熟睡するための電気毛布と掛け布団の上手な使い方とは?注意点も!

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

 

冬の時期になると、寒い日がやってきます。特に、夜はかなり冷え込むので、睡眠に入ろうにもなかなか快適に眠ることが難しいものですね。それには、電気毛布を使用することもあると思います。

そこでお聞きしますが、あなたは電気毛布の正しい使い方をご存知ですか?電気毛布を使っても、なかなか温かくならないなんてことはありませんか?

この記事では、快適に熟睡できるための電気毛布の使い方や注意点を紹介します。読んでいただくと、就寝の際にうまく電気毛布を使えて、冬でも寒い思いをしなくて済みますよ。是非、参考にご覧ください!

スポンサーリンク

電気毛布の役目とは?

電気毛布の役目とは?

電気毛布は直接身体を温めるのみならず布団も温かくし、快適な温度のまま温かさを維持しながら、安心して眠ることができる便利な電化製品です。

電気毛布の中には、電熱線が配線されています。電熱線に電気を通すことによって熱が発生し、毛布の温度を高め身体や布団にも熱を伝導させます。その温度は20度から50度まで上がると言われています。付属のコントローラーで温度調節ができ、中にはタイマー機能までついている電気毛布もあります。

就寝前30分ほど電気毛布により布団の中を温めておけば、それ以降はスイッチオフにしていても、電気毛布に触れている布団の温度と布団の中の身体の体感温度が高いまま維持されます。つまり、電気毛布は布団を温め、その熱を身体にも伝え保温して快適な睡眠に導く役目があります。

快適な睡眠に導く役目

なお、電気毛布には掛け毛布と敷毛布とその両用のものがあります。それらのうち、敷毛布の方が費用対効果は高いです。なぜなら、熱が下から上に向かう流れが自然であり、電気敷毛布はその流れを作るものだからです。

電気敷毛布から直接敷布団に熱が伝わり、そこから上方に熱が向かっていき掛け布団も温められます。そのため、保温されやすい上に、消費電力も比較的に少なくて済みます。



スポンサーリンク


熟睡するための電気毛布と掛け布団の使い方

熟睡するための電気毛布と掛け布団の使い方

電気毛布を掛け布団と敷布団の間に入れて、就寝30分ほど前にスイッチを入れておきます。掛け布団と毛布を併用する場合には毛布を掛け布団の上に掛けると、布団の中に熱を溜められますので、効果的です。

つまり、上からの順番を示しますと

毛布
掛け布団
電気毛布
敷布団

となります。

就寝時には、電気毛布を身体の下して睡眠に入ります。ただ、掛け布団より毛布の肌触りに愛着があって、どうしても身体の上には毛布にしたいという場合は、タオルケットを使用されることをオススメします。

その場合、上からの順番は、

タオルケット
掛け布団
毛布
電気毛布
敷布団

となります。

就寝時間になりましたら、電気毛布のスイッチをオフにしコンセントを抜いてください。この時点で、布団の中がポカポカに温まっています。その状態で身体を布団の中に入れると、体感温度が上がっていきます。

布団の温度は少しずつ下がっていきますが、体感温度は維持されるので布団の中にいる間、身体が冷えにくくなります。ただ、人によっては個人差があり、どうしても身体が冷えてしまうということもあります。その場合はタイマーを設定して、時間を限定して使用しましょう。

使う際の注意点

電気毛布を使用する際に注意すべき点があります。それを下記に紹介します。

つけっぱなしにしない

つけっぱなしにしない

電気毛布をつけっぱなしにしないように注意が必要です。電気毛布をつけっぱなしにして眠ると、身体によくありません。睡眠中に汗をかきその汗が布団に浸透して、湿った布団により身体を冷やしてしまうことがあります。

また、汗をかきすぎて脱水症状になり、最悪の場合では脳梗塞を引き起こすリスクもあります。身体には体温調節する機能がありますが、電気毛布に浸ったままですその機能が停止し、それに伴い心拍数も下がらず、疲れがとれにくくなります。

肌にも悪影響があり、乾燥してしまいカサカサになります。

妊娠している場合やペースメーカーなどを使用している場合

妊娠している場合やペースメーカーなどを使用している場合

電気毛布には電熱線が使用されているため、電磁波も生じています。人体に有害であるほどの強いものではありませんが、妊娠されている方やペースメーカーなどの医療機器を体内に入れている方は、電気毛布の使用を避けた方が無難でしょう。

妊婦さんの場合には胎児への悪影響、医療器具使用者にはその器具の誤動作の起きるリスクがそれぞれ考えられます。

まとめ

ここまで、電気毛布の使い方について紹介してきましたが、読んでみていかがだったでしょうか?確かに、電気毛布には布団や毛布を温める効果があり、それを就寝30分前から使用していれば、就寝の際には快適に布団の中に入れ、その後には熟睡ができます。

掛け布団の上に毛布かタオルケットを掛けると、熱が逃げにくいので温まりやすいです。ただ、電気毛布のスイッチのつけっぱなしは身体によくありませんので、就寝の際にはスイッチをオフにし、コンセントを抜いておきましょう。

どうしても、睡眠中に冷えてくるという場合にはタイマーを設定して、使用時間を限定して使用するのが望ましいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す