ゴールデンレトリバーの性格は?子犬から飼う時の飼い方と価格相場は?

この記事は約4分で読めます。

 

盲導犬や介助犬、セラピー犬としても大活躍!

古くから人の役に立っていたゴールデンレトリバーの魅力を大公開!

スポンサーリンク

ゴールデンレトリバーの性格

13a

出典:http://what-goldenretriever.up.n.seesaa.net/

ゴールデンレトリバー(Golden Retriever)とは、イギリスで生まれ、元は鳥狩猟の際に撃ち落とした鳥を回収するのに大活躍した犬種です。

水中でも勇敢に飛び込むため、猟師たちに重宝されました。

生まれつき素晴らしい服従性を持っており、飼い主には忠誠を尽くします。

体は大きく、体重は30kg前後ある反面、性格はおおらかで優しく、社交的、友好的な犬種でもあるので、子どものいる家庭や猫・小動物など他のペットを飼っている家庭にも向いています。

また、何かを学んだり人のために働いたりすることも好きで、学習意欲が旺盛です。

こうした内面と、発達した四肢や丈夫な首を生かし、現代ではペットとしての役割以外にも、盲導犬や介助犬、災害救助犬、セラピー犬などとして、人の命や健康も守るために様々な分野で活躍している犬種の一つでもあります。

ゴールデンレトリバーの適切な飼い方

13b

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

ゴールデンレトリバーは、元が鳥狩猟の回収犬で大型犬ということもあり、体を動かすことが大好きで力も強く、たくさんの運動を必要とします。

おとなしくて落ち着いたイメージを持っている方も多いと思いますが、体の健康やストレス解消のためにも散歩や遊びは欠かせません。

若く健康的な子は朝晩1時間ずつの散歩でも足りないくらいです。

散歩や運動をさせないままの生活を続けてしまうと、家の中で走ったり、物を壊したり、スリッパやクッションを噛んでおもちゃにしてしまったり、という行動につながる可能性も大きいので、その点を充分理解してお世話をしてあげることが重要です。

また、しつけも大変重要なポイントになってきます。

たくさんの運動が必要なうえに体が大きいとなると、ワガママに育ってしまっては散歩でグイグイ引っ張られたり、道で拾い食いをしてしまったりと、飼い主さんが大変なのはもちろん犬の命にかかわる可能性もあります。

多くの運動が必要なことを充分に理解してあげることで、お互い気持ちよくストレスなく暮らすことができます。

散歩以外にも、学習意欲が強い特徴を利用してちょっとしたゲームで遊んだり、一発芸を教えたり、朝は新聞を持ってきてもらったり、散歩に行くときは首輪やリードを持ってきてもらったり、などの仕事を与えることで、いっそう絆が深まります。

ゴールデンレトリバーもこうしたお仕事を楽しんでやってくれますよ。何かを教える際は、出来なかった事を叱るより、出来た事を大袈裟なくらい褒めてあげることでより良い関係が結べます。

また、しつけの一環として、小さい子犬の頃から散歩やドッグランで他の犬や人と会って楽しく遊ぶ機会を多く持ちましょう。

そうすることで、ゴールデンレトリバーの社交的で友好的な性格をより引き出すことができ、誰でも愛される子になってくれるでしょう。

ゴールデンレトリバーの選び方と価格相場

13c

出典:http://free-photos-ls04.gatag.net/

ゴールデンレトリバーは、大型犬の中でも人気な犬種であるため、入手方法も多様性があります。

一般的なブリーダーさんやペットショップからの購入は、5万~30万円が相場です。購入場所や性別、月齢、血統により価格に大きな開きがあります。

その他にも、里親や盲導犬や介助犬の引退犬の引き取り、またはトレーニングの途中で盲導犬や介助犬の適性が認めらなかった犬の引き取りなどがあります。

適性が認められなかった、捨てられていたとは言ってもそのほとんどは扱う人間の都合であり、命の重さが平等です。

犬種特有の特徴に強いこだわりが無い方は、ぜひ上記のような入手方法も考えてみてください。

愛をもって接してあげれば、どんな命にも変わりはないはずです。また、大型犬は介護が大変です。

近年は人間同様ペットの医療もとても進んでおり、ペット保険の会社が出てきたり、ペット版老人ホームができたり、更にはペット介護の資格ができるほどになりました。

こうした中、一昔前では考えられなかったペットの延命や介護の問題が浮き彫りになり、在宅介護の可能性も考えなければいけません。

確かにお金を払えば手間は省けるかもしれませんが、今まで楽しい時間を共にしてきた家族同然の存在。

愛犬の気持ちを考えても、できるだけ最期まで家族の愛に包んであげることを考えてあげましょう。

この際、大型犬の30kg近い体重の移動や介護をするわけですから、体力も気力も必要になります。

ゴールデンレトリバーの寿命は10~12年ほどと言われています。

10年先の犬の幸せも保証してあげるくらいの頼もしい飼い主でありたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

コメントを残す