クロハラハムスターの性格は本当に凶暴なの?

この記事は約2分で読めます。

 

日本では近年、ペットブームが巻き起こり、いろいろな動物がペットとして飼われています。

犬や猫はもちろんですが、最近では小さくて飼いやすいペットが好まれています。

小動物ランキングでは、モルモットに次いで、不動の人気を誇るハムスターについてお話ししていきます。

ハムスターブームは10年前にアニメ「とっとこハム太郎」が放送されて以来、その愛くるしさと飼いやすさから爆発的な人気を得ています。

その種類も豊富で、有名なジャンがリアン、ゴールデン、ロボロフスキーなどがいます。どれも人懐こく、飼い主を癒してくれる大切な存在です。

今回はあまり知られていない「クロハラハムスター」について、紐解いていきます。

スポンサーリンク

クロハラハムスターってどんな子?

2b

出典:http://beastie-ani.com/

クロハラハムスターはその名のとおり、お腹の毛が黒いことからその名前が付けられました。原産はベルギーからヨーロッパ中部やルーマニア南部で、「ヨーロッパハムスター」と呼ばれることもあります(クロハラハムスターは和名)。

穴に潜って生息することから古くは農業害獣として実験台などにも使われてきた、悲しい歴史を持っています。近年、ヨーロッパでペットとして飼われるようになりました。

ペットとしての歴史はほかのハムスターに比べて浅く、日本で飼育されるようになったのは1997年ころからと言われています。

体長はゴールデンより大きく20~30㎝、寿命は平均8年で、ほかのハムスターより長く育てられます。

気になる性格について…。温和なゴールデンとは真逆と言われ、「凶暴」として知られています。凶暴というと語弊があるので「野性味」がある、と言い換えたいと思います。



スポンサーリンク


飼うのは難しい?

2a

出典:http://petippai.com/

基本的にハムスターには少なからず噛み癖があります。それはクロハラハムスターに限ったことではありません。どのタイミングで飼い始めるかが重要なのではと思います。

赤ちゃんのころからいかに人に慣れさせるかが、楽しいペットライフを送れる鍵となります。

犬や猫と違い、「しつけ」があまりできないネックを持っている小動物ですが、赤ちゃんのころから慣れさせた個体と、人になれる機会がなく、ある程度成体になった個体とでは噛み癖があるなしに大きな違いが出てくるのです。

しかし、クロハラハムスターはペットになって日が浅く、野性味が強いため、飼う際は苦戦するかもしれません。

どうしても飼いたい!迎えるにあたって準備するものと心がまえ

飼い方のポイントをまとめます。

【おうち編】

  • 飼育ゲージはウサギやモルモット用を用意!回し車も大きめのものを(チンチラ用など)
  • 食べ物などは主流のハムスターと同じでOK!
  • 床材は潜れるほど多めに入れましょう

【お世話編】

  • 多頭飼いはやめましょう(縄張り意識が高いので、ケンカしてストレスがたまるため)
  • メスの妊娠中は要注意!気が荒くなっているので、干渉せず、そっと見守りましょう
  • ストレス発散や運動不足解消のため、30分ほど部屋に放してあげましょう(脱走注意)

以上、主なポイントをあげました。個性的なハムスターですが、慣れないからといって途中で投げ出さず、根気よく、愛情をもって接していけば必ず心を開き、なついてくれるようになるはずです。

最後まで責任をもって、家族の一員として迎えてあげてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す