ヒートテックの寿命は何年?機能を復活させる方法はあるの?

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

 

冬の寒い時期になると、ヒートテックを着用して身体を温かくしたりしますよね。そのヒートテックも何度も着用していると、生地が伸びてきます。その生地の伸び方もかなりのものになってくると、着心地も緩い感じになってきますね。

そのような着心地では、あまり温かくない感じがするのではないでしょうか?温かくないと感じたら、どのようにして身体を温めようとしますか?なかなか、良い方法が思いつかないものです。

そんな疑問を解決するために、下記のとおりにまとめてみました。

この記事では、ヒートテックの寿命や長持ちさせる方法、寿命を迎えた場合の復活方法などを紹介します。読んでいただければ、ヒートテックを大事に着用するようになります。

スポンサーリンク

ヒートテックの一般的な寿命

ヒートテックの一般的な寿命

ヒートテックの寿命について、「1年しか持たない」や「2~3年持てばいい方だ」という噂がよく流れますが、実際にどのくらいの期間着用できるのかは着用の仕方次第によることが大きいです。そのため、何年の期間着用できるという言い方ができません。

その代わりとして、見た目で判断するという方法で寿命を判断します。ヒートテックに限らずどんな衣類にも言えることですが、着用と洗濯を繰り返ししていくと、生地が伸びていき、ある時点になると見た目でもだらしのないような感じに見受けられたり、サイズが一回り違って見えるような着用の仕方になります。

一般的には、ヒートテックが伸びてきた感じが見受けられれば、その状態のときこそが寿命です。ヒートテックは身体に密着して着用することで、その効果を最大に発揮することができるものです。

しかし、伸びてきた感じがある状態というのは、身体に密着しきれておらず着用に緩さが生じている様子です。着用に緩さがあると、汗をかいてもヒートテックはその水分を吸収しにくくなり、発熱も十分に行うことができなくなります。

つまり、ヒートテックの機能を有効活用できていないという状態です。その状態が寿命であるということです。



スポンサーリンク


寿命を長持ちさせる秘訣

ヒートテックを長持ちさせるにはヒートテック自体を複数購入して、ローテーションで着回して着用回数を少なくするという方法が1つとしてあります。

それ以外には、洗濯の際に秘訣のポイントがあります。その秘訣のポイントを下記のとおりに3つ紹介します。

洗濯ネットに入れて洗濯する

洗濯ネットに入れて洗濯する

ヒートテックを洗濯機で洗濯するときは、洗濯ネットに入れましょう。

洗濯ネットに入れないで洗濯機をかけると他の衣類と絡み合うことにより、ヒートテックの生地が引っ張られて傷みやすく、寿命が早まります。

型崩れしないようにハンガーで干す

型崩れしないようにハンガーで干す

ヒートテックが型崩れして生地が伸びないようにするために、サイズの合ったハンガーを使って干しましょう。サイズの合わないハンガーで干すと、型崩れを起こして、ヒートテックの生地に悪影響を及ぼす可能性があります。

干す方法について、1つ注意点があります。ヒートテックを乾燥させるのに、乾燥機を使用してはいけません。

ヒートテックの洗濯表示に「乾燥機を使用しないでください」という注意書きもありますし、乾燥機にかけてしまうとヒートテックの生地が傷むどころの問題ではなく、洗濯機や乾燥機の故障の原因にもなります。

直射日光を避ける

直射日光を避ける

ヒートテックにはポリウレタン素材が使用されています。この素材は、熱に弱く変形しやすいので、直射日光を当てると太陽熱で変形してしまう恐れがあります。

そのため、干す際には直射日光を避けましょう。風通しがよく、陰干しできる場所で干すのが望ましいです。

劣化した温暖機能を復活される方法はあるの?

劣化した温暖機能を復活される方法はあるの?

ヒートテックの寿命を迎えたとしても、まだ寿命を迎えていないヒートテックを重ね着すれば、吸水発熱機能を活用することは可です。その場合は、寿命を迎えてない方を下に着用することです。上下逆にしてしまうと、吸水発熱機能が働きませんので注意が必要です。

また、寿命を迎えたヒートテックを複数お持ちの場合も、重ね着することで肌への密着力が少し強くなるので、その分、吸水発熱機能が多少復活する可能性はあります。

いずれの方法にしても、肌への密着力が機能復活のポイントとなります。

まとめ

まとめ

この記事を読んでみていかがだったでしょうか。ヒートテックの寿命は1年や2~3年とは限らず、使い方次第で寿命が決まるということがご理解いただければ幸いです。

確かにヒートテックの生地が伸びてきたら温かい感じがあまりするものではありません。生地が伸びないようにするために、洗濯の際に洗濯ネットに入れたり、ハンガーにかけて陰干しにしたりすることで、長持ちさせることができます。

また、寿命を迎えたとしても、複数のヒートテックを重ね着することによって、ヒートテックが持っている吸水発熱機能が復活する可能性があり、機能復活には肌への密着力を強くすることがそのコツだということもご理解いただけたことでしょう。

今後は、ヒートテックについて、上記の点に強い意識をもって着用していけば長く使えるので、大事に扱っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す