オイルヒーターのメリット・デメリットは?おすすめの処分方法は?

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

 

ここでは、冬の寒い時期の必需品オイルヒーターを取り上げます。

ファンヒーターにはない、ゆっくりと周りの空気を温めてくれるオイルヒーターは、自然と部屋の空気全体を温めてくれます。

大型のものであれば、公共機関などにあるオイルヒーターですが、小型のもので家庭用もあります。では、ファンヒーターとは異なるオイルヒーターのメリット・デメリットを取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

オイルヒーターのメリット

オイルヒーターのメリット

メリット・デメリットも上げだしたらキリがりませんが、ここでは4つのメリット・デメリットを取り上げていき、比べてみましょう。その中で、あなたの選ぶきっかけになればと思います。

空気が乾燥しない

冬場の寒い時期で、ファンヒーターや反射式ストーブでは空気を『燃やして』しまうので、空気中の水蒸気まで奪ってしまいます。そのため、部屋の空気まで乾燥してしまいます。

その点、オイルヒーターは空気を『燃やさない』ので、空気中の水蒸気を奪うことなく室内の温度を上げることができます。

燃料補充などでの手が汚れることがない。

オイルパネルが汚れれば、乾拭きなどのメンテナンスは必要ですが、そのほかはほとんどそのまま使うことができます。

その点、ファンヒーターや反射式であれば灯油はもちろんのこと、長期間使用する反射式ストーブは一定期間で芯の交換が必要になってくるために、ファンヒーターはかなりの手間暇がかかります。

空気が汚れない

ファンヒータや反射式ストーブであれば灯油を燃やして部屋を暖めるために、喚起に注意がが必要になってきて、空気が汚れてしまいます。

その点、オイルヒーターであればオイルそのものを燃やしたりするものではなく、熱いオイルをパイプ循環させることでの室内の空気を温めるので、空気が全く汚れません。

一度温まるとなかなか冷めない

これは、オイルヒーター独特の能力なのですが、ファンヒーターや反射式ストーブでは温風送風が止まったり燃料切れでの給油の段階では、部屋の温度が下がってきます。

その点、オイルヒーターは暖かくなるまでは時間がかかるものの、電源を切ったとしてもしばらくは暖かい状態が続くので、エコにもなります。



スポンサーリンク


オイルヒーターのデメリット

オイルヒーターのデメリット

意外に電気代がかかる

オイルヒーターの電気代に関しては、他の記事(オイルヒーターとエアコン)の記事を参照してもらえると助かりますが、オイルヒーターはエネルギー効率が悪いために電気代がかかってしまいます。

日本古来の日本家屋には不向き

昨今の新築のお宅などの断熱性の高いお宅であれば向いているのですが、昔の住宅では気密性が低い日本住宅にはなかなか温まらないという現象が起きています。

素人では、廃棄が困難なために回収が必要になる。

オイルヒーターはその構造上、中に熱交換用のオイルが循環しています。そのため一般の人には取り扱いが不可能な面があります。

この次の項目でオイルヒーターの処分方法を取り上げますが、地域によって回収費用がまちまちなので自治体に相談しましょう。

暖かくなるまで時間がかかる

ファンヒーターや反射式ストーブは、点火時から数分で暖かくなりますが、オイルヒーターはそうはいきません。ある程度の所要時間を要してからじんわりと暖かくなっていきます。

オイルヒーターの処分方法の比較

ここでは、温まるまで時間はかかりますが、温まるとほんのりと温めてくれるオイルヒーターをいざ、処分するといった時にどうすればいいのでしょうか。

その処分方法の比較をしてみましょう。

自治体に依頼して処分する

自治体に依頼して処分する

自治体に依頼することで、処分やリサイクル料を支払い回収してもらう方法があります。粗大ごみとして回収されるオイルヒーターは、費用自体はさほど高いものではありません。

オークションやリサイクルショップに売る

オークションやリサイクルショップに売る

昨今のオイルヒーターは、家電としてではなく『インテリア』としての飾る人が多く、北欧のインテリアを目指している場合に、貴重なアイテムに早変わりします。

そのため、自治体に回収費用を払うよりも、この方がかえってお金が『もらえる』方法でもあります。

買い替えタイミングでの『下取り』をしてもらう

買い替えタイミングでの『下取り』をしてもらう

新しいオイルヒーターへと買い替える場合に販売店に申し込むことで利用できる方法で、必ずしも利用できるとは限りませんが、大手の家電ショップであれば一様に対応してくれます。

まとめ

まとめ

結構、便利な商品『オイルヒーター』

ここまで、オイルヒーターのメリット・デメリットを述べてきました。柔らかな暖かさのオイルヒーター使用時の手間はかからないものの、処分に関してはやっぱりいろいろとかかってしまいます。

しかし、購入時には結構安く購入することができます。まして、買い替えのタイミングの下取りであれば、購入費用をさらに落とすことができるのでお勧めできます。

温まるまで時間はかかるものの、温まってからは電源を切ってもしばらくは暖かいままということもあり、エコや節電の面でも注目を浴び始めています。

メリット・デメリットをまとめてみるよこうなります。

  • メリット=乾燥しない・燃料補充などで手が汚れない・空気が汚れない・一度温まるとなかなか冷めない。
  • デメリット=意外に電気代がかかる・日本古来の日本家屋には不向き・素人では、廃棄が困難なために回収が必要になる・暖かくなるまで時間がかかる

と、このようなメリット・デメリットがあり、一長一短の特徴があるのがオイルヒーターとなります。ま、そこが好きでオイルヒーターを好んで使っているユーザーもいるでしょう。

購入時に安いというのも利点のひとつですし、メンテナンスも廃棄時以外はそんなに必要としないことなどが購入者に好まれて販売数が伸びているのも事実です。

また、昨今ではインテリアとしても注目を浴びているので、手放すときにもリサイクル料を支払うのではなく、お金になるものもあります。

適切な処分方法を選び、環境も大事にしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す