喪中はがきはいつ出す?時期は10月・11月・12月どれが正しい?

この記事は約3分で読めます。

スポンサーリンク

 

喪中はがきとは、喪中欠礼はがきとも呼べるもので、一年以内に身内を亡くした人が送る喪中はがき。もともとは、年賀はがきの返事が出せませんという挨拶状であった。

そんな喪中はがき、意外と出してはいけない時期と出してもいい時期がありました。ここにまとめてみましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきをいつ出すべき?

喪中はがきをいつ出すべき?

前の項目の通り、その年に身内を亡くした場合に送る喪中はがきですが、どのタイミングで出せばいいのでしょうか?

年賀状の欠礼はがきの役割も果たすことから、早すぎても遅すぎても『喪中はがき』の体を成しません。

早い分には、連絡としてはもってこいなのでしょうが、年賀状は新年を祝うために送るハガキなので、いざ送るという時になって『あれ?喪中はがきもらってた?』となってしまっては元も子もないのです。

であれば、それ相応のタイミングがあるはずです。

それは『先方が年賀はがきを準備する時期』つまり、10月中に先方につくように喪中はがきを出せばいいのです。

しかし、人の生き死には都合よくはいかないもの。年末になってから亡くなってしまう人も中にはいるものです。その場合は、年賀はがきの代わりに『寒中見舞い』を贈ることで、喪中欠礼の代わりとすることが多いです。



スポンサーリンク


喪中はがきを出すにあたってNGな時期とNGなマナー

喪中はがきを出すにあたってNGな時期とNGなマナー

いざ、喪中はがきを出すといった時に、相手方に失礼になってしまっては大切な挨拶も台無しになってしまいます。そこで、NGな時期とマナーをあげてみましょう。

前の項目にも上げた通りに、時期に関しては準備を始める10月中に届かずに、準備の真っ只中や年賀ハガキの時期を過ぎてしまっては、もちろんNGになってしまいます。

さらに、喪中はがきに使ってはいけない言葉があります。

それは『拝啓』『敬具』などの近況報告を伝えるのではないので慎むべき言葉でもあります。

いくら、年賀はがきの欠礼の意味合いもあるからといって、『年賀』などを使用しないで『新年』・『年始』・『年頭』を使用して文面を作成しましょう。

そして、肝心な『誰がいつ亡くなったのか』を書かないと、先方が疑問に思ってしまうので、しっかりと日時を書きましょう。亡くなった人との続柄や感謝の気持ちを書かないと当然のようにNGな喪中はがきになってしまいます。

以上のことを踏まえないと喪中はがきとしての体をなさなくなるので注意しましょう。

まとめ

まとめ

人がなくなったことを知らせる大切なお知らせ『喪中はがき』。昨今では、専用のハガキではなく官製はがきに適切な文言を載せて先方に送るようになっていますが、どうしても、行き違いになって年賀ハガキが届いてしまうことも多々あります。

その時は、寒中見舞いを贈ることで、欠礼の代行となっています。ここまで述べたそのほとんどが、人と人の付き合いの中で生まれた行事です。

喪中欠礼の意味合いとしては、『年賀のあいさつをお断りします』というわけではなく、『自分の家は忌中なので年賀のあいさつができなくてすみません』といった意味合いがあり、年賀のあいさつをしない人は失礼というわけではないということを覚えておきましょう。

そして、家族葬が増えている昨今では、親しい間柄にもかかわらず、年末の喪中はがきや寒中見舞いをもらってから故人の死を知るケースが増えているため、遅い香典より贈答用線香などを贈り弔意を表す人も増加してきています。

そんな時代の流れとともに、身近にあるはずの喪中という故人の死がどこか遠い存在になってしまっている昨今ですが、親友や知人の死が意外と身近にあるということを、心のどこかに置いておきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す