、その性質を利用して、体感温度を高めることができます。

その性質を効率よく活かすには、肌に直接密着するように着用し、歩行したりしてある程度身体を動かして汗を出すことが必要であることが理解できたことでしょう。

また、冬の乾燥時期であり、ヒートテックの性質によって肌が乾燥しやすくなるので、ヒートテックの着用前に保湿ケアをしておくことで、かぶれやかゆみの対策になります。

敏感肌やアトピー持ちなどの肌の弱い方、乾燥しやすい肌の方は、なるべくヒートテックの着用を控えることが望ましいですが、どうしても着用したいということであれば、シルク素材や綿素材、ウール素材の肌着をヒートテックの下に着ることで、肌への負担をやわらげることができます。

これからは、ヒートテックを正しく着用して外に出かけて適度に歩いたりして冬を過ごしてみませんか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す