お歳暮の時期は関西・関東・九州・東北で地域別に違っていた?

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

 

毎年12月の時期が近づいてくると、お世話になった方へのお歳暮のことも考えたりしますよね。その際に、どんなお歳暮を選んだらいいのか、頭を悩ませるところです。

そもそもお歳暮って、いつ送るべきものなのかご存知ですか?送るとしても、運送業者にとってお歳暮の時期は繁忙期で、希望の配達時期に間に合わないこともあるようです。配達が遅れるようでは困りますよね。

そこで、この記事ではお歳暮の時期と送る方法について下記にまとめてみました。お読みいただければ、計画的にお得にお歳暮を先方に送り届けることができます。是非、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

お歳暮時期は、地域によって違うの?

お歳暮時期は、地域によって違うの?

お歳暮とは文字通り「年の暮れ」を意味し、元々、新年に神様やご先祖様にお供えするものを本家に送るという風習があり、それがお世話になった方への贈答品の形に変わっていきました。

これは、江戸時代の商業から影響を受けていると言われています。その影響により、年末の大掃除をする日として「すす払いの日」が12月13日に設定されていて、正月の準備時期に贈るのが望ましいという理由で、12月13日から12月20日の間にお歳暮を贈答するという習慣が定着していました。

現在はすす払いの習慣がなくなったため、お歳暮の時期は12月13日からという時期ではなく、傾向としてそれよりも早めのものになっています。

また、地域によってはお歳暮の時期自体も異なるようですので、下記で地域ごとに比較してみましょう。

関西

平均的には、12月10日~20日頃がお歳暮の時期です。主要都市では、より早い傾向にあります。

関東

平均的には、12月1日~20日頃がお歳暮の記事です。早いところは、11月下旬からの時期だったりします。

九州

平均的には、12月10日~20日頃がお歳暮の時期です。主要都市では、より早い傾向にあります。

東北

平均的には、12月10日~20日頃がお歳暮の時期です。場所によっては、12月初旬からの時期だったりします。

ただし、どの地域においても言えることで、お歳暮を先方に送る際に1つ注意を要する点があります。

それは運送業者の運送事情です。運送業者の運送時期には繁忙期があり、お歳暮を運送する時期もその一つで、運送状況によっては配達の遅れる場合があります。

運送業者の運送事情

そのため、デパートやインターネットの通販などのカタログを見ると、1ケ月前までに商品を選ぶ設定になっています。もし、12月上旬までに送る場合は11月上旬までに選ぶ必要があります。10月中には決めておくのが望ましいですね。

配達が遅くなり、12月20日の後の時期になってしまうとクリスマスや正月の準備などで忙しい時期になってきますので、その時期にお歳暮を届くのはご迷惑になります。それを避けるために、できるだけ早めの時期に決めておくのが望ましいです。



スポンサーリンク


お歳暮のおすすめの運送方法

お歳暮を手渡しで贈る方法が確実ですし、お世話になったという気持ちをしっかり先方にお届けできて理想ですが、実際には運送業者に運送してもらう場合が多いです.。

また、運送業者に運送してもらうにも重さやサイズによって、配送料が異なってきます。そこで、お歳暮を運送するおすすめの方法を紹介します。

郵便局の「ふるさと小包」

ふるさと小包

郵便局の「ふるさと小包」がオススメです。カタログをご覧いただくとわかりますが、全国各地の名産品が揃っていて配送料も無料です。

他の運送手段でも配送料が無料になる場合はありますが、基本的には配送料の発生する場合が多いものです。

郵便局の「ゆうパック」

郵便局の「ゆうパック」

「ふるさと小包」にご希望の商品がない場合は、郵便局の「ゆうパック」がオススメです。ただし、重さ30キロ以内またはサイズ3辺合計170センチ以内という制限がありますので、お歳暮の重さとサイズに十分注意してください。また、運送するお歳暮の重さやサイズ、運送距離によっては配送料が運送業者で異なりますので、念のために比較して確認しておきましょう。

なお、ファミリーマートの「はこBOON」という運送方法もありますが、しばらく休止中です。もし再開されてお歳暮の運送に間に合うようでしたら、重さ10キロ以内またはサイズ3辺合計160センチ以内のお歳暮であればお得です。

インターネットで申し込むことで利用できる運送方法です。もし、再開の目途が立つようでしたら、ご検討に入れてみてください。

まとめ

まとめ

ここまで、お歳暮を送る時期とその方法について紹介してきましたが、お読みになっていかがだったでしょうか?お歳暮とは「年の暮れ」という意味があり、古い時代より、すす払いの日から12月20日までに贈答品を送るという習慣がありました。

現在では地域によりお歳暮の時期が異なり、しかも、年々早まる傾向もあるようですね。また、お歳暮を送る手段として運送業者に依頼することが多いものですが、運送業者にとってもお歳暮の時期は一年で一番の繁忙期であり、配達の遅れる場合もあるようです。

なるべく10月中にはお歳暮を運送業者に依頼する時期を決めておきましょう。お歳暮を送るには郵便局を利用するのがお得で、中でも「ふるさと小包」が日本全国各地の物産を配送料無料で送れる点で魅力です。

これからは是非郵便局の「ふるさと小包」を利用して、計画的にお歳暮をお世話になった先方に送り届けましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す