電子レンジの電磁波対策!体への影響は危険?ベストな距離は?

この記事は約6分で読めます。

スポンサーリンク

 

大変便利な家電と言えば電子レンジですよね。

どの家庭にあるはずです。 でも電子レンジはあえて使用しないという家庭もあります。

その理由としては、電磁波を気にしてのことのようですね。
電磁波は危険なもので、人体に悪影響を及ぼすものだという認識があるからかも知れません。

電子レンジが発する電磁波は、健康を害するものなのでしょうか。

では電子レンジの電磁波についての説明や体への影響や危険性について、またその対策とベストな距離はどれくらいなのかなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

電子レンジの電磁波とは?

体に電磁波が悪いということは聞いたことがあるでしょうね。

では電磁波とはそもそも何なのでしょうか。

磁気と電気との性質を合わせ持つものが電磁波で、太陽や地球が作り出している天然の電磁波があれば、携帯電話や電子レンジなどから出る人工的な電磁波というものもあります。 その中でも人工的に作り出された電磁波を浴びると人の健康に大きく影響を及ぼす可能性があると言われているのです。

では電子レンジと電磁波の関係とはどのようなものなのでしょうか?

電子レンジの電磁波とは?

家電の中でも電子レンジは特に強い電磁波を発生させるものだと言われていますので使用する際には、特に注意が必要なのです。

電子レンジの仕組みとして、食物を温めるためにマイクロ波を意図的に発生させます。そのために強力な電磁波がほかの家電より多く発生します。

さらに1日に電子レンジを何回も使用するという方が多いでしょう。その結果として電磁波を浴びる量が増加していくということになります。



スポンサーリンク


電子レンジの電磁波による体への影響

電子レンジの電磁波による体への影響

健康への影響としては、電子レンジから発せられる電磁波によるものはどの程度なのでしょうか。

電磁波の影響のうち子供が受けるものは特に深刻で、小児がんを誘発する恐れがあるという可能性が指摘されています。 妊娠中の女性は、小児がんを電磁波が誘発する可能性があるということを知っている方は多いでしょう。

そのため電磁波のお腹の赤ちゃんに対しての影響を心配するというのは当然のことですね。 そして通常時よりも妊娠中は、健康に対してもより敏感になっている時期ですので電子レンジの電磁波についても普段であれば気にしない方でも不安になってしまうのは当然です。

妊娠中の胎児や母体に電子レンジが発する電磁波が、確かに悪影響を及ぼすという可能性はあります。しかし、あくまでもその可能性があるという程度に過ぎない程度です。

ただし、電磁波が及ぼす影響について妊婦さん自身が悩みすぎるとかえってストレスになる場合もあります。その点に関しては、海外では電磁波過敏症という病気があり、日本ではあまり馴染みがないのですが広く認知されているのです。

電磁波過敏症というのは、さまざまな健康障害を家電製品の電子レンジなどを始めとしたものから出ている電磁波を浴びることで起こすと過敏に思っている症状のことを言います。 疲労やだるさ、頭痛やめまいなどの症状が身の回りにある電磁波をわずかに浴びただけで起きるというものです。

現在その症状というのが、電磁波の本当に影響によるものなのかまたは心理的な要因が関係しているのかなどについては明確にされていません。 ただ、電磁波が人体に対して悪影響を及ぼすという可能性があるということは、さまざまな実験や研究結果からはっきりとしています。

このような対処については、正しい電磁波に関する知識をしっかりと持って電磁波対策を適切に実施することで不安などを軽減していくということが大切です。

電子レンジの電磁波対策

電子レンジの電磁波対策

電子レンジから発生する電磁波の影響を少しでも軽減するためには、どのような対策を考えてしていけばいいのでしょうか。

では、電子レンジに対しての電磁波対策を次にご紹介しますね。

電子レンジを使用している時には、できるだけ離れる

発生場所から離れるだけで電磁波からの影響力が弱まります。 そのため電子レンジを調理などで使用している時には、できるだけ離れてください。

電子レンジのそばで調理ができるまでずっと立って待ったり、調理具合をのぞきこんだりして確認するということはやめてください。

使用時以外は、電源を抜く

電子レンジからは、使用していない時でも電磁波が発生しています。 電磁波の量は、使用時に比較すると発生している量は少ないのですが、電磁波を常に発生させているという状態にしておくことは危険も大きくなります。

電源コンセントを使用しない時には、できるだけ抜いて電磁波が発生しない状態にすることが重要です。

電磁波対策グッズの活用

電磁波の影響がこれだけ懸念されている現在ですので、電磁波対策用のさまざまな種類のグッズが売られています。

シールド材という電磁波を遮断する素材を使用した例えば生地やクロス、エプロンなどが売られています。

電磁波の影響を受けにくいと思うグッズの中で、ご自分にとって最も使用しやすい物を探してみてください。 どうしても距離を電子レンジからとって使用するのが仕事の関係などで難しいという方は、このようなグッズがおすすめですよ。

やってはいけない電磁波対策

やってはいけない電磁波対策

さまざまなタイプの電磁波から身を守るためのグッズが販売されています。

では、電磁波グッズを購入する際にはどのような点に注意して購入したら良いのでしょうか?

その注意点についてご紹介します。

信頼できる品物を購入する

電磁波グッズは、上述したようにたくさんありますが信用できるメーカーの商品でなければ効果というのは期待できません。 そのために販売しているお店が重要なポイントになります。

電磁波グッズは、普通の雑貨屋で販売されていることもあるのですが効果が期待できないような商品が販売されていることがあります。それなりの値段がするものですから後悔することのないように、効果が確実に期待できるものを選んでください。

電磁波測定器を先に購入する

グッズを購入する前に、どの程度の電磁波の影響を電子レンジから受けているのかをまず最初に知っておくという必要があります。

その量によってどの程度のグッズが必要なのかが分かるからです。

電磁波測定器を先に購入し身の回りの家電などの電磁波を測定することをおすすめします。 事前にしっかりと無駄な買い物をしないために準備をしておくことが必要です。

ベストな距離は?

ベストな距離は?

電磁波でも電子レンジから発せられるものは確かに強力ですので、電子レンジの使用時には距離をとる事が大切です。

ある程度距離をとって使用すると電磁波の人体への影響は、多少抑えられます。 キッチンのスペースが日本の住宅事情ではそれほど広くはありません。利便性を考慮して、電子レンジを使用しやすい場所にご家庭でも置いていることでしょう。 そのような状況ですから、距離を電子レンジからとるというのは簡単なことではないでしょうね。

しかし先述しましたが、使用中に間違えても電子レンジの中をのぞきこむというようなことはしないで、1mから2m以上離れて使用することを心がけてください。

1mから2m離れるだけでも電磁波の影響というのは、ほぼなくなると言われています。 キッチンが狭いというご家庭では、電子レンジとの距離がどうしても近くなりがちです。

そのような場所では、少し高い所に置くなどして距離を作ることもできますね。

まとめ

電子レンジの電磁波についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

とても電子レンジは便利な家電ですから、全く使用しないで生活をするということは難しいものです。 現在の所では電磁波の危険性というのは、科学的な確証がまだしっかりとはなされていませんが安全に使用し安心できるようにする事が大切です。

健康に悪影響が出るかも知れないので、使用しないようにするというのもストレスがたまるかも知れません。 電子レンジを使う際は、少し離れるとかどうしても不安な方は対策用のグッズを購入して使用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す