布団ダニ退治で乾燥機の正しい使い方とおすすめの布団乾燥機3選とは?

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

 

肌の弱い赤ちゃんにとっては、ダニのいないタオルケットに寝かせてあげたいのが親心です。でも、しょっちゅうコインランドリーや車の炎天下で退治することができないこともあります。特に最近であれば、連日の暑さが続いたと思いきや今度は雨が続くという、冷夏といってもいい環境になっています。

そんなときは、どうしても家庭内で何とかしなければいけなくなります。何枚かのローテーションで毎回のダニ退治ができればいいでしょうが、ダニ退治に関してはアイロンをかけた後に専用のヘッドを付けた掃除機などで吸い込むひと手間が出てきます。

一日中家事に追われている主婦にとって、ひと手間でも省けるようなら省きたいものです。そんなときには、布団乾燥機でもなんでも使えるものは使いましょう。

ここでは、布団乾燥機の効果的な使い方をしてダニ退治を行い、少しでも主婦の苦労を取り除きましょう。でも、正しい使い方をしないと効果が、十分に発揮できなかったりします。この記事でしっかり見ていきましょう。

スポンサーリンク

布団乾燥機がダニ退治に有効的な理由

布団乾燥機がダニ退治に有効的な理由

外が雨だろうが関係なく、布団を乾燥してくれる『布団乾燥機』。特に冬の寒い時期であれば、寝る直前に温めてあると寝るときもぐっすりと寝れるものです。

そんな、乾燥の万能選手の布団乾燥機が、ダニ退治にはどの点が良いのでしょうか?

高温・多湿と適度な皮質やフケがあり20~26度の範囲で繁殖します。布団の中はそんなダニに対して快適な環境を提供しています。そんなダニは、高温(50度以上で20~30分)でも死滅しますが、もう一つの弱点が乾燥です。

60度近くにもなる布団乾燥機は、ダニにとっては天敵といっても過言ではありません。いくら高温が好きといっても60度にもなってしまえばダニは死滅してしまいます。それと同時に湿気も飛んでしまうのでカピカピになってしまいます。

この点が天日干しでもなかなか実現できないところでもあります。まして、適切にセットしてしまえば、あとは乾燥機自体が設定時間の間、温め続けてくれるので、その間。他のことに手を回すことができるので、主婦は大助かりです。



スポンサーリンク


布団のダニ退治での乾燥機の正しい使い方

布団のダニ退治での乾燥機の正しい使い方

さて、ダニ退治に有効的に働いてくれる布団乾燥機ですが、それでもちゃんとセットしないとその効果は発揮しきれません。では、どのようにセットすればいいのでしょうか?

ダニの習性を利用して、普通の乾燥機の使い方とは一風違った使い方で、ダニを退治しましょう。

乾燥マットを挟むように2つ折りにする。

乾燥を嫌うダニにとっては、今までいた布団が暑くなってきてもそれ相応の湿度があるところでないと、移動しないので避難しなくてもできないために、逃げ道を断つことになります。

上から掛け布団をかける。

乾燥マットと掛け布団でサンドすることで、乾燥機で温められた空気が布団の中に長時間とどまるのでより効果が高まります。ダニにとっては、たまったもんではありませんが。

上記の状態を30分~1時間この状態で放置すれば、ダニは死滅します。そして、乾燥が終わった後に専用の掃除機で一定方向に吸い取れば、完了となります。ダニは皮脂やフケが多い場所に集まるので、頭部のあたる場所が多くなるので念入りに吸い込みましょう。

おすすめ乾燥機3選

SHARPプラズマクラスター搭載 布団乾燥機

SHARPプラズマクラスター搭載 布団乾燥機

出典元:SHARP

プラズマクラスターの名前の通りに空気清浄機能も付いた高性能布団乾燥機です。この子ひとつで、

布団の乾燥
衣類の乾燥
靴の脱臭
乾燥
空気の浄化機能

の5個の機能を持っています。

象印 ふとん乾燥機 スマートドライ

象印 ふとん乾燥機 スマートドライ

こちらは、あたため機能があり、冬場の寒い時期などにもってこいの機能で、あたためすぎることのないちょうど良い機能を持っています。

パナソニック 布団乾燥機マットレス ナノイー搭載タイプ

パナソニック 布団乾燥機マットレス ナノイー搭載タイプ

出典元:Panasonic

この布団乾燥機は、他の乾燥機とは異なり匂いまで取ってくれる乾燥機です。花粉・脱臭・アレル物質・カビ・ウィルス・PM2.5など様々な効果を持った万能乾燥機となります。

肌の弱い子供には、必要不可欠?

肌の弱い子供には、必要不可欠?

ここまで色々と述べてきましたが、ダニは人間と切っても切り離せない関係にあります。人が生きている間にどうしても代謝で出す皮脂やフケなどを糧にしてダニが生きています。

そう考えるとダニの存在は、自然の摂理といってもいいでしょうが、人間にとってはフンや死骸などがアレルギーの元ともなり百害あって一利なしですが、ダニにとっては人間がいなければ生きていけません。

成長してある程度免疫ができてきている大人であれば、少しダニにかまれてもアレルギーが少し出る程度で済む人や結構出てしまう人もいたりとまちまちな症状が出ます。

そんなことから、一概に言い切れない面もありますが、退治する方法に関してはここで紹介してきた通りに、60度でダニは死滅し専用の掃除機で吸引することで退治することができるので、アレルギーの発症を抑えることはできます。

適切な対応をして、快適な睡眠を得ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す