年賀状を取引先の社長に送る際の文例・宛名・マナー・書き方は?

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

 

新しい年の訪れを祝うための手紙。年賀状。一年の初めを知らせるうえでも重要な手紙のひとつで、特に送る相手が取引先の社長であれば、文例や宛名、書き方やマナーが存在します。

社長に限らず目上の人に向けての年賀状の書き方の、正し言葉遣いや配慮と言葉遣いが必要です。

ここでは、そんなマナーや書き方、言葉遣いなどをまとめていきます。

スポンサーリンク

年賀状を取引先の社長に送る際のマナー

年賀状を取引先の社長に送る際のマナー

ここにきて、上司や目上の人に対する年賀状に、『賀正』や『年賀』と書いてもいいのか?それとも、別の言葉を使ったほうが良いのか?年号は書くの?など、ある程度の親しい中であれば気にしなかったことが、送る相手が『目上の人』になるだけで気になってきます。

ここからは、マナー・宛名・注意したい書き方・文例の4つの項目に分けて、ひとつひとつ取り上げてみましょう。

まずは、マナーに関してですが、年賀状は日頃お世話になっている方はもちろんの事、しばらく会っていない人への近況報告をすることのできる『年に一度の挨拶状』でもあります。

その大切な挨拶状なので、相手に失礼のないように心がけましょう。

まずは、この二つの言葉を見比べてみましょう。

  • 賀正
  • 謹賀新年

どちらも、年賀状に使う言葉です。でもこの二つの中で上司や目上の人に送る年賀状には使ってはいけないものがあります。

それは『賀正』です。それと同様に、『迎春』も使ってはいけないものに当たります。では、なぜなのか?

この二つの言葉は、どちらも『賀正』(正月を祝います)『迎春』(新春を迎えました)と報告しているだけになってしまいます。そのため、目上の人に業務報告をだけなので、肝心な敬意や丁寧さが全く伝わりません。

それに対し、『謹賀新年』は謹んで新年をお祝いします。となり、その分面から敬意や丁寧さが伝わってきます。そのほかにも、四字熟語ではなく、『あけましておめでとうございます』や『謹んで新春のお慶び申し上げます』なども敬意や丁寧さが伝わりいい文章となります。

謹賀新年

ここで、よく間違えてしまうことがあります。

  • 新年あけましておめでとうございます。
  • 新年おめでとうございます。

この二つの違いです。この二つの文例の前項は賀詞『新年』と『あけまして』の2つ使って重複して使てしまているので、NGワードになってしまいます。『新年』と『あけまして』が同じ意味合いなのでどちらかを削除して、『新年おめでとうございます』か『あけましておめでとうございます』とこうなります。

あけましておめでとうございます

どうしても物足りないような気がしてしまいますが、多くをのぞまずに目上の人に年賀状を送る際はこちらのほうが正解となります。

そのほかにも、添え書きには『句読点はつけない』のが通例となっていて、当然のように忌み嫌われるような言葉『去る』・『失う』・『滅びる』は使ってはいけないNGワードになっています。

年号にももちろんの事、マナーが存在します。

  • 平成○○年 元旦
  • 1月元旦
  • 平成三十年 元旦

この3つは、一番上が正解です。なぜかというと、2番目の『1月元旦』では、そもそも『元旦』の言葉自体が『1月1日』を表すので、重複してしまっていることです。では、3つ目はどうしてだめなのか?

これは、この文章が『横書き』だからです。確かに、この記事を読む分には読みやすいですが、年賀状にしたときは『縦書き』でこの表記であれば問題ありません。






ならOKです。

その反対に、縦書きなのに英数字で書いてしまうと、バランスが取れなくなりマナーとしてもNGとなってしまいます。そして、写真入りの年賀状もありますが、送る相手によって選びましょう。送る相手が目上の人の場合は『失礼』ととられかねないので、文章のみの年賀状がいいでしょう。



スポンサーリンク


年賀状を取引先の社長に送る際の宛名

これにかんしては、基本的には名刺の通りに記入すると無難です。では、ふたつの例題のうちどちらがいいでしょうか?

・紅商事株式会社
社長 山田助四郎様

・紅商事株式会社
山田助四郎 社長様

このどちらも、『社長』へは届くでしょうが、後者のほうが失礼にあたってしまいます。なぜなら、『名前』よりも『役職』が後ろに来てしまうために、『様』と『役職』が同じ敬称となって重複してしまうので自然ではありません。それにもらった相手方としても読みにくいです。

社長

もちろん『殿』などは使ってはいけません。なぜなら『殿』はよく時代劇で目上の人を『殿様』と呼ぶので勘違いしますが、そもそも『殿』は目下の人を事務的・公式的に使うためのものなので、目上の人に対して使ってしまっては元も子もありません。

年賀状を取引先の社長に送る際の注意したい書き方

ここで、今までのことの要点をある程度まとめてみましょう。

・『賀正』ではなく、『謹賀新年』や『新年おめでとうございます』などの敬意を表した表現を使う。

・元旦という言葉を複数使うのではなく『平成○○年 元旦』などを使い縦書きの場合は、漢数字にする。

・宛名は『会社名・役職名・名前』の順に書き、『殿』は使わないこと。

以上のことが重要点になってきます。

年賀状を取引先の社長に送る際の文例

ここまで上げた注意点を踏まえながら、年賀状を取引先の社長に送る際の文例をあげてみましょう。

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中はひとかたならぬご高配にあずかりまして誠にありがとうございました

貴社のご繁栄を心からお祈り申し上げますとともに

本年も倍旧のお引き立てのほど切にお願い申し上げます

平成三十年 元旦

引用元:年賀状文例

謹賀新年

昨年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます

貴社のご繁栄を心からお祈り申し上げますとともに

今後とも何卒よろしくお願い致します

平成三十年 元旦

このような文例はいかがでしょうか。しっかりと注意点を踏まえて構成しています。

送る時期

送る時期

送る時期に関しては、本来。松の内(1月7日)までに届けば失礼にはなりませんが、なるべくであれば、1月3日までには届くようにしましょう。

そのため、12月の特別扱い時期が来る15日~25日を目安に出しておきましょう。

まとめ

ここまで、長々と文例・宛名・マナーについてのべてきましたが、年始の挨拶でもある年賀状を目上の取引先の社長に送るということだけでも、緊張してしまい余計な言葉まで付け加えてしまいそうになりますが、要点を踏まえるとそれほどかしこまらなくてもいい文章が書けるようになります。

特に年賀状ともなると、普段は使わない『ご高配』や『倍旧』などの言葉も出てきます。そのため、形式ばってしまい慣れないという人もいるでしょう。

年賀状にはある程度の例文があります。それを参考にして組み上げればいいのです。なにも、一から組み立てる必要はないのですから、大いに参考にしましょう。

『謹賀新年』も『元旦』も『殿』も用法・要領を守って使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す