フレンチブルドッグの性格は?子犬から飼う時の選び方と価格相場は?

この記事は約2分で読めます。

 

愛嬌たっぷり!フランス・パリでの流行をきっかけに、世界中で愛される人気犬種になったフレンチブルドッグの魅力を紹介します!

スポンサーリンク

フレンチブルドッグの性格

10a

出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

フレンチブルドッグ(French Bulldog)とは、闘犬のブルドッグを起源とし、その中でも小型で温和に改良された愛玩用の犬種です。

その表情豊かで明るい性格から、今では世界中で人気の犬種となっています。

筆者自身も、ヨーロッパ旅行中にフレンチブルドッグを連れて歩いている人を見かけることが多く、その人気ぶりを実感しています。

吠えることもあまりなく走り回るタイプの性格でもないため、室内飼いに最適な犬種と言えます。

さらに、気まぐれでマイペースな一面もあり見ているだけでも癒されます。

人見知りも少なく人間が大好きな甘えん坊、誰とでも仲良くなれる愛情深い犬種です。



スポンサーリンク


フレンチブルドッグの体の特徴と飼育の注意点

10b

出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

フレンチブルドッグの体の特徴としては、コウモリ耳と広い額、低い鼻、そして幅広体型でしょう。

毛は短毛で手入れもしやすく、闘犬由来の筋肉質で引き締まった体をしています。飼育の注意点は大きく二つあります。

一つ目は、目や鼻の奥にあるシワの手入れです。汚れがたまりやすいので、週に一回は綿棒やガーゼで拭き取って清潔に保ってあげましょう。

二つ目は、食事や運動などの体型維持です。フレンチブルドッグは肥満になりやすい体質なうえ、股関節に遺伝的疾患が出やすい犬種です。

肥満は、股関節を含めて骨格全体に負担をかけるため、おやつをあげすぎたり、人間の食べ物をあげたり、ということがないように家族全員でしっかりルールを作って管理しましょう。

また、暑さや寒さに弱いため室内飼育が最適です。

散歩も一日一回30分以上を目安に、夏は涼しい時間帯、冬は暖かい時間帯を見計らうなどの工夫が必要です。

健康な子犬の入手方法と価格相場は?

10c

出展:http://www.wanline.jp/

フレンチブルドッグは、頭が大きいため難産や帝王切開での出産が多いそうです。

入手方法として、犬種特有の良さを求めるなら知識も経験も豊富な犬種専門のブリーダーさんから買うと良いでしょう。

ただし、質が良ければその分値段も上がり、30~60万円が相場です。子犬を選ぶ際の注意としては、実際に見てよく観察することです。

愛嬌が良く人間が大好きな犬種ですが、中には闘犬ブルドッグの荒々しさを残した個体もいるため、家に迎える前に必ず会う機会を設けてください。

健康状態はもちろんのこと他の犬とのかかわり方や行動を観察したり、ブリーダーさんやペットショップの店員さんに気になる子の性格を聞いてみたりしましょう。

こんなはずじゃなかった!とならないためにも事前の準備と犬種の理解は必要不可欠です。

正しく理解して、おちゃめなフレンチブルドッグとの幸せな生活を手に入れてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す